日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

冷静に考えても理屈に全く合わない民主の普天間言い訳言い逃れ

今現在に至ってもネトサヨシナポチ民主信者の日本3大おバカ勢力の中には「自民党が10数年放置していたのだから、民主党が越年くらいしても何も問題は無い」等と言っているヤカラがいるようだ。実際にこの期に及んでもまだ言っているコメンテーターがいて驚いた。


 


しかしこれは冷静に考えて完全に間違いです。


 


まず念仏のように唱えている「自民が10年放置」理論ですが、10年の歳月があったのは自民党だけでは無いですよね?現第二民主党の結党は1998年、今からほぼ10年近くあったわけです。その間にアメリカの有力議員とコネクションを作って具体的な試案を作るとか、県外移設ならば有力な地域の選定だとか、そういった実質的な行動はいくらでも出来た筈です。


 


逆にいくら不満があっても、相手がある事に担保も無いまま、県外国外移設が実現できるような期待感を持たせた選挙を行ったのは、極めて不誠実な行いだと言われても仕方が無いだろう。


 


しかしながら最近のニュースでゆっきーアホ山さんは、今から他候補地を探せだの県外の地権者に面談するだとか、世界でもっとも危険な基地から住民を守るという、この問題の緊急性を理解していないとしか思えません。民主党結党以来、選挙活動しか頭に無く本当は沖縄住民の思いなどどうでも良いというのが本性なのだろう。


 


このようにまず「準備不足」という決定的に民主党に発言権が無くなる要素があるのは、わかってもらえると思います。


 


そもそもこの問題を一番複雑にしてしまっているのは、①選挙対策 ②日米安全保障問題 ③沖縄地元住民の負担軽減、この三つの要素をそれぞれの立場によって、極めて悪質に使い分けしている事にあると思われます。


 


はっきり断言すれば、民主党と鳩山首相の頭の中には①の選挙対策としての票と社民党等の左翼政党を繋ぎ止めることしか頭に無く、本心では②と③については全く関心が無いというのが実際の所でしょう。


 


そしてTVのコメンテーターに代表される民主党信者やバカサヨの頭の中は単純反米思想として、②の日米安全保障問題のことしか頭に無い。つまりこの人種も沖縄の人々の事なんか全くどうでも良い、シナポチとして如何に中国に喜ばれる結果を導けるかしか頭に無い。無論一番の望みは国外移設、それどころか日米関係が冷え込めば冷え込むほど良い。つまり長引けば長引くほどよいのだろう。


 


③の沖縄地元住民の負担軽減という観点からすれば、「とりあえず」合意に至った普天間の県内移設だけでも実行させて、世界でもっとも危険な基地という状況を回避した後に、さらに民主党とオバマがじっくり話し合って、より良い日米安全保障体制について新しく展開させれば良いだけで、わざわざ今自民党合意に反対する理由は(←選挙対策以外)何もない筈。というか、何の下準備も無い時点で、普天間の合意に反対する権利は民主党に無いはず。


 


よく小泉が靖国を参拝したのは、遺族会の票が欲しいだけと念仏のように書いている人間がいるが、そっくりそのまま沖縄の票が欲しくて騙しているだけの鳩山を擁護している頭が理解できない。


 


確かバカサヨの連中は北朝鮮の拉致犯罪について、一旦帰国した拉致犯罪被害者を「国際間の信義に基づいて約束どうり北に返すべきだった、そうすれば拉致はもっと早く解決した」等と言っていた筈だ。おかしくないか?そのバカサヨ論法は相手が北の犯罪者という時点で自分は納得していないが、それこそ相手が米国というれっきとした国家相手の約束ならば、まずそれを履行するべきでは無いのか?そうして信義を育てた上で、また新しい日米関係を構築すればよい訳で、そこも全く矛盾していて理解できないのだが。


 


何か、嫌いな相手には約束を破って良い、という無茶苦茶幼稚な発想としか思えないのだが。


 


それともうひとつ、たかだか大使風情が一国の大臣に向かって怒鳴りあげるとは、全くアメリカは高圧的で無礼だとか言っている人間もおかしい。


 


何故ならば、アホ山首相にオバマが直接会談で自民党合意を守ってくれますよね?という意図で聞いた時に、私を信じて下さいと言っているのだから、じゃああの口約束はなんだったの?という怒りがあるのは当然で、それに不満があるならば、アホ山が直接オバマに「県内移設は絶対無理です。お前らアメ公がそれが嫌なら全員日本から出て行けばいいジャン。」て言っておけばよかったんじゃないだろうか?それも言えない腰抜けの癖に、なんで筋の通ってるアメリカを叩くんだ?日米関係は重要です、けれど党内事情も判ってくださいとか、アメリカは知ったこっちゃねーやって感じだろう。


 


どうにもこの問題は、アホ山の元に最初からまともな情報が入ってなくて、実現性ゼロの妄想情報を耳元で囁き続けているようなお側用人みたいなヤツがいるんじゃないかとしか思えない。そういう清朝の宦官みたいなヤツラに乗せられて、すっかり本気で県外だの国外だの思っていたら、現実(アメリカの圧力)を知って現在顔面蒼白で頭真っ白てのが真相じゃないだろうか?


 


広島平和記念資料館訪問に際してのルース駐日米国大使のコメント


2009年10月4日、広島


こんにちは。私はたった今、両親と息子とともに、平和記念資料館を見学してきたところです。この資料館を訪れるすべての皆さんと同じように、私たちもさまざまな展示を拝見し、とても心を動かされました。今日ここを親子3代で訪問できて、本当に良かったと思います。今しがた記帳させていただいた言葉を、これから読ませていただきます。「広島訪問は核兵器の破壊力を強く思い出させるものであり、共に力を合わせて、核兵器のない世界の平和と安全保障を求めることの大切さをはっきりと示してくれます」。ありがとうございました。


 私の家族は深く心を動かされました。私どもを今日ここにお迎えいただきまして、ありがとうございました。


 


この日、各局TVニュースでは原爆資料館でのあまりの衝撃に涙で声が詰まるルース大使の姿が何回も放映された。


 


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_2210780.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-12-06 00:50 | 沖縄&普天間移転
<< 同盟協議 米、先送りを通告 「... 民主ナチ党実態①選挙支援→仕分... >>