「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

政治は敵討ちの道具じゃない/親のかたき討つで過半数目指すNHK

c0294269_22102413.gif


え~昔から「江戸の敵を長崎で討つ」などと申しますが、安倍はそれ程までに敵討ちがしたいならば、長崎の出島のような「安倍ランド」か何かを作って、そこでTPPでも何でもすりゃいいんじゃないでしょ~か?


 


自分の敵討ちと、世直しが直結していると平然と言い切る人間に、ロクなヤツはいやしない。


 


親のかたき討つで過半数目指すnhk


安倍総理大臣は、18日夜、自民党東京都連の会合で、ことし夏の参議院選挙について、「親のかたきを討つようなもので、これに勝たなければわたしは死んでも死にきれない」と述べ、非改選の議席も含めて、自民・公明両党で過半数の議席確保を目指す考えを強調しました。


この中で安倍総理大臣は、「去年の衆議院選挙で多くの議席を奪還し、政権を取り戻すことができた。この政権奪還によって、日本を覆っていた雰囲気が大きく変わり、だんだん景気はよくなり始めているが、まだまだ多くの人たちに実感を持ってもらうまでには至っていない」と述べました。そのうえで安倍総理大臣は、「ことし夏の参議院選挙で、自民党と公明党で過半数を取り戻すことが、日本を取り戻すことにつながる。6年前の参議院選挙で、自民党が惨敗したことには、わたしにも大きな責任があり、参議院選挙の戦いは、親のかたきを討つようなものだ。これに勝たなければわたしは死んでも死にきれない」と述べ、非改選の議席も含めて、自民・公明両党で過半数の議席確保を目指す考えを強調しました。


 


まあとりあえず、参院選は自民には投票しないが。


 


TPP 総合力発揮し情報収集nhk




安倍「参加国全体の利益考慮したルール作り進めていくべき」


安倍「1つの国が多くの利益を得て一つの国が貧困こういうルールであってはならない」



の発言をどう思いますかね?


たぶんに信者フィルターにかかると


 


「やったぜ安倍ちゃん!アメリカにケンカ売った!!」


 


となるんだろうが・・・。


 


甘利明TPP担当相は「既に合意されたルールがあれば、遅れて参加した日本がひっくり返すことは難しいというのは厳然たる事実だ」と語った。」 


 


安倍「まずですね、離脱するかどうかという質問がありましたが、われわれは国益を守って中心に据えて交渉を進めていくわけでありますし、だからこそ交渉に参加しました。ですからいまここで離脱するかどうかということを申し上げるのは、むしろ国益にも反するわけであって適切ではない。このように思います」


 


↑この二つを総合して考えると


 


「俺は不利なルールに無理矢理サインさせられたんじゃない、自分から望んで、多国間の利益、共生的ルールに賛同したんだ!」


 


て言い訳する為の伏線じゃないかと。


 


でも結局それって、総合的に考えると主催者のアメリカの利益になるんだろう。


 


こういう時にはっきりと、どこ国のどんな利益とか、はっきり言わない事は一切信用しない。


 


安倍総理大臣は衆議院予算委員会で、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「首席交渉官」を設置して各国との交渉に当たる一方、国会議員が海外で議員に接触してつかむ情報も活用するなど国の総合力を発揮して交渉を巡る情報収集に取り組む考えを示しました。


この中で安倍総理大臣は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について「1つの国が多くの利益を得て、1つの国が貧困になるルールであってはならないし、こういう経済圏は将来に望みがない。志の高いルール作りが必要だ」と述べ、参加国全体の利益を考慮したルール作りを進めていくべきだという認識を示しました。

また、安倍総理大臣は、交渉に臨む政府の体制整備について、各国との交渉に当たる「首席交渉官」を設置する考えを示しました。

これに関連して、TPPを担当する甘利経済再生担当大臣は、「日頃の交渉は、事務レベルトップの『首席交渉官』が行い、閣僚級になれば、私や関係大臣が出て行くことになる。最強のチームを組んで、最強の交渉をしたい」と述べました。

そして安倍総理大臣は、交渉を巡る情報収集について、「日本には、アメリカのCIA=中央情報局のような情報機関はないが、最大限の情報収集は行っている。国会議員が海外の議員と接触するなかで取ってくる情報も有効だ。こうした総合力を、TPPの交渉に活用しなければならない」と述べ、国の総合力を発揮して情報収集に取り組む考えを示しました。

また、甘利大臣は、今後の交渉について、「多国間交渉のよさは、交渉分野ごとに、国どうしで共闘できることだ。TPPの交渉に参加している国の中には、『世界経済で3番目の規模の日本が入ってきて、自分たちと共闘できる』という期待感もあると思う。あらゆる交渉術を駆使して、国益の最大化を図りたい」と述べました。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


↑TPP反対ポスターの自民党は、親中政党なので、尖閣で何もしないんですか?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-18 21:56 | 自民党
<< 安倍首相はネット保守が作ったと... ルール変更無理/安倍首相「必ず... >>