「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

黒田日銀総裁就任の二重基準、発揮されない対米中平衡感覚。

c0294269_22102697.gif


日銀・黒田新総裁「あらゆる手段講じる」TBS


 日銀の黒田東彦新総裁は2人の副総裁と共に就任会見に臨み、「2%の物価上昇率目標のため、あらゆる手段を講じる」と、デフレ脱却に向け決意を示しました。



 「(物価上昇率目標2%が)達成できるまで、可能な限りのあらゆる手段を講じていく決意」(日銀 黒田東彦総裁)



 黒田総裁はこのように述べ、量的・質的に金融緩和を強め、2%の物価上昇率の目標を早期に実現すると述べました。また、金融緩和の手段としての国債の購入は、財政赤字の穴埋めとなる「財政ファイナンスにはならない」という考えを明らかにしました。



 一方、岩田副総裁は、金融政策の失敗が原因で2%の物価上昇率が達成できない場合、「責任の取り方は辞任だ」とも述べています。(21日20:40)


 


日銀の黒田新総裁が就任した。安倍の経済政策を極めて忠実に実行する事を名言しており、実際に市場の株価の反応等も良い。


 


所がネット保守を中心に、この黒田総裁就任に極めて懸念が表明されていた。いや、自民党支持では無い、新風などの他党支持者や無党派層のみならず、自民党支持・安倍支持のネット保守からも批判があったのだ。


 


例えば産経新聞モドキの古森義久記者モドキも面白い記事を書いている。


 


日銀総裁候補の黒田東彦氏の媚中の軌跡


http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/3012917/


 


日銀の次期総裁に黒田東彦元財務省財務官が指名されたことが論議を広げ始めました。賛否両論がぶつかっているようです。


 


しかしこの黒田氏がアジア開発銀行の総裁として、中国への巨額のODAをつぎ込んできた事実はほとんど話題になっていません。


 


黒田氏はそのうえ、中国主導の「東アジア共同体」の推進論者でもあります。


この構想はアメリカを排除してのアジアの「共同体」つくりであり、鳩山由紀夫氏が首相時代に唱えなおして、アメリカから強烈な反撃をくらいました。


 


黒田氏は2005年2月からアジア開発銀行の総裁を務めてきましたが、これまでの8年もの間、中国への経済援助を急増させています。世界最大の外貨保有国の中国になぜ援助をしなければならないのか。懐疑や反対の多いなかで、黒田氏は断固として中国援助の増加を貫いてきました。


 


このアジア開発銀行の資金というのは実は日本から供与した資金が多いのです。日本はアジア開銀への最大の出資国なのです。その資金の全体の16%が日本から出ています。つまりは日本の国民の税金なのです。だからその出資の額の大きさのために、日本の財務官僚が歴代の総裁になってきたのです。


 


黒田氏が総裁になってからのアジア開銀は2006年から2008年までの3年間に中国への援助の総額が50億ドルへと急増させました。この期間の1年間あたりの中国への供与額は約1700億円です。それ以前の時期から激増し、この時点でアジア開銀全体の資金援助のうち半分以上が中国一国だけに出ていました。


 


この時期も、それ以降も、中国への経済援助は全世界的に減っています。


日本政府が対中ODAをほとんど停止したのも、その象徴です。国際機関一般も同様でした。そんな潮流のなかで、アジア開発銀行だけが逆に対中援助を急増させたのです。


 


この対中援助急増の責任者がわが黒田東彦氏でした。アメリカもこの傾向に反対し、アジア開銀の運営方針をめぐって日本政府に抗議をしています。そんななかで黒田氏は中国訪問を頻繁に続け、北京政府への親しみを誇示し続けてきました。なぜ中国にそれほどに援助を増すのかという問いに対し、黒田氏はいつも平然と「ごく当然だ」という趣旨の中国擁護の粗雑な言明を繰り返してきました。


 


アジア開発銀行のこの異様な中国援助と、黒田総裁の媚中的態度については私はこの問題に詳しい青木直人氏との共著「終わらない対中援助」のなかで詳述しています。


 


いま中国への厳しい態度が求められるわが日本においてこんな媚中的実績をみせてきた元官僚を日銀のトップにしてよいのでしょうか。安倍首相は黒田氏の媚中的志向を知っているのでしょうか。


 


ギャグか。


 


安倍がしらいでか。


 


記者風情が知ってる情報は、当然首相も知っている。


 


この古森とやらが書いている事は、TPP問題と照らし合わせると二重に不可解だ。


 


