日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:エコ環境不思議( 9 )


IF「はやぶさ」が地球を救う!!/小惑星16日地球最接近=直径45メートル13万トン―衝突の恐れなし

c0294269_20101099.gif


 


小惑星、16日地球最接近=直径45メートル、13万トン―衝突の恐れなし・Q&A


 


という事らしいけど、最近総選挙直前にあった流星群は震えながら観たんですが、これは肉眼では見えないのかな。


 


それはともかく、今回は衝突しないらしいけど、もし衝突する時は、破砕じゃなくて軌道変更させるのが最良だとか。


 


NASAも「はやぶさ」がそういう時に役立つ技術って意識してるんだな~~びっくり。


 


日本が「はやぶさ」と「はやぶさ2」、米国が「ドーン」と「オシリス・レックス」で小惑星探査に取り組んでいるのも、太陽系の形成過程や地球の水、生命の起源の解明を目指すほかに、将来に備える意義がある。


 


はやぶさの予算削った民主党って人類の敵だな


 


小惑星、16日地球最接近=直径45メートル、13万トン―衝突の恐れなし・Q&A


直径約45メートル、重さ約13万トンもある小惑星が日本時間16日未明、地球に最接近すると米航空宇宙局(NASA)が発表した。衝突の恐れはないというが、大丈夫だろうか。

 ―どの程度近づくの

 最接近するのは16日午前4時24分ごろで、インドネシア・スマトラ島沖上空を通過する。地表からの距離は約2万7650キロで、月までの距離の10分の1以下だ。

 ―衛星などに被害は

 「ひまわり」などの気象衛星や通信・放送衛星が回る静止軌道の距離は約3万6000キロで、ぶつかる可能性はほとんどない。国際宇宙ステーションの周回軌道は約400キロと低いので心配ない。

 ―地球に衝突したら

 1908年にシベリア・ツングースカ上空で起きた小惑星の爆発以上に、落下地域に壊滅的被害をもたらすと考えられる。当時の小惑星は直径30~40メートルと推定され、東京23区の合計面積の2倍に当たる約1200平方キロの森林がなぎ倒された。

 約6600万年前、メキシコ・ユカタン半島に落下し、地球規模の気候変動と恐竜絶滅を招いた小惑星か彗星(すいせい)は直径約10キロと桁違いに大きい。

 ―いつ発見されたの

 1年前の昨年2月23日、スペインの天文台の観測で見つかり、「2012 DA14」と名付けられた。これぐらいの大きさの小惑星は地球近くに約50万個あると推定されるが、非常に暗いため発見されたのは1%もない。NASAは地球接近は40年に1回、衝突は1200年に1回とみている。巨大地震・津波の発生確率に比べ、大幅に低いとは言えない。

 ―対策はないの

 地球に向かう小惑星の軌道を宇宙船でずらしたり、最終的に爆破したりというSF映画のような検討も真剣に行われているが、まずさまざまな小惑星の実体を知る必要がある。今回の小惑星接近時、世界各地の天文台が観測して自転速度や組成を調べる。

 日本が「はやぶさ」と「はやぶさ2」、米国が「ドーン」と「オシリス・レックス」で小惑星探査に取り組んでいるのも、太陽系の形成過程や地球の水、生命の起源の解明を目指すほかに、将来に備える意義がある。時事


 


はやぶさの予算削った民主党って人類の敵だな


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-02-09 22:31 | エコ環境不思議

日食があると政変が起こるという迷信を信じたい

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_11101824.gif


c0294269_11101924.gif


昔から日食が起こると政変が起こると言う噂というか迷信がある。一番有名な物では卑弥呼が死亡した前後だったかに日食が起こったという説がある。


 


先の2009年8月の衆院選挙で民主党が勝利した時の前、2009年7月22日に皆既日食があった。こういう迷信は一切信じないのだが、野田豚のあまりの慇懃無礼ぶりに、こんな事にまで期待してしまう。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-05-21 12:28 | エコ環境不思議

まるでSF!?「ロケット弾の迎撃に初めて成功 イスラエル軍戦車」

ロケット弾(RPG等)を防ぐと聞いて、頭が古いのでてっきり小型のフレアの様な物を撒くのかと思ってたらぜんぜん違った。映像を観るとなにやら電磁的な機器で防いでる様にも見えるのだが、公のニュース等で観ない限りにわかには信用できない・・・。もし本当だとしたら長年の戦車VSゲリラの対決に終止符が??何か怖い^^;


(実際の原理はぜんぜんわかりません)


 


http://www.youtube.com/watch?v=YGF7x3TVNCQ&feature=player_embedded


 


 


