日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:民主党011(短)( 4 )


前原の我欲で老害小沢の密室談合派閥政治が大復活

民主党の代表選モドキが、民主党らしい政策よりも政局、国民よりも党内事情という様相が日に日に加速している。


 


そしてその状態を一気に最高潮まで押し上げたのが、前原なのだから、一体人気投票で前原に投票した人の目は節穴なのか。


 


そもそも野田も前原もその前原を操る仙谷も元々老害無能小沢批判の急先鋒だったはずが、我先にと小沢詣でを開始する始末。犯罪者小沢被告は、久しぶりのスポットライトに内心、親戚が遊びに来た独居老人のように喜んでいるに違いない。


 


しかもその前原は有力候補と言われていた野田に対して、突然「勝てるのか?勝てる候補でなければ応援できない。」などと何様のつもりかと言うような事を言い、あげくに「火中の栗を拾う。」「国難に立ち向かう。」と自分が勝てる候補だと自惚れ自画自賛し、民主党政府の無為無策で火中に投じられている気持ちの国民感情を逆撫でする台詞を吐いて立候補。


 


おかげで有力候補であり、反小沢であった野田までもが、勝つ為にと小沢のペナルティ解除を匂わす始末。


 


野田も前原も嫌いでこんな者達に勝ってなど欲しくないが、常道から言えば外人献金問題で引責辞任した前原はあくまで野田のサポートに回り、国民からの既定路線となっている反小沢路線のまま、党首選に出るのが通常の発想であり、そして党首に選ばれたあかつきには、掲げた政策をもって総選挙に打って出るのが当然だ。なんと言っても延期されていた東北の地方選が実行される以上、もはや震災を理由とした解散回避の言い訳は許されない。


 


それにしても前原の謎の出しゃばりによる、老害小沢派閥のクローズアップ、一体国民のだれが喜ぶ事態なのか??


 


c0294269_3102940.gif


 



前原氏、小沢氏と会談=連携の成否焦点―民主代表選


8月24日(水)17時4分配信



 民主党代表選に出馬表明した前原誠司前外相(49)は24日夕、小沢一郎元代表と衆院議員会館の小沢氏の事務所で約10分間、会談した。前原氏は挙党一致態勢の構築を目指す考えを伝え、支援を要請した。前原氏は小沢氏との連携も視野に働き掛けを強めており、小沢氏の対応が焦点だ。

 会談後、前原氏は記者団に、小沢氏と挙党一致が重要との考えを確認したことを明らかにするとともに、民主党のマニフェスト(政権公約)について「考え方にあまり違いはなかった」と述べた。

 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-08-24 20:25 | 民主党011(短)

大連立は民主御用マスコミ最後のメンツだ 大連立で仙谷or小沢高笑い!

「政治家は被災者の足を引っ張らないで。」産経の記事ではニヒリズムと呼ばれていた、大半のマスコミによる全政治家蔑視キャンペーン=民主党の失政隠しが、大連立大合唱という新たな段階に突入したようだ。


 


自分はこの大連立に引き続き絶対反対だ。


 


なぜなら、大連立などする必要が一切無いからだ。


 


大連立などしなくとも必要な法案は通るからだ。


 


どうして首相との信頼関係があれば、法案が通ると自民も民主も言っているのに、さらにその上大連立が必要なのか?論理的におかしい。


 


論理的に必要性が無いのに、与野党協力してというマスコミが作り上げたイメージのみだけの感情論以外見えない。


 


今民主党が大連立を急ぐのは理由がある。菅内閣の度重なる震災に対する初動対応の失敗と、それ以前の平時の失政、この二つを大連立というノーサイドで有耶無耶にするのが目的だ。


 


自民党の側も自民党の側で、一刻も早く国政に復帰するのに、選挙経ずに自分たちに理想的な形で、震災対応を隠れ蓑に密室談合で政権の青写真を描ける大連立は、まさに自民党の守旧勢力にとって願ったりかなったり。


 


つまり両者の思惑は、菅直人が震災対応を人質に政権延命を図ったのと全く同じ思惑でしか無い。


 


自民党の守旧派のみならず、石原氏も大連立に急ぐ発言が多いのは容認できない。


 


