「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


パンとサーカス政治を求め党首を苦しめるアホ添は早く離党しろ(←外国人参政権賛成)

早期に自民党が分裂したり崩壊すると睨んでいたアホ添は、衆院選挙後、数ヵ月後の新党旗揚げを示唆しつつ、党首戦にも出ずなりを潜めていた。


 


しかし蓋を開けてみると思いがけない民主党の凋落ぶりに、自民党から出て行く人間がそれほど出て来ない今、もともと人望の無いアホ添にはもはや新党を作っても誰も着いてこない可能性が高い。そうするといくら世論調査で首相の名前が出てても首相にはなれそうも無い・・・


 


だとすると、自民党を自分好みに改変するしか無いと考えたのか、党首選に出なかった癖に、民主的手続きで選ばれた党首に「声が小さい、迫力が無い、マスコミ様が喜ぶパンとサーカスが無い」等と殆ど難癖に近い理由で攻撃を続けている。


 


自民党はしっかりと外国人参政権反対などの、保守政策を前面に打ち出している。それをしっかり報道しないマスコミを攻撃せずに、逆に迎合する愚かさ。


 


民主党の支持率が下がっているいるのに、自民党の支持率が上がらないのは谷垣や執行部の責任だという具体的根拠は何か?


 


そもそも民主党が下がれば油圧ポンプのように逆に自民党が上がるとかそんな単純な物か?


 


残念ながら自民党が前政権から支持率を下げたのは、政策よりも内部分裂や意見対立をマスコミに過大に偏向報道されたからでは無いのか?このアホ添は、政策で論じるのでは無くて、マスコミ様が喜ぶ仕掛けを考えろと叫びながら、逆にお前自身が格好のマスコミの攻撃材料に成り下がっている事に気付くべきだろう。


 


止めないから早く離党しろよ。


 


 


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_23103024.gif
 


 


 


外国人参政権に反対する会・公式サイト


 


国民が知らない反日の実態 


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-03-30 12:56 | 自民党

外交無政策みんなの党マスコミ総賛美の怪

最近どうもニュースキャスターが呪文のように叫んでいる言葉


 


「民主党の支持率が下がっているのに、自民党が上がっていない、結局自民も民主もどっちもどっちですよね。これじゃあ政治不信が広がって投票率が下がりますよ。」


 


これは衆院選挙前に世論調査で選挙の争点は何だと思いますか?の問いに常に「経済対策」がトップに来ていたにも関わらず、何故か枕詞ように「政権選択が最大の争点の衆院選」と言い続けたのに似ている。


 


あの時はマスコミ全体が民主党に勝たせる為に偏向報道を繰り返していたが、では今回の目的は何か?


 


それは少数野党のみんなの党と公明党が出来るだけキャスティングボードを握れる状況を作る事である。


 


自民連立でも民主連立でもみんなの党連立でも桝添新党でも、公明党の力が発揮されればされるほど、外国人参政権は現実味を増す。


 


マスコミが自民党政権を徹底的に弾圧して来たにも関わらず、連立与党だった公明党は全く批判しない不思議。


 


そしてみんなの党がいち早く公明党との連携を示唆して以降の異常なマスコミの賛美。


 


みんなの党は、官僚制度改革一本しか掲げていない、限定政策政党であり、政党にとって一番重要な外交政策に対して明確なポジションが示されていない。


 


普通の国においては外交政策、国防政策こそが最大の政党の差異を決定する部分であるのに、みんなの党にはそれが無い。


 


いやそもそも日本のマスコミは政党の判断基準に意図的に外交政策を入れないように偏向して報道している。


 


これは戦後60年、外交・安保を日米関係に依存し、自分で考える必要が無かった事の影響であり、しかし実は反米だの独立外交だの叫んでる連中こそが、もっとも米国に依存して、外交や国防を語るのをタブーとする雰囲気に影響されたままの発想に捕らわれているのだ。


 


邦夫の乱、自分は一切評価しない。けれども「外国人参政権反対」という政策政党という切り口では一切紹介されず、全マスコミが「何をしたいのかわからない」の一点張りには閉口した。


 


 


 


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_23103024.gif
 


 


 


外国人参政権に反対する会・公式サイト


 


国民が知らない反日の実態 


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-03-30 12:27 | 自民党