「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2010年 06月 ( 41 )   > この月の画像一覧


日刊ゲンダイが7月1日号の一面トップで「もう一度民主党へ投票を」 特定政党への投票呼びかけ

【政治】自民1人区優勢という暗い情報 今更「自民に投票」は時代おくれだ あの悪政自民党が復活していいのか 選挙民の皆さん 


1 :影の軍団ρ ★:2010/06/30(水) 23:06:14 ID:???0
7月11日の投票日まで2週間。参院選の行方はまったく分からなくなってきた。

勝敗を決する「1人区」が、予想外の展開になっているからだ。



当初、29ある1人区は、民主党と自民党が互角と見られていた。

ところが自民党が圧勝する可能性が出てきたからだ。

tp://thumbnail.zasshi-online.com/thumbnail.aspx?pid=Nikkan_Gendai_Kanto1100629&s=l


 


日刊ゲンダイ 2010/06/29



自民1人区優勢という暗い情報 今更「自民に投票」は時代おくれだ 

国と国民生活をここまでダメにしたあの悪政自民党が復活していいのか、

選挙民の皆さん もう一度あの政権交代の夢と熱気を取り戻し民主党へ投票するのが選挙民の最良の選択

ttp://www.zasshi-online.com/%e6%97%a5%e5%88%8a%e3%82%b2%e3%83%b3%e3%83%80%e3%82%a4(%e9%96%a2%e6%9d%b1%e7%89%88)+2010%e5%b9%b46%e6%9c%8829%e6%97%a5%e8%b2%a9%e5%a3%b2/c=pd/q=Nikkan_Gendai_Kanto1100629_n_n


 


 


なんだろう。


なんでゲンダイはこれほどまでに民主党が好きなんだろう(笑)


 


まあなんでもいいけど、これって逮捕されないのか?この情勢分析がどこまで正確かしらないけど、逆アナウンス効果で結果が変化する可能性はある。


 


しかし近年の選挙の事前予想が大体当っているのも事実。


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-30 23:33 | マスコミ偏向資料

官房機密費もらってたのって左派革新系ジャーナリストでしょう? ほか

 何か全く盛り上がらない官房機密費問題。上杉隆とかが散発的にTVに出て、何故か名前を出さずに過去の時代にマスコミがもらってたと吹聴してまわっているけど、よくよく考えたらずっとマスコミなんて政権与党の自民党に批判的だったから、官房機密費ばら撒くとしたら、最初から好意的な人物よりも批判的な相手に配るのが常識だと思うのですが。


 支持率の高かった小泉時代ですら、マスコミはずっと自民党に批判的だった。だとすればマスコミとか左派ジャーナリストって官房機密費で賄賂もらいつつ、しかしそれでいて自分らはお偉いジャーナリスト気取りで政府の批判記事書いてたんじゃないかなあ。三宅さんだとか青山さんだとか最ももらってそうとネットで騒がれたご両人がそろって「ちゃんと名前出して記事を書け!」って言っていたのにくらべ、増刊のたかじん委員会に出てた、『朝まで司会者』のなんとも歯切れの悪い事。いや別に『朝まで』がもらってたとは言わないが、それこそジャーナリストと言えばすぐに名前が上がる、左派系の重鎮の方々はなんで、この問題で沈黙してるんだろ?不思議過ぎる。普通だったら自分がもらってなけりゃ、もっと騒いでもいいと思うんだけど。


 これは自分の予想なんだけど、三宅さんとか青山さんとか志のある人以外、上杉みたいな箸にも棒にもかからない人物以外は、「まんべん無くほぼ全員貰ってた」てのが事実なんじゃないかなあ?


 


 


消費税10% 世論を読み違えた首相 言い訳と火消しに躍起


菅直人首相が「消費税率10%」を掲げたのは、28日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)で「財政」が議題となることを見越し、華々しく外交デビューしたいとの思惑からだ。支持率のV字回復で、増税を掲げても乗り切れるとみたようだが、その後、反発は強まっている。世論を読み違えた首相は“言い訳”に躍起だ。


 首相はカナダ・トロントでの27日(日本時間28日)の記者会見で、G20や主要国首脳会議(ムスコカ・サミット)について「財政再建と成長の両立が一番の中心課題だった。リードというか、大きな方向性について意見を述べ、皆さんの参考にしてもらった」と、日本主導をアピールした。


