日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

裁判争点以外にも説明責任を果たす点が多い小沢一郎

ようやく小沢一郎が強制起訴された。今回の裁判の争点となっている虚偽記載の件についても、小沢陣営からの度重なる検察警察への圧力により不十分な捜査が出来なかった為、今回の強制起訴は、通常の強制起訴とは毛色が異なり、過去の検察起訴と同様の悪質性が在ると思われる。今回の件について小沢一郎が引き続き国民に説明責任があるのは当然の事だろう。


 


まして小沢一郎及び民主党の野党時代の戦術という物が政策論よりも些末な議員の失言や言行をあげつらう揚げ足取り戦術で問責や審議拒否を繰り返した物であり、検審の物とはいえ刑事事件で強制起訴となった以上、それに対する国民への説明責任は、過去の自己の行状に対する責任そのものであり、政権を取ってしまえばそれらは無かった事にし、バカの一つ覚えで「熟議を」「政局より政策を」と繰り返すのは、幼児的な自分勝手な発想であり、通常の人間社会では通用しないだろう。しかし小沢信者と言われる一部の頭の悪いクズに限ってそのような愚にもつかない言い逃れを繰り返しているのが現状であり、非常に残念だ。野党は引き続きそのような悪質な民主党の体質を攻撃するべきだろう。


 


なんらまともな政策一つ持っていない民主党退陣こそが国民の生活が第一につながる訳であり、民主党を退陣させるに当たっては多少の強引さについても何も臆する必要は無い。何しろ相手は当人も信者も「自分と他人との責任の重さに明らかな差」をつけても何ら恥る事の無い人間のクズであり、この後政権に居座れば居座るほど国民が不幸になるのだから。


 


 産経新聞の記事「小沢氏強制起訴 やはり議員辞職しかない 国民代表の結論無視するな」に小沢が国民に対して説明責任を持つ話題が勘弁に列挙されており参考になる。


 


特に今回の件で見逃せないのは、記事でも指摘されているとおり、民主党も賛成して成立した検審の制度とそれに関わる一般人への根拠無き批判である。政権党の最大実力者が無力な一般人を恫喝するなどとは民主主義社会では絶対にあってはならない事態であり、それだけでも政治家としての資質に欠ける。そしてこうした事後における制度批判をする体質は、先の天皇接見一か月ルール破りでも明白なように、民主党に非常によくみられる人治の風潮であり危険だろう。長年民主主義の風土を守り続けた自民党から政権交代した途端、ロシアやシナのような専制政治に近づきつつあるのは決して許される事では無い。これらの状況というのは日本に長年存在するサヨク思想家達の正体がいぶりだされた結果でもある。


 


c0294269_2103384.gif
にほんブログ村


 


 小沢一郎・元民主党代表が強制起訴された。自らの資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反(虚偽記載)罪による。


 国会で疑惑への説明責任を果たさず、政治的かつ道義的責任にも真摯(しんし)に向き合おうとしなかった。国民の判断で刑事訴追されたことを小沢元代表は重く受け止め、自ら進んで議員辞職すべきだ。


 強制起訴は東京第5検察審査会の起訴議決を受けて検察官役の指定弁護士が行った。強制起訴について元代表は「一般の検察、捜査当局の起訴とは異質だ。引き続き民主党の国会議員として誠心誠意取り組む」と述べ、離党や議員辞職を否定した。だが、強制起訴は通常の検察官による起訴と法律上何ら差異はない。


 ◆検審制度批判は問題だ


 陸山会事件で、元代表の秘書だった石川知裕衆院議員は起訴後に民主党を離党したほか、加藤紘一元自民党幹事長は事務所代表の所得税法違反事件の責任をとって離党、議員辞職した。こうした責任の取り方は政治家として最低限の義務である。


 菅直人首相や民主党は小沢元代表に議員辞職を促すなどし、「政治とカネ」の問題に厳正に対処する姿勢を示さねばならない。


 検審制度は検察官が独占する起訴の権限に民意を反映させる目的で設けられた。強制起訴を可能にする改正検察審査会法は平成21年5月に施行された。民主党も賛成したことを忘れてはならない。


 小沢元代表は検審制度を軽んじる発言を繰り返してきた。昨年9月の民主党代表選では「強制力を持った当局が捜査して何もなかったということについて、一般の素人がいいとか悪いとか言う検審の仕組みがいいのか」と語った。


 明らかな制度批判である。なかでも、国民から無作為に抽出された検審審査員を「一般の素人」と言い切ったのは、国民軽視の発言というほかない。審査員は検察庁から提供されたすべての捜査資料を読み込み、精査し、真剣に討議を重ねたうえで「起訴議決」の極めて重い結論を導いた。決して軽んじられる存在ではない。


 検審は、検察の取り調べを「形式的で、十分な再捜査が行われたとは言い難い」と批判した。「有罪判決を得られる高度の見込みがあることが必要」とする検察側の説明にも「こうした基準に照らしても、本件で嫌疑不十分として不起訴処分とした検察官の判断は首肯し難い」と断じた。これが国民の代表の結論だった。


 今回の事件では虚偽記載が20億円を超えるなどしており、検察の存在意義が問われたことも東京地検特捜部は認識すべきだ。


 検審はさらに、土地購入の原資となった「小沢元代表からの借入金4億円」を平成16年分の収支報告書に記載しなかったことも「犯罪事実」に加え、元代表の説明について「著しく不合理で到底信用できない」と指摘した。


 「4億円」は指定弁護士による起訴事実にも犯罪事実として盛り込まれた。審査員が「信用できない」とした4億円について、納得のいく説明が求められる。


 ◆証人喚問には応じよ


 加えて小沢元代表には、起訴事実以外にも説明責任を果たす必要がある。例えば一昨年の衆院選で、元代表は陸山会を通じ、民主党の立候補予定者91人に計4億4900万円を資金提供したことが政治資金報告書から判明した。旧新生党の資金が原資に充てられたとみられているが、この疑問にも答えていない。


 政治家としての倫理に時効はなく、法解釈の抜け道もない。今後進められる刑事裁判だけが求められる真相解明の場ではない。議員の立場であろうがなかろうが、証人喚問などで説明責任を果たすことが引き続き求められる。


 元代表は「公開の法廷で真実を述べる」と、証人喚問などには消極姿勢を示した。岡田克也幹事長は党の処分について「元代表自らの判断が前提」と語った。議員辞職どころか離党勧告さえ躊躇(ちゅうちょ)するなら、自浄努力のなさを証明するようなものである。


 問題は菅首相だ。首相は年頭会見で小沢元代表の強制起訴に言及し、「裁判に専念されるべきだ」と述べたが、31日夜には「岡田幹事長を中心に協議する」と語った。自発的に議員辞職を促したことも忘れているようでは、国民は首相に信を置けない。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-02-01 18:39 | 小沢一郎疑惑
<< 奉納相撲は神事だけど、大相撲は... フリーエネルギーと小沢一郎は似... >>