日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

「安倍再現ドラマ」捏造でバッシング出来るなら、高支持率もまた幻

c0294269_21101179.gif


 


 北朝鮮に乗り込んだ小泉一行、北朝鮮側からの、一方的な偽死亡情報を前に、控室で狼狽えるばかりであった。


 


その時、スックと立ちあがる男が一人!


 


「このまま北朝鮮の主張を、丸呑みしてどうするんですか!!」


 


誰あろう、安倍晋三その人であった!!


 


これは、第一次安倍内閣発足当時、高支持率による安倍フィーバーとも言うべき現象の中、大手TV局が制作した「安倍就任記念ドラマ」の冒頭シーンだ。


 


信じられないだろうが本当だ。観た当時、ここは北朝鮮か?と少しびびった物だ。


 


マスコミ=安倍バッシングという定説になっているが、小泉政権の最終盤から、安倍政権の最初期は、かなりの持ち上げ、擁護的な雰囲気があった。


 


それは民主党政権とて同じ事。当初どれほどの人が鳩山を持ち上げ、褒め上げたか。(ネット上でもあれほど居た民主党支持者はどこへ?)元々左派的なマスコミの事、民主党側に親和性が高いのはともかくとして、そういう細かい部分は別としても、景気が上向いたり、株価が上昇したりと言った、判り易い要素で国民の好感触が上昇すれば、「勝ち馬に乗る」的にマスコミもその流れに乗ろうとする。


 


TPPを推進するフジ産経グループの内閣支持率がまた発表された。


 


安倍内閣の支持率、72.8%に上昇


 共同通信社が23、24両日実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は前回比6・1ポイント増の72・8%に上昇した。70%超えは2009年9月の鳩山内閣発足当初以来。不支持率は16・2%だった。


 


TPPに前のめりする安倍を、支持率で後方支援している雰囲気が強いが、シナレーダー照射対応や株価上昇による支持率上昇という分析は正しかろう。


 


がしかし、これがこのまま続くとは考えられない。


 


勝ち馬に乗る、利で集まった人は、利が無ければまた去っていく。


 


今回のTPPにおける安倍の対応は不誠実極まる物で、これを自分は、高支持率だから、株価が上昇しているからというような理由で見過ごす事は絶対に出来ない。


 


安倍は選挙時や政権交代直後、マスコミの偏向報道で苦しめられたとフェイスブック等で吐露していた。


 


つまり捏造や嘘がマスコミには存在すると証言していた事になる。


 


では今回のTPPに於ける報道は、偏向や嘘では無いのだろうか?


 


TPPについてごり押しするマスコミによる飛ばし記事の他に、安倍自身の国会答弁や会見発言を見れば、安倍自身こそがTPPや新自由主義推進派なのは明らか。


 


普段はマスコミを批判するが、自分の主張を補完する偏向報道については利用するのであれば、それはもはや小沢や民主党と同じ外道に成り下がった事になる。



公約か否か TPP国益6項目 首相と党ズレ東京新聞


 


 自民党が先の衆院選で掲げた環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加に関する六項目の判断基準をめぐり、党側と安倍晋三首相の間の認識に、ずれが生じ始めている。衆院選公約の本体の内容を詳しく説明するため同時発表した「総合政策集」が、本体と同じ重みを持つのかが焦点になりつつあるのだ。



 自民党外交・経済連携調査会は二月下旬、TPP交渉で守るべき国益として(1)米、麦、牛肉、乳製品、砂糖などの重要品目を(関税撤廃からの)除外、再協議の対象に(2)排ガス規制、軽自動車優遇などわが国固有の安全、環境基準を損なわない(3)医療機関経営への営利企業参入や混合診療の全面解禁を許さない-など六項目を決定。首相に申し入れた。




 公約本体には「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、交渉参加に反対する」との一項目しかないが「関税撤廃」の除外対象に農産品を明示し、さらに総合政策集の五項目も具体化して六項目に仕立てた。先に議員約二百四十人からなる「TPP参加の即時撤回を求める会」が決議した内容と全く同じで、党内反対派の意向が反映された。政策集は「本体と同じ公約」というのが反対派の主張だ。




 首相もオバマ米大統領との会談で、六項目すべてに言及するなど反対派に配慮する姿勢は見せた。




 しかし、首相は二月二十八日の衆院予算委員会では、政策集の位置付けに関し「正確には公約ではない。目指すべき政策だ」と表明。六項目を同列視しない考えを強調した。




 各国との交渉入りを前に、細かい制約を受けたくないとの本音がにじむが、党内には品目、分野ごとに足かせをはめておかなければ、見えないところで政府が妥協しかねないとの懸念が根強い。反対派は「六項目は同列」と主張し続け、首相に圧力をかけていく構えだ。


 


賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_21101293.gif



 


安倍VS玄葉予算委員会/金曜アンカー森田実「アメリカ側はTPPで大勝利と言っている」



TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


TPPは以下の24の作業部会が設けられている。


(コピペ)


1.首席交渉官会議

2.物品市場アクセス(農業)←米は本丸では無く、本当は医療と保険、金融を奪うことです

3.物品市場アクセス(繊維・衣料品)

4.物品市場アクセス(工業)

5.原産地規制

6.貿易円滑化

7.SPS(衛生植物検疫)

8.TBT(貿易の技術的障害)

9.貿易救済(
セーフガード等)

10.政府調達

11.知的財産

12.競争政策

13.サービス(越境サービス)

14.サービス(商用関係者の移動)

15.サービス(金融サービス)

16.サービス(電気通信サービス)

17.
電子商取引

18.投資

19.環境

20.労働

21.制度的事項

22.紛争解決

23.協力

24.横断的事項特別部会





賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_21101293.gif



<危険ISD条項>公約6項目の書面確約無きTPP推進は詐欺だ/



外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ




50年前の石 原慎 太 郎「反皇室発言」/オリンピック皇室私物化発言(引用)



黒字大嘘/大阪府、借金増大の泥沼 私立高無償化、給食…のしかかかる“橋下遺産”



橋下信者=嫌韓左翼(嫌特ア左翼、左派国粋主義者)定義



TPP&日中韓FTA絶対反対!!


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-03 21:08 | 自民党
<< F-35共同開発により、将来世... 怖すぎる物好き200人/参院選... >>