 だが国内では10%発言で負担増が先行する印象が強まり、民主党の勢いにブレーキがかかった。


 首相は26日、税率の争点化を報道のせいにし、仙谷由人官房長官も28日、「10%に上げるとの報道に傾斜している」、枝野幸男民主党幹事長も「参院選後すぐ消費税を上げるとの誤解がある」と、それぞれ懸命に火消しに努めている。


 「1998(平成10)年の参院選では最後の2日間で民主党が逆転し、橋本龍太郎首相の退陣に至った」


 首相は17日、参院選の公認証交付式で12年前の参院選を例に陣営の引き締めを呼びかけたが、10年参院選の自民党大敗の原因は首相らが恒久減税に関する発言を二転三転させたことだった。今回も同じ結果にならないという保証はない。


 


 確か菅サン、増税すれば経済復活・大発展とか言ってなかったかなあ?サミットで大々的に自身の新経済理論を高らかに宣言するハズが、何やら足元で崩壊しているようですが。鳩山ですら半分バカだから仕方無いけど、自分の考えだけは周囲の状況度外視して連呼し続けた根性はあったのに、この菅の慌てぶりというか、ブレぶりは酷い。菅を現実主義者だマキャナントカだとかえらく美化して評価する人がいるけど、そうなのかなあ?ただ短に、権力にしがみつく為ならなんでもする節操の無い小人なだけでしょう。民主党って本当に選挙に勝ちたいだけで、中身がないんだね。


 


小沢氏、首相・執行部を猛烈批判「対決宣言」 参院選後の主導権ねらう?


菅直人首相の消費税増税発言をきっかけに、民主党の小沢一郎前幹事長が批判を強めている。その怒りは首相が消費税発言をトーンダウンさせた後もおさまる気配がない。背景には、消費税問題で与党の過半数確保が難しくなったことへのいらだちに加え、参院選後の党代表選や内閣改造をにらんだ思惑もありそうだ。このままでは、参院選で有権者は首相と小沢氏のどちらを信じて投票していいのか分からない。小沢氏は28日には「私が約束を実現したい」と、菅体制への“対決宣言”にまで、発言をエスカレートさせた。(坂井広志、原川貴郎)


 


こういう時代遅れの長老政治は止めてくれないかね、見てて恥ずかしい。表向き世論調査にびっくりして消費税取り下げたって事になっているけど、実際は菅が自分自身の判断で戦略を変えたんじゃなくて、党内の参院議員やいろんな人から圧力を受けて、言い辛くなってきたっていうのが真実じゃ。結局鳩山に続いて菅直人もお飾りのリーダーシップで、民主党特有の派閥政治の力学で動いている首相という事なんですね。しかし小沢の支持者の人は、財源はどうするの?ってなんで聞かないのかなあ??不思議。


 


中国人48人が来日直後に生活保護申請 大阪市、受給32人


 


夕方のニュースで観てあきれた・・・・・・。窓口の役人は何してるんだろう?一組の帰国残留孤児姉妹に数十人の家族って。いくらなんでも異常でしょう。


 


 


にほんブログ村 民主党の非民主的一党独裁政治を批判します


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-29 23:53 | 民主党批判(短)

TV・勝谷・大谷の口から消えた推定無罪の原則 / ついに始まった菅隠し ほか

【大相撲野球賭博】大嶽親方と琴光喜を追放へ 相撲協会、調査委勧告受け入れ


 大相撲の賭博問題で、日本相撲協会は28日午後に東京・両国国技館で開いた臨時理事会で、外部有識者による特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)の勧告を受け入れ、大嶽親方元関脇貴闘力)と大関琴光喜関を除名または解雇、時津風親方元幕内時津海)を降格以上の処分とする方針を固めた。7月4日の臨時理事会で最終決定する。


 


 相撲界や賭博力士を擁護するつもりはさらさら無い。けれども最近のTVやコメンテーターがどうにもおかしい。小沢一郎の疑惑の時にあれだけ推定無罪だの、検察の陰謀だのと言っていた連中が、躍起になって推論だけで相撲界の疑惑を追及して、あげくに膿を全部出せだの、NHKは放映するなだの、名古屋場所は中止しろだのと、自身らが否定し続けた言論ファシズムを煽って回っている。 繰り返すが、高額の野球賭博に手を染めた人間には同情するつもりは無い。けれども現時点で判明している事実以上に、暴力団が関与だとか、あげくに暴力団によって勝敗まで左右されているとまで結論付ける根拠は何なんだろう?(まあ実際は関与してたんだろうけど)


 


 日本を実質的に支配する与党の実力者には、権力監視の原則を無視し、あらゆる批判を封殺するのに、練習に励む純真な若い力士も沢山いる名古屋場所を中止しろと毎日叫び続ける。ちょっとバランスが変過ぎないか?自分は賭博力士だけ全員辞めればいいと思うが、関係無い力士はたとえテント張ってでもやらせて挙げたい。


 


 大谷・勝谷、この両人は共に名古屋場所止めろ、NHK放映するなと似たり寄ったりな発言を連呼している。お前らが民主党の疑惑の時にどんな発言をしていたか、ビデオを見せてやりたい。


 


民主党が一転して「消費税」争点隠しへ みんなの党に秋波?