ロケット弾の迎撃に初めて成功 イスラエル軍戦車


イスラエル軍は1日、パレスチナ自治区ガザ南部ハンユニス近郊に侵攻、パレスチナ武装勢力が軍の戦車に対戦車ロケット弾を発射したが、戦車防衛システム「トロフィー」が作動、迎撃することに初めて成功したと発表した。AP通信によると、実戦配備された戦車防衛システムは世界で唯一。


 イスラエル軍の砲撃で武装勢力の1人が負傷した。軍兵士にけがはなかった。


 ロケット弾が発射されたことを同システムが感知、直ちに迎撃弾を発射し、戦車から離れた位置で爆発させる。開発した企業によると、同時に複数のロケット弾に対応可能。


 イスラエル軍は2006年夏、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラとの戦闘で多数の戦車がロケット弾攻撃を受けて以来、同システムの開発を進めていた。(共同)


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-03-03 12:47 | エコ環境不思議

まるで目玉ヘッツァー!?「寄り目占い あの人気オポッサム、アカデミー主演賞的中」

寄り目占い あの人気オポッサム、アカデミー主演賞的中


ドイツのライプチヒ動物園で、インターネットで大変な人気となっている寄り目のオポッサム、「ハイジ」が米アカデミー賞の受賞作品を占った。


 ノミネート俳優の顔写真付きオスカー像が並べられ、ハイジが前足でどれに触るかで受賞者を予想。主演男優賞では「英国王のスピーチ」のコリン・ファースさん、主演女優賞は「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマンさんを選び的中。作品賞は「127時間」を選んでいたが、「英国王のスピーチ」が受賞し、全的中は逃した。


 


これ可愛いんだけど、何らかの障害みたいですね。手術とかで直してあげた方が良いのじゃ・・・^^;


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-03-02 13:14 | エコ環境不思議

クニマス 2014 10 15 削除

2014 10 15 削除
[PR]

by bluegreenEXT | 2011-01-17 20:43 | エコ環境不思議

京都議定書と憲法九条はなんだか信奉者までソックリ!

地球環境を無視して破壊を続ける二大国、アメリカと中国が関わらない京都議定書の単純延長に、一応一時的にとは言え歯止めがかけられたのは良かったです。日本は鳩山愚策25%削減などもあり、一刻も早く政権交代して麻生政権下の環境政策に近い物に戻す必要があります。もともと環境政策に熱心な日本だけをやり玉にあげる京都議定書は、裏を返せばそれだけ実行しても以降、何も温暖化対策に寄与しないばかりか、その間にシナやアメリカに免罪符を与えて余計に破壊を進行させる結果につながるだけ。その上ガス取引に莫大な旨みを期待しているイギリス始めヨーロッパの思惑も予断を許しません!


 


それにしてもアメリカ人の環境団体が日本を非難したり、シナや日本の反日系団体が京都議定書を守らない日本が悪い!などと言いだす姿は、戦後日本の、憲法九条を取り巻く環境と非常にソックリで不気味ですね^^;


 


シナやアメリカが国家利益を考えて日本をターゲットにするのは理解出来るのですが、それに呼応するように国内の日本人がそういった無茶な意見に感化されるのは情けない限りです。結局日本は聖なる国、環境でも平和でも世界をリードしたい・・などというヒロイック的なヒーロー願望がそういう人々に蔓延しているのではないでしょうか?


 


日本は世界をリードする必要なんて無く、普通の国で充分です。


 


c0294269_2103762.gif


途上国に削減促す=支援基金創設、ポスト京都は先送り―COP16閉幕jiji


c0294269_2103384.gif
にほんブログ村


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-12-11 21:55 | エコ環境不思議

正面から日本刀! マトリックスで(?)避け、無傷 千葉・銚子市

正面から日本刀! マトリックスで(?)避け、無傷 千葉・銚子市


sankei


逮捕容疑は、23日午後0時20分ごろ、同市本城町の不動産会社の事務所内で、この会社の経営者の男性(62)に対し、「てめー、ぶっ殺してやる」などと叫びながら、鞘(さや)から取り出した日本刀のようなものを振り回して追い回し、刺そうとしたとしている。


 


運転席の男性を突き刺そうとしたが、男性はリクライニングシートを倒して、体をのけぞらして刃物を避けたという。男性にけがはなかった。


 不動産会社の客が気付いて男性を助け出し、自分の車に乗せて逃げた。客が警察に通報した。


 同署によると、男性の車は4つのタイヤすべてが刃物で鋭く切られていた。日本刀のような刃物は刃渡り約46センチ。


 


凄い!!