特に自分は大連立という言葉が、これまで何が何でも民主党を擁護してきた民主党御用マスコミ・コメンテーター達が、自分たちがこれまで必死に行ってきた異常な民主持ち上げ論調の責任を取る事無く、次々に無能総理を送り出してきた民主党へ始まった世間からの批判や追求を、大連立という美名で免罪符にしようという深層心理が丸見えだ。


 


そして政治家との利益関係の無い、一般人の保守層の中の大連立支持者についても異を唱えたい。一般人の政治家と関係無い保守層は、純粋に国益を考えているから大連立が必要だと無邪気に言う。特にいつも尊敬申し上げている青山氏等は、首相は某保守政党の党首がいいなどと何の担保も無く言っている。それと同じく、保守層の大連立容認論者の発言をよく聞くと、絶対に民主党が呑みそうに無い前提条件の下考えている事がわかる。実現出来ない条件は、事実上の反対と考えるべきだ。


 


どこぞの世論調査が昼のニュースで伝えていたが、大連立に賛成は20パーセント台、パーシャル連合に賛成の方がはるかに多かった。震災対応の法案のみ協力で十分、国民もちゃんと見抜いている。


 


それでも、一万歩譲って大連立するならば絶対の条件。


 


・総理は野党第一党の党首、自民党から。


 


・財務・外務・経産・官房長官も自民党及び野党から。


 


震災に対する菅&民主党の対応を検証する第三者機関の設置


 


国政を混乱させた 菅 鳩山 小沢 の離党と議員辞職


 


尖閣事件で外交を混乱させた仙谷の役職停止


 


期間は3か月から半年、終了直後に解散総選挙実施


 


・人権擁護法案、外国人参政権の取り下げ


 


・外交安保、経済政策、民主政策の完全白紙化


 


これでも出来るんならやってみればよい。


 


 


c0294269_3102940.gif


 


仙谷、石井一両氏が大連立めぐり会談 次の首相候補選び急ぐ


 


 仙谷由人官房副長官は6日午前、東京都内のホテルで民主党の石井一副代表と会談し、東日本大震災の復興を急ぐための「大連立構想」について意見を交わした。


 両者は菅直人首相退陣後の首相候補をあらかじめ決めない限り、自民党との連立は難しいとの認識で一致したという。


 会談は1時間以上にわたった。



 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-06-06 12:47 | 民主党011(短)

菅「私と責任分担をするのが嫌なのか」 / ワナだった菅総理からの「入閣」要請

小泉元首相と谷垣氏が会談し、小泉元首相から連立について否定的な意見が出され、谷垣氏が今日の時点ではひとまず連立については無いという報道が出ているが、今後どうなるか。


 


しかしこの大連立、最初から救国だとか野党の協力を最大限引き出す為の協調路線とか、そういった国民目線の発想では無く、唯の菅中心の政局騒ぎだったという報道がいくつかでてきだした。


 


菅と民主党の無能無策と混乱で現地では補給物資が届かず、ガソリン不足で燃料が届かず、被災者が人災という二次被害に遭う中、当の菅直人が政局中心で「してやったり」などと官邸の中でほくそえんで居たなんて、国民の一人としてどうしても許せない。この菅直人というのは支持政党だとか党利党略とか抜きに絵に描いたような日本人の敵に見える。


 


自民・石原氏、首相の原発対応に「一段落したら退陣を」と批判 “高飛車”態度もバラす


 


2011.4.6 12:41


 自民党の石原伸晃幹事長は6日午前、愛知県春日井市で演説し、菅直人首相の東京電力福島第1原子力発電所事故への対応に関し「ちっともうまくいかない。怒るだけだ」と批判し、「やはり東日本大震災の対応が一段落したら、一日も早く退場してもらわないといけない」と退陣を求めた。


 民主、自民両党の大連立をめぐり、首相が3月19日に谷垣禎一自民党総裁に電話し「私と責任分担をするのが嫌なのか」と応じるよう迫ったと紹介「ものには頼み方がある。この人に任せておくと東北の人は大変なことになってしまうと思った」と述べた。sankei



 


 


ワナだった菅総理からの「入閣」要請


 


大震災の混乱の最中、自民党の谷垣禎一総裁に入閣を呼びかけた菅直人総理。根回しもなく、しかも突然の電話で重大案件を持ちかける"菅流手法"には批判こそあれ、評価する声はない。