参院選の最大の争点に浮上した消費税増税について、菅直人首相が発言をトーンダウンするなど民主党が「争点隠し」に躍起となっている。「消費税率10%」に言及した首相の発言後、世論調査で内閣支持率が下落し参院選への影響が出始めているためだ。


 「私は(各党に消費税の議論を)呼びかけると申し上げたが、皆さんが書いている見出しだけ読むと書いていない。もうちょっと正確に言ってほしい」


 菅首相はカナダ・トロントでの同行記者団との懇談で報道に八つ当たりした。


 消費税増税論議を参院選で掲げようとしたのは首相自身だが、フジテレビ「新報道2001」の24日調査でも支持率は46・8%と5割を割り込み、1週間前と比べ6・4ポイント下がるなど影響は如実に出ている。民主党の菅首相グループに所属する東京選挙区候補の27日の街頭演説では、こんな発言も飛び出した。


 「参院選は消費税が争点ではない。争点になるなら次の衆院選だ。参院選は政治行政の改革を民主党にやれということを表していただく選挙だ」


 この候補の応援に駆けつけた枝野幸男幹事長も消費税に触れることはなかった。最近、枝野氏が街頭演説などで直接「消費税」の文言に言及することはほとんどない。


 


菅首相ぽつん、外交苦手克服へ準備したのに…


 就任3週間となる菅首相が、25日に開幕した主要8か国(G8)首脳会議(サミット)で外交デビューを果たした。これまでの政治生活で海外との接点が少なかっただけに、首相は周到な準備で国際舞台に臨んだが、さっそく「新参者」の悲哀も味わっているようだ。


 ◆溶け込めない◆


 25日昼下がり、サミット会場のリゾートホテルの庭で、それは起きた。


 集合写真の撮影を終えたG8首脳らは、オバマ米大統領らを中心に談笑を始めた。ところが首相は一人だけ輪に入れず、笑みを浮かべてぽつねんと立ち尽くすだけ。首相同様、今回がサミット初参加のキャメロン英首相がすんなり溶け込んだのに対し、菅首相は言葉の壁などもあって一歩踏み出せなかったようだ。


 首相就任にあたって自ら「外交的発言が少ない」と認めたように、首相には「外交は苦手」(周辺)という意識があるという。最近の首相経験者が小泉純一郎、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫の各氏とも、留学や海外生活を経験して外国人の知人も多く、外交問題に一家言あったのとは対照的だ。


 


 「自民党の戦術を封じる、菅直人の素晴らしい計略」こう言い続けたコメンテーター達は今どこに? 自民党の消費税10%について、選挙に負けるだけのダメな公約と批判している人間がいるが、逆を考えよう。もし自民党が消費税を言わなければ、責任政党としての資質が無いと、マスコミに散々叩かれただろう。 しかし菅直人のB級ぶりがこうも早く露呈してくるとは自分も考えなかった。絶対ブレ無いと言っていた消費税について、どんどんトーンダウン。あげくに議論すると言っているだけと言い訳している。さらに大失敗に終わった外交デビューも情け無い。写真撮影でウロウロ、英語が話せず会話についていけない、さらにスピーチで言い間違い連発、あげくに中国を招きいれようと発言して、全員から無視される・・・、ことここに至って、TVマスコミが菅直人に触れないよう、隠そう隠そうとしているように感じる。


 


参院選情勢が激変 民主“菅効果”消え苦戦…各紙報道


7・11参院選の情勢が激変している。報道各社の序盤調査で、民主党が苦戦を強いられているのだ。劇的な「鳩山退陣・小沢切り」で、内閣支持率のV字回復を果たした菅直人首相(63)だが、消費税増税をアピールしたためか、急速に支持を失っているようだ。zakzak

 