 


日本刀を振り回す男も怖いけど、逃げるんじゃなくてとっさにリクライニングさせて避けるってのも超反射ですね~。


 


なんとなくジャッキー・チェンの映画ぽい雰囲気の避け方だなあマトリックスいう感じじゃないね((+_+))


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-11-24 12:21 | エコ環境不思議

温暖化データねつ造疑惑 衝撃強く、欧米で大騒ぎ

温暖化データねつ造疑惑 衝撃強く、欧米で大騒ぎ


 


英米の研究者らが、地球が温暖化していることを示すデータをねつ造したとされる騒ぎが拡大している。国連が取り組む京都議定書後の枠組みにも、影響を及ぼしかねない事態なのだ。もし本当なら、温室ガス25%削減などの民主党政策も、見直しが迫られかねない。



 温暖化データねつ造疑惑は、英米のメディアで、「クライメートゲート事件」と呼ばれている。そのインパクトの強さから、米ウォーターゲート事件をなぞらえたものだ。このときは、新聞がスクープしたが、今回は、ネットが主役となっている。



■温暖化懐疑論者の陰謀説もあるが…



 きっかけは、データがネット上で2009年11月中旬、匿名の誰かによって公開されたことだった。報道によると、流出したのは、温暖化研究の世界的拠点である英イースト・アングリア大学の気候研究ユニットCRUのデータ。1996~2009年の1000通以上の電子メール、3000以上の文書が含まれていた。CRUのコンピューターにハッカーが侵入して、これらが盗まれてしまったという。



 CRUの研究は、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、報告書で「温暖化は人為的な可能性が強い」と結論づける有力な根拠になったとされる。ところが、CRUのフィル・ジョーンズ所長が1999年、メールで60~70年代の平均気温低下をあるトリックでごまかしたなどと明かしていたというのだ。



 そのトリックとは、温暖化議論の先駆けとなる「ホッケースティック曲線」と同様なものだったという。80年代以降の平均気温上昇を過大に見せるという手口だ。メールのあて先は、この曲線を編み出した米ペンシルベニア州立大のマイケル・マン教授らだった。



 これが本当なら、地球温暖化とは何だったのか、ということにもなりかねない。もっとも、温暖化懐疑論が保守派などに根強いだけに、懐疑論者による陰謀ではないかとのうわさも流れている。京都議定書後を考える国連の気候変動枠組条約会議(COP15)が09年12月7日から始まったことも、その背景にあるようだ。



■都合悪いところ隠し、つじつま合うよう細工した?



 温暖化に詳しい横浜国立大学の伊藤公紀教授(環境科学)は、ある程度データはねじ曲げられていたのではないかとみる。



  「事件は、最初報じられたハッキングではなく、内部告発に近いようです。データねじ曲げに反発した関係者が、内部で準備したものを漏らしたということです。バラバラのメールがファイルになっているのも、確かに不自然です」



 伊藤教授によると、データが漏れる以前から、温暖化分野は怪しいと話題になっていたという。



  「古い時代の平均気温データは、様々な研究者が樹木の年輪などから出していて、比較的バラバラなんですよ。今回は、年輪データで都合が悪いところを隠し、つじつまが合うように細工したともされています。競争が激しい分野なので、有名になろうと功を焦ったのでは。メールの言葉尻だけを捉えていることもなくはありませんが、相当無理なことをやっているのは確かでしょうね」



 最近の気温データも、元の風通しがいい草地でなく、環境が劣化した宅地で採るなどした疑いがあり、同じ条件なら気温の上昇が半分ほどに留まった可能性があるという。温暖化について、伊藤教授は、人為的なもののほかに、太陽活動など自然変動も考慮する必要があると指摘する。また、温室効果ガスばかりでなく、中国の石炭火力から出るススなどの影響も考えなければならない、ともしている。



 クライメートゲート事件の影響については、これだけ世界を騒がしただけに、京都議定書後の枠組みにも何らかの影響があるとみる。民主党政権が目指す温室ガス25%削減については、まだ影響は分からないという。



  「温室ガスは、環境汚染の一つの目安であって、むしろ化石燃料などのエネルギーをいかに節約するかを考えるべきです。持続可能な発展を損なわないように、ガス削減をするならいいでしょう。日本は、国内だけの温暖化対策では不十分であることをよく自覚し、中国が石炭火力から転換するのにその技術を提案するなど、外交交渉をもっと進めるべきですね」


 


この問題日本ではまったく報道されない。


 


事実かどうかは検証が必要だが、今そのような話題で欧米が沸いているという事実だけでも伝えるべきではないか。


 


まさに今民主党が日本を鳩山不況に叩き込む中、25%鳩山愚策は何としても止めなければいけない。


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_2210780.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-12-11 12:05 | エコ環境不思議

フリーエネルギーは存在しない~疑似科学やオカルト…~

疑似科学やオカルト… …(10:06)


少し前にTVの立派な報道番組で、水からエネルギーを取り出して何百キロをも走る自動車を開発したというニュースが流されていました。


  左側イラスト下、にほんブログ村ランキング押してね。


例えば水を燃料とするのに、高エネルギー化、明治時代から行われているように暖めて蒸気にするとか、そうゆう加工は無しに水道水からエネルギーが取り出せるというのは、非常にフリーエネルギー(永久機関)の類の臭いがプンプンします。