 だが、菅総理自身は、「谷垣氏の入閣拒否は、国難のときに足を引っ張る行為だ。国民も自民党に失望しただろう」(総理周辺)とほくそ笑んでいる。「仕掛けがうまくいった」(同)と思っているからだ。自民党幹部によれば、実は3月19日午後、菅総理と谷垣氏の間ではこんなやりとりがあったのだ。


「震災担当として入閣してほしい」


「極めて重大な話なので、党役員会で議論したい。いったん預からせてほしい」


 即答を避ける谷垣氏に、菅総理は畳みかけた。


「じゃあ、受けられないということですね」


「そんなことは言っていない。まずは党で相談するということです」


「だって、いま返事をしないのは要請を受けないということでしょう。それなら、これから記者発表します」


「ちょっと待ってください。こんな重要案件は議論したうえで結論を出すのが常識でしょう。発表は正式に回答してからにして下さい」


「いや、了承いただけないということは、断ったということです。だから記者に話します」


 電話は一方的に切られ、直後にNHKや共同通信は「谷垣氏入閣を断る」と速報を流した―。


「入閣要請はポーズにすぎなかった。連立につながる重大案件を電話一本、総裁の考えだけで決められるわけがないのを承知のうえで仕掛けてきたワナだ。『自民党は非協力的』と宣伝するのが目的だよ。やり方が汚い」(自民党幹部)


 民主党内からは、「以前から『救国内閣を作れ』と進言していた国民新党の亀井静香代表の機嫌を損ねないように、断られるのを覚悟で入閣要請した」(ベテラン議員)との釈明も聞こえてくるが、説得力があるのは「電話の前々日(17日)に官房副長官として官邸に復帰した仙谷(由人)さんの入れ知恵」(官邸職員)という解説だ。


 



 


 


↑菅は、ほぼオレオレ詐欺だ。谷垣も一回目の記者会見で実情を訴えるべきだった。



 知恵があるなら、ほかのことに使ってくれ!gendai

 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-04-06 20:55 | 民主党011(短)

政治と金問題ってストックされてるの?「前原外相、外国人から違法献金 政治資金規正法に抵触」

政治と金の疑惑のクリアランスセール来ましたね。


 


シナ共産党から名指しで批判され民主党内ではマシという触れ込み(結構おかしいと思ったが)だったので、自分はあえてなるべく前原には触れないようにしてたんですが、北よど号犯と写真撮り、在日一家と家族ぐるみの付き合いで違法献金受けていたとしたらもうかばいだて出来ません。


 


在日の方と言えば家族親族が人質にとられて朝鮮への送金を強要されるという話を聞きますが、そういう他国からコントロールを受けやすい立場の外国人から外相が違法献金受けていた・・・というのは返金すれば良いというような、事務所費問題とか裏金問題とは違った悪質性があります。


 


所でみんな同じことを感じてると思うのですが、民主党蓮舫等からみんなの党渡辺、そしてついに前原の致命的スキャンダルと政治の金の疑惑が次々に出てきていますが、これは何なんでしょうか?


 


まあこれも誰でも思いつく事だと思いますが、統一地方選や衆院解散などの選挙に向けて小沢派か野党が予め知っていた情報を小出しにしているという可能性。そういう意味では自民党もうかうかしてられませんね。


 


まあそれは少々陰謀論的になるから置くとして、じゃあ前原の家族ぐるみの在日一家との付き合いの上の献金、前原周囲の人はみんな知っていたんじゃないの?という疑惑が浮かぶ。そういう国家の機密保持に通じるような政治家の疑惑を、通常は保存して置いて、機を見てばらまくっていう事は、党利党略優先で国家的危機を常に放置しているという点で、もしそれが政治家だったならば、それは同罪じゃないのかなあ?


 


政治家の政治と金の問題、何発もストックして保存して置く・・・そういう発想自体が許されない。


 


前原外相、外国人から違法献金 政治資金規正法に抵触


前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、京都市内に住む外国籍の女性から献金を受けていたことを明らかにした。自民党の西田昌司氏の指摘を認めた。政治資金規正法は外国人または外国法人から政治的寄付を受けることを禁じている。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-03-05 12:52 | 民主党011(短)