古森は、外交官や外務大臣では無く、日銀総裁という外債を買うというような事態以外は、純粋に国内向けの経済政策を担当する部門に、「過去に媚中的だった実績」がある黒田氏は不適格だと断定し、その事を安倍大元帥閣下はご存じなのでしょうか?と間接的に安倍批判をしている。


 


自分的には、安倍の物価目標を忠実に実行すると言っている以上、黒田氏で遜色なかろ、と思うのだが、古森からすると、東アジア共同体に賛同し、媚中的にアジア開銀の資金を運用した黒田は駄目だと言う。


 


いや、そもそも東アジア共同体も、アジア開発銀行に日本が巨額の資金援助して、間接的に中国を助け続けたのも、自民党や民主党等の時の政権の思惑あってこそで、別段黒田氏の意向はそれほど大きく無いのでは??


 


というか、もしアベノミクスが中韓の為替操作に対抗しうる、有益な策であるとするならば、それに積極的に賛同してる時点で、黒田氏は『クロならぬシロ田氏』なのでは??


 


どうして古森は、ここまで積極的にアベノミクスに忠実に動く黒田を、過去の経歴で批判してるのだろうか??自分には判らない。


 


と、ここでもう一つの疑問が湧く。


 


最初に書いた通り、 『自民以外の新風とか他党支持者で、媚中的な黒田就任を批判し、なおかつTPP推進の安倍を批判する。』ことは極めて理にかなってると思う。というかスジが通ってる。


 


けれど古森のように、 『自民党安倍絶対信奉者で、媚中的な黒田就任を批判し、なおかつTPP推進の安倍を礼賛する。』ってよくよく考えれば支離滅裂じゃないか?


 


アメリカもこの傾向に反対し、アジア開銀の運営方針をめぐって日本政府に抗議をしています。そんななかで黒田氏は中国訪問を頻繁に続け、北京政府への親しみを誇示し続けてきました。なぜ中国にそれほどに援助を増すのかという問いに対し、黒田氏はいつも平然と「ごく当然だ」という趣旨の中国擁護の粗雑な言明を繰り返してきました


 


アメリカ礼賛の雑多な屁理屈で、TPP擁護してるのは誰だ。


 


つまり、 『大国におもねり、理屈に合わない屁理屈を繰り返して、大国礼賛を叫び続ける。』という黒田氏の姿勢がケシカランと言いつつ、TPPで全く理屈に合わない、安倍やアメリカの姿勢には完全に目をつぶり、TPP協議参加を礼賛するという、曲学阿世としての矛盾。


 


媚中的な黒田氏を登用する事を、安倍さんはご存じですか?という間接的な安倍批判、つまり対中には首相である安倍にも、一応(非常に弱いが)批判めいた事も書くのに、こと対アメリカについては、逆に安倍を批判する者は親中の工作員みたいな勢いで批判する。


 


いや、対中では罪無き所に罪人を作ってでも批判し、対アメリカでは罪人ですら賢者扱いする事が、古森の脳内では正しいという事になっているなら、むしろ当然の事になるのか。


 


これに関して、古森的な矛盾とは他に、もう一つ矛盾を感じるのは、 『安倍支持だけど、反TPP派』の連中に感じる事だ。


 


もう一度書くと、 『新風(でも何党でも良いが)等の他党支持者で、黒田就任を批判し、TPPで安倍も批判する。』という姿勢はスジが通っているが、 『自民党・安倍熱烈支持で、黒田就任を批判し、TPPも批判するが、やっぱり安倍は支持。』というのも支離滅裂な話だ。


 


『自民党安倍絶対信奉者で、媚中的な黒田就任を批判し、なおかつTPP推進の安倍を礼賛する。』



アメポチ


 


『自民以外の新風とか他党支持者で、媚中的な黒田就任を批判し、なおかつTPP推進の安倍を批判する。』



スジは通ってる


 


『自民党・安倍熱烈支持で、黒田就任を批判し、TPPも批判するが、やっぱり安倍は支持。』



単なるアホ


 


賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 



 


公約6項目の書面確約無きTPP推進は詐欺だ/



50年前の石 原慎 太 郎「反皇室発言」/オリンピック皇室私物化発言(引用)



黒字大嘘/大阪府、借金増大の泥沼 私立高無償化、給食…のしかかかる“橋下遺産”



橋下信者=嫌韓左翼(嫌特ア左翼、左派国粋主義者)定義



TPP&日中韓FTA絶対反対!!


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-21 22:27 | 自民党
<< 堺雅人&菅野美穂が来月結婚! ... ドミニカ初V!史上初無敗で決め... >>