日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

称賛で終わるのか、高岡蒼佑の二の舞か…「嫌韓発言」えなりかずきの今後

c0294269_01047.gif


 


若手俳優氏「けーぽっぷ、てめーの国でやれ。」


 


えなり氏「竹島とTVで言えないのはおかしい。」「スポーツに政治を持ち込む韓国許せない。」


 


質が全然違う。


嫌韓派として、若手俳優氏を擁護はしていたけど、もう少し言葉を選ぶべきだったと思う。言葉が不穏当で、正当性があるのに批判されるのは、米国で勝てる裁判が人種差別カードで負けるくらい損な話。


 


むしろえなりかずきは、番組内で堂々と嫌韓を正しい言葉で主張した事は本当に良かった。後はどんな圧力にも「謝罪」だけは絶対やめて欲しい。


 


賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_010555.gif


 


 俳優・えなりかずき(28)の“嫌韓発言”は、称賛の声で終わるのか、はたまた高岡蒼佑(31)の二の舞いかーー。えなりがテレビ番組で「本当に最近嫌いなんですね」と韓国をバッサリ斬り捨てた。ネット上では称賛の声が上がる一方、2011年にフジテレビの韓流ゴリ押しを猛批判し、結果的に芸能界を干されてしまった高岡のようになるのではと危惧する人もいるが、果たして…。



 えなりが爆弾発言したのは、4月13日に関西を中心に放送された「たかじんNOマネー GOLD」(テレビ大阪系)。番組の「毒舌王決定戦」というコーナーで、韓国批判を展開したのだ。



 まずは「自信過剰だと思うんですよね。何でも韓国は世界一みたいな言い方をされる」と切り出し「政権が安定しなくなると、すぐ矛先を日本に向けてきて。向こうは反日教育されてますから、見事に矛先がこっちに向くわけです」と韓国の反日教育、ナショナリズムの政治利用を批判した。



 また「スポーツにナショナリズムを持ち込むなんて、本当に最低だと思うんです。だから本当に最近嫌いなんですね」と断言。さらに「いろんなトークをするような番組で、東京の番組で、まず『竹島』ってキーワード、ダメじゃないですか。ぼくダメだと思う」とまで切り込んだ。



 ここ数年、李明博前韓国大統領の竹島訪問や天皇陛下への謝罪要求発言、さらに長崎県対馬市の観音寺から盗まれた仏像が韓国で発見されるも、韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めたりしたことで、日本国内の嫌韓ムードは確実に高まっている。



 だからこそネット上では「よく言った!」と称賛ムードなのだが、それと同時に思い出されるのが高岡の一件だろう。



 高岡はツイッターでフジテレビが韓流をゴリ押ししていると批判したことで、所属事務所を辞めざるを得なくなり、仕事が激減した。



 えなりの場合、番組の企画が企画だっただけに、必要以上に毒舌をかまさなければいけなかったのかもしれない。ただ、嫌韓発言で色のついたタレントの起用に二の足を踏むのも、いまのテレビ局の流れだ。



“第2の高岡蒼佑”と言ってもおかしくない存在になったえなりにも、同じような“災難”が降りかかる心配はないのか?



 テレビ局関係者は「今のところ、各局とも静観ムードですね。高岡のツイッターがきっかけで、フジはデモを起こされたり、ネットで猛バッシングされ、結果的に視聴率が低下するなど散々な目に遭いました。当時、他局には『ウチじゃなくて良かった』と胸をなで下ろしていた人も多かったと言います」。



 このことを踏まえれば「この発言があったからといって、えなりを起用しないという局が出るようなら、その局は『親韓派』とみなされ、当時のフジと同じような道をたどる危険は大きい。各局ともそんなことはしないでしょう。フジと同じ目に遭いたくないですからね」(同関係者)。



 今のところ、嫌韓発言が原因でえなりの仕事が激減するという事態は、避けられそうだ。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-04-19 21:01 | 韓国
<< 生類憐みの令に似たり、安倍首相... <自動車ヤバイ>カナダの同意得... >>