日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

一票の格差訴訟「昨年衆院選は違憲」 東京高裁/菅・野田による被害/アンカー水

c0294269_21101179.gif


 


今日の夕方ニュースで、どうした訳か東電の事故当時の映像が一部公開された。


 


その映像では、福島第一の内部で、下側から放水して冷却する段取りをしていた所に、菅直人が上空からのヘリ放水をごり押しして、現場は大混乱という物で、全く菅直人けしからん!という感じだが、自分はわざわざ一票の格差判決に、ぶつけたような突然の公開に違和感を感じる。


 


関テレアンカーでも一票の格差問題が報道されていたが、報ステと違い、この問題が民主党による党利党略で、議席数削減と格差是正が無理やりセットにされ、混乱した事がちゃんと映像化されていた。


 






※ 汚物の為、モザイクを掛けてあります。ご了承ください。


 


しかし驚くべき事に、水曜アンカーの青山氏は「格差是正の法案を通した後、早急に解散総選挙すべし。」と言っていた。


 


青山氏と言えば、ころころ変わる首相を批判し、強力な政府で国難に当たれと言っている方で、なおかつ現自民党政権のNSC設立準備のナントカ言う組織のメンバーでもある。


 


自分はいきなり解散総選挙を言い出す事はどうかと思うが、少なくとも違憲政権が、TPPのような国そのものの在り方に関わる大事を拙速に進める事は、さらに反発心を感じる。


 


今支持率絶頂の安倍政権だが、この違憲判断、今後事あるごとに、じわじわとボディーブローの様に効いてくるだろう。


 


賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_21101293.gif



 


<自由貿易?なのに米側は保険&自動車確保>



安倍VS玄葉予算委員会/金曜アンカー「アメリカ側はTPPで大勝利と言っている」



TPP交渉参加での日米事前協議自動車例外検討


 


<危険ISD条項>


米ファンドが韓国政府を提訴 「韓国銀の売却巡り損失」


<オーストラリアがISD条項を危険視>


TPP投資家保護、米豪が「冷却期間」


<EU韓国FTAで韓国奴隷化>


韓国EUFTAヨーロッパ連合に利益集中韓国への輸出37%増加 EU向け輸出は1%増加


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)



<危険ISD条項>公約6項目の書面確約無きTPP推進は詐欺だ/



外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ



TPP&日中韓FTA絶対反対!!


 



[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-06 22:48 | 自民党
<< 日本、キューバに敗れる 1次R... 政治家と国民の間に忠誠度合戦の... >>