日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

老いも若きも閉塞感バカ。閉塞感を政治は解決しない。

↓←(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_11101824.gif


最近TVの該当インタビューで橋下徹を支持する理由などで、よく聞かれるのが、「この閉塞感を打破して欲しい。」「閉塞感を打ち破って欲しい。」という言葉だ。


 


閉塞感ってなんぞ?閉塞感とは言わば個人の感情や空気と言える物で、閉塞感それ自体は個人の脳内で発生している気持ちの問題でしか無い。


 


例えば会社が倒産した→イライラする。ガソリンが値上がりした→イライラする。と言った社会上、生活上の不満も閉塞感だろうが、結婚に失敗した→イライラする、一家離散した→イライラする、借金が増えた→イライラする、というのも閉塞感だろう。


 


しかし主にTVのニュースが強調したい閉塞感とは、政治が前進しない、物事が決まらないという物だろうが、例えば具体的に見れば、一票の格差の憲法違反で言えば、「みんな&自民党」はとにかく一票の格差だけでも早く修正しろ!と非常にまっとうな意見なのに対し、この状況だと選挙ジリ貧の公明は、一票の格差修正と、選挙制度改革を同時に行え!と無茶苦茶な主張をし、その公明と連携したい民主党は、公明の案に近い意見を出し、しかし党内では選挙が不利になるとして反対者も多数いる・・・つまり政治が進まないのは、一票の格差で言えば完全にハッキリと公明と民主党が決められないのが悪い。


 


所がTVのニュースはそうした詳しい事情は解説せずに、政治が進まないニダ!中央政府は無能ニダ!閉塞感ニダァアア!!と叫び、そうして最後には、だから橋下維新のような決められる政治に注目が集まるんですね!と嘘八百を平気で言いだす。


 


実は橋下維新も、労働組合の部屋追い出しとか、入墨調査などの、雇用者としての権力を使える部分のみスピーディーさが際立つが、実際の政治活動については別段スピーディーでも無いし、公明の協力が無いと何も決められないのは民主党と全く同じだ。所が損アコギの「すぐやる課」と同じで、出来る部分だけ強調して宣伝し、出来ない部分は徹底的に隠すから、信者が「凄い凄い」と簡単に騙される。


 


誰しも閉塞感の無い人間は居ないと思う。所がTVやマスゴミは誰にでもある「個人的な閉塞感」と作り上げた捏造政治停滞=民主党による政治停滞を巧みに結びつけて、閉塞感を打ち破るには、維新や橋下の改革が必要ですよ~と囁き、国民を巧みに煽動する。


 


それがまんまと成功したのが、民主党による政権交代だった。明らかに外国からの要因であるリーマンショックによって起こった不況や派遣切り等を、契約時に景気が悪くなったら派遣切りされますよ~とちゃんと書いてあるにも関わらず、歴代自民の政策に騙されたニダ!に巧みに置き換えて、挙句に麻生はバーに行ったからケシカランニダとか意味不明なバッシングまで始めて、「この閉塞感を打ち破るには政権交代ニダ!」と煽りまくって民主党政権交代を果たし、結果は議員は無能で犯罪者だらけ、首相は明らかに人間としても失格なバカが3連続。


 


個人的な閉塞感を打ち破るのは政治改革では無くて、個人的な解決でしか無く、政治停滞や失政を打ち破るのは、具体的な原因を知り、障害を除去する事だけだ。そこに閉塞感というキーワードで両者を結び付ける者はなんらかの悪意のある者だ。(宗教とか外国とか)


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-05-24 12:47 | コラム(長)
<< マニフェスト守らないのに国際公... ネット大嫌い規制緩和と発送電分... >>