 


エネルギー保存の法則という学校で習った単純な法則から外れるものは、地球上ではまず確実にインチキだと思って良いのは、素人でもわかる判断材料なのに、TVという公器のマスメディアが簡単に信じ込んでそれを放映してしまう。


 


本当に水からエネルギーが取り出せて何百キロも走れる車を誰かが開発すれば、すぐに爆発的に世界中に配信されても良いような気がするのに、今のところ何処も続報はほとんどありません。(なんかその代わりに、違う会社もいろいろ水エネルギー車を開発していますが・・これ多分に燃料電池車というもののパロディ商品なんだと思うけど、人形に魂が宿らないのと同じで、水車はいつになっても走り出さないだろうな。)


 


そのような場合によく多用される言い訳が「従来の石油エネルギー業界から妨害を受け、世間に公表しようとすると、マスコミに裏の力がかかって潰されてしまう。」というもの。いや逆に考えると、石油エネルギー業界もピンからキリまで存在し、競争の激化するなか、そんなフリーエネルギーを特許化できれば、一挙に多社を出し抜けるわけで、全社が全社そろって、その水車を否定すると考えるのは陰謀論的に過ぎます。


 


まず普通にそんなものが存在しないと考えるのが妥当でしょう。


 


しかしこういった擬似科学とは民間だけでは無くて、どんな高名な科学者も簡単に信じ込んでしまう可能性があるようです。例えば、植物に言葉を投げかけると、その言葉の内容によって植物の成長に変化が訪れる、「植物は言葉を理解しているという説」や水には固有の「波動(波動て?)」が存在するという物、さらには臨死体験やオーラなんてものは、今や普通に芸能人から(主に文科系の)学者までもが使用しています。(注・臨死体験は実際に「見る」事は見るのですが、それが宗教と結びつけば)


 他にも付けるだけで携帯電話が格段に安くなる通信機だとか、インターネット電話サービスの詐欺とかもありましたね。


 


結局、これは単純に善悪とか騙す騙されるという以上に、人間というものが自分の体験した経験則を元に物事の判断を行う動物である以上、どうしても類似の事例を結びつけて、思考の単純化を計ろうとする癖があるので、仕方が無い部分もあるんじゃないでしょうか。


 


例えばこれは悪い事例ですが、かつてハンセン病が酷い差別と偏見に苦しめられたのは、「病気は伝染する」という人間が持つ経験則によって、恐ろしい病気だから伝染すれば共同体が大変な事になるという、恐怖心からによるものでしょう。非常に単純な人間の経験則で言えば、風邪のように伝染したりする病気の知識があれば、もっと重大な、皮膚や外見上の変化が起こる病気は特に、恐怖感をもって伝染するという経験則の応用が起こっても、医療知識の乏しい昔の人にとっては、仕方が無い部分もあるのかもしれません。当然メカニズムが解明された現代で同じことをすれば、無知による差別ですが。


 


それと同じで、水車に代表されるような擬似科学・似非科学の部類も、単純に「あの人が言っているから」だけではなくて、自分らが日ごろ行う行為、例えばガソリン車にガソリンを注入してキーを廻すだけとか、電化製品をコンセントに差し込んでスイッチを入れるだけとかいうような、科学生活?の経験則をスライド転用したような、凄く単純な騙しにひっかかっている場合もあるかもしれません。(マイナスイオン製品とか・・)


 


だけど逆に言っちゃえば「あの人が言っているから」以上に一般人が物事を判断する方法なんてあるんでしょうか??だって過去の歴史的出来事も、科学技術革新も、ニュースや報道という誰かの伝聞によってのみしか一般人は判断のしようが無いのに、結局それが正解かどうかは、信じた人がマトモかどうかという賭けの当たりハズレでしか無いような気がする。一般人にとっては、結局他人からの伝聞という意味で、本当に地球が太陽の周りを回っているのかも、嘘の科学で水で車が走るのかどうかも、本人は確認の仕様が無い他人の出来事な訳ですから。


 引用記事にもありましたが、これからどんどん電化製品とかの技術が上がれば上がるほど、それをいちいち理解して利用するのは不可能に近いのでこれからもっともっと擬似科学にひっかかるような人が増えるかもしれません。


 


この問題で「自分だけは違う」と言えるのは、完全に電化製品の構造を理解し、歴史的事件はまず原典、原本、外国本を読破して研究し、外国のニュースや出来事については、自ら事件の現場に赴いて証拠を目視した人のみです・・・でもそんな人は現実的に存在できないですね。やっぱり他人の情報に頼るしかないようです。騙されないように気をつけないと。


 


同意見の場合押してね→

c0294269_210628.gif


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2008-11-21 15:16 | エコ環境不思議