「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪

c0294269_22102413.gif


 


マスコミによるTPP表明報道が始まって以来、あちこちで聞かれた言葉が「飛ばし記事」批判でした。もちろん自分も同じ様に使用して、マスコミを批判していたのですが、まさかの場合を考えて、本当に報道通りになる可能性と、飛ばし記事だった場合、双方の場合を考えて書いていました。


 


今回のTPPの協議参加表明記事に関しては


 


日米首脳会談で表明



2月28日に表明



3月上旬に表明



そのまんま東「今週(現先週)中に表明」



13日に表明



15日(金)に表明


 


と、変遷した訳ですが、今回15日に協議参加表明という結果を受けて、事実は「マスコミの飛ばしでは無く、安倍氏は初期の段階からTPP協議参加を構想していたが、記事どうり日程が下がった。」と解釈するのが順当でしょう。


 


ここで言いたい事は、「当たった・外れた」という低レベルの話ではありません。まさにそうした「当たった・外れた」という個人レベルの意地の問題に終始して、必死に自分の沽券を保とうとしている、反TPPでかつ安倍氏に好意的なコメント欄の人々には、心底ガッカリします。


 


重要な事は、将来予測に関して、誤った法則性を信じて、誤った結果を導いた事にあり、それを認めて反省して、今後の予測や評論に、どのように生かすか、だと思います。


 


では「飛ばし記事批判」の利点と不利点は何でしょうか。


 


飛ばし記事批判&警戒・利点


 


・マスコミの飛ばし記事によって、濡れ衣で誰かを批判しない


・マスコミの飛ばし記事によって、支持政党の無意味な支持率低下や動揺を避ける


 


飛ばし記事批判&警戒・不利点


 


・マスコミの飛ばし記事だと思い、批判しなければいけない事をスルーしてしまう


・マスコミの飛ばし記事だと思い、常に「様子見」体制が定着化して、即応的な話題に対応出来なくなる


 


という事だと思います。


 


つまり今回のTPP問題で言えば、安倍氏がTPP協議参加表明なんてする訳が無い、そんなのマスコミの飛ばしだから、笑っていれば良いんだ。」という論調が支配的でした。


 


しかし結果的にはマスコミの飛ばしでは無く、事実でした。


 


繰り返しますが、これは「当てモン」でも何でも無く、当たった外れたの問題では無くて、今後にどう生かせるか?です。


 


そして残念な事は、安倍氏に好意的で、なおかつ「マスコミの飛ばし記事批判」を行っていた人々の何割かが、自分の飛ばし記事妄信だった事実をすっかり忘れて(?)、また必死にマスコミ批判だとか、安倍氏に批判的な層へのバッシングに怒りを転嫁している事です。


 


ちょっとそれはおかしいんじゃないでしょうか。


 


まずは、自分が「飛ばし記事警戒&妄信」という物で、幾分か、安倍氏がTPP参加表明しようとした行動を、押し止める動きを、1ミリでも牽制した事に対する反省は無いのでしょうか。


 


もちろん安倍氏に好意的な有名人・著名人の「飛ばし記事警戒&妄信」が無ければ安倍がTPP拒絶した・・・なんて事は思いません。これは残念ながら規定路線だったのでしょう。


 


けれど、発表前のみならず、既にTPP参加表明以後ですら、自身の「飛ばし記事妄信」に対する反省が無いどころか、まだ他人批判、マスコミ批判に終始している、そうした態度が正しいとは思えないのです。


 


自身の過去の行動(もちろん管理者も含めて)への反省点無くして、社会や世界の不正への追求も上手く行くとは思えません。


 


今後もマスコミの飛ばし記事は続くでしょうし、逆にその中に真実の記事もある、それら全てを間違えずに当てて行く事は不可能な話です。


 


ですから、何か不審点があれば、マスコミの論調に乗せられて、大事な物まで破壊する事の無いように慎重にしつつも、おかしいと思う部分には、批判する事も重要じゃないでしょうか。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 



 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-16 12:35 | マスコミ批判
<< 自民党決議、早速骨抜き開始/関... 阿斗、いや安倍自民党に参院で投... >>