「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:食品安全( 2 )


朝鮮焼肉店生食中毒事件、悪いのは卸業者だけか

ユッケやプルコギ、ピビンバが出てくる朝鮮代表的料理の焼肉店での連続生食中毒死事件、非常に痛ましい出来事だがその後の報道によって事件の概要が明るみになってきた。


 


それによるとトリミング不要で無駄が無く、相対的に安く入荷出来ると卸業者が加工不要として加熱用肉をユッケ用として売り、「真に受けた」店側が稚拙な衛生管理の下で卸に言われるとうり販売していたら中毒を起こしたという物で、一見すると卸だけが悪いかのような印象を受けるがそうは思わない。


 


多少事件の内容が異なるが、同じ食品事件で言えばシナ製筍の水煮などを日本製として偽装表示して販売するというような事件、他の日本製と比べて安く製品をそろえる事が出来るからそういった事件が起こる訳だが、この朝鮮焼肉店側についても、本当に割安で生食のユッケが納入出来るのか疑問に感じなかったのだろうか?しかもトリミング不要を真に受けていたのか?


 


事件当初この朝鮮焼肉店は記者会見で謝罪しながらも国の基準のあいまいさを批判する発言を繰り広げた。であるならば、そのような法的不備を意識しているならばこそ、余計に卸の言い分をまるきり信じてトリミングせずにお客さんに生肉を出していたとする店舗側の落ち度も許しがたい。これは未必の故意に類する物だ。


 


ついでに言えば今回のニュースで飛び交う、「氏名、住所電話番号、FAXが同一で異なる会社」という台詞、ネットでは政治話題とかで常に取りざたされる事なのに、TVではほとんど聞かない。この論法で言えばマスコミ各社、同一住所にいろいろな物が並立されている事がよくあってマズイと思うのだが。


 


さらに言えば、従業員の給料や仕入れがどうなっているのか考えると怖いような外食産業の安売り競争、もうやめにしてもらいたい。


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-05-09 12:59 | 食品安全

TPP参加なら加工食品、外食産業の原産国表示義務改正を

TPPについては賛成派と反対派が日夜熱い議論を交わしているようですが、実際問題参加したらどのようになるかは予想のしようが無いので結論が付け難い堂々巡りになっているようですね。でも日本以外の主要貿易相手国が軒並み参加されてしまったら、良い悪いという論議以前に、全く日本だけ太刀打ち出来なくなるので、いずれ参加する可能性が高いのではないでしょうか。


 


しかし相変わらず説明不足で独りよがりな菅だとか、民意や情という物を全く理解していない前原のパーセント論などは論外で、こういう国内産業に劇的な変化をもたらす話題についてはしっかり広く議論して欲しいと思いますね。地方農家票目当てと菅内閣憎しの党利党略で反対している小沢一味なんていうのは論外ですが。


 


仮にTPP参加となった場合、是非なんとかしてもらいたいのはスーパーやコンビニで売っている弁当や、外食産業などの原材料原産地表示をきっちり義務化して欲しいという事です。


 


最近はウナギやタケノコ水煮などの産地偽装のニュースが時折報道されていますが、それがウナ重弁当だとかタケノコごはん釜飯とかになると最初からどこ産の物か全く書かれていません。


 


これは調味料やソースなど複雑な原材料を混ぜ合わせる加工食品では材料表示が雑多になり過ぎる為・・・という名目ですが、実際はアメリカ産牛肉や中国産野菜など、消費者が嫌悪する材料から目を隠すために食品業界が政治に圧力をかけたとも言われているようですね。


 


実際問題ソースや調味料も気になりますが、牛肉カレーなりうな重弁当なり、一番気になる主要食品についてぐらいは、しっかり表示してもらいたいと思いますし、それならパッケージが原産地表示だらけになるという事も無いと思いますが。


 


特にTPPで米など、現時点では加工食品でも日本産の物が高い確率で使用されている食品が、軒並み外国産の日本種の物に置き換わる可能性が高いので、絶対に不可欠な措置だと思うのですが。


 


魚沼産コシヒカリ使用!とか書いているおにぎりが、実は95%アメリカで生産された日本種で、残り5パーセントだけコシヒカリなんて事が起こるかもしれません。


 


民主党政権では(自分は最初から信用もしてないし民主党に投票もしてませんが)政官業の癒着が解けてこういう問題は真っ先に解決、食品の表示義務なんかすぐに改善されえるのかと思いきや、一向に動く気配が無いのですが・・・。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-11-02 20:42 | 食品安全