 各社選挙情勢分析が発表された。会社による微妙な差はあれ、全てを見て総合して感じるのは民主党の大勝利は無いという情勢だ。民主党が有利と予想する会社のですら、以前の支持率V字回復時に予想された単独過半数に微妙な位置にある。しかしまだまだ油断はできない。これまでのマスコミが民主党を持ち上げる事で、アナウンス効果を期待していたのに対し、今回は逆アナウンス効果で票の復活を狙っているかもしれない。しかし今回は消費税を菅がぶち上げた時点で、報道がWカップと相撲に占拠されたのが、逆に民主党に不利に働いているように感じる。世論調査で消費税増税に賛成と反対が各社で矛盾した結果が出るのは、表面的な答えと、本心の違いだと思われる。誰も本心で増税を喜ぶ人はいないだろう。


 


 


にほんブログ村 民主党の非民主的一党独裁政治を批判します


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-28 21:17 | 民主党批判(短)

民主が勝っても負けても小沢が復活というのは嘘だと思います。 ほか

TVを見ていると


 


「参院選で民主党が大勝すると、小沢元幹事長の選挙戦略が成功したって事で、9月の党首戦で小沢自身か小沢の息のかかった議員が立候補してきて、大多数の小沢派議員を使って権力を回復するし、逆に参院選で民主党が敗北すると、菅内閣の責任って事で菅内閣は退陣し、やはり党首選で小沢派閥が返り咲く。つまり民主が勝っても負けても小沢が復活するので、どこに投票したら良いのかわからない。」


 


別パターン


 


「 ・・・逆に参院選で民主党が敗北すると、他党との連立が必要となってくるから、公明やその他の党とパイプがある、豪腕の小沢の力がまた必要になってきて、やはり小沢派閥が復活する。」


 


などと言っている者が結構いた。


 


それって本当かなあ?その上途中から論法がなんかおかしくなってないかなあ??


 


普通に考えて民主党が敗北したら小沢復活どころの騒ぎじゃないと思うのだが。


 


そもそも小沢鳩山体制で10%台まで支持率が落ちたから政権の投げ出しが起きたのに、菅が衆院選を差し置いて、国民の審判とうそぶく選挙で敗北して、民主党自身が国民から否定された上、政権投げ出しの原因となった小沢体制が復活するなんて、それは絶対に国民が許さないだろうと思う。少なくとも無理やり小沢が返り咲いても、ご祝儀相場どころじゃない支持率からの出発になるだろうと思う。ましてやそんな状態の民主党と新連立を組む野党はいないと信じたい。


 


逆に参院選で民主党が勝った場合の方が、小沢復活の危険性が高いに決まっていると思う。存在するかどうか不明だけど、菅直人の支持者は民主党が勝利すれば、菅直人の権力基盤が強化されて、小沢の復活は無くなる・・などと思っているのだろうけど、それは全くの逆で、小沢が擁立した二人目の女性候補者達が当選しようものなら、それこそ国会運営で常に最大派閥の小沢派のご機嫌を伺わなければいけなくなる。今の時点で証人喚問とかを開く気が無いのが小沢派閥への腰の引け具合を証明していると思う。最近では「反小沢の考えは5パーセントくらい」とか、よくわからない事をいい出したし、あまりにも第二自民的な政策が旧来の小沢信者や民主支持者に嫌悪され始めた事を菅も意識し始めたんだろう。菅直人のマスコミ対応の拙劣ぶりや、国会運営の下手さぶりを見ると、参院選の結果に関わらず、次の国会は大変な状態になると思うぞ。


 


それよりも不可解なのは、最近急にコメンテーター達が「どこに入れたら良いかわからない。」とやたら強調する事だろうか。


 


少し前までのみんなの党擁護一辺倒の発言が嘘のように、最終的には民主一択であるかのような誘導を感じる。


 


そもそも健康食品のCMでは「利用者の個人的感想です。」などと強調するように、TV出演者の発言は観ている者を誘導する力があるのはみんなが承知のはずなのに、TVコメンテーター達が「どこに入れたらいいかわからない。」と連呼する事は、それだけで客観的な報道とは思えない。視聴者はコメンテーターの個人的感想なんかどうでも良くて、各党や各候補者の政策だとか発言だとかを一秒でも多く見せたほうが、観てるものの利益に繋がると思うのだけど。


 


 


たちあがれ、演説ルールめぐり民主と衝突…参院選公示


第22回参院選(7月11日投開票)が24日、公示され、17日間の選挙戦がスタートした。都内では、たちあがれ日本が演説ルールをめぐり、民主党と衝突するトラブルが発生。たちあがれの与謝野馨共同代表(71)が民主党・末松義規衆院議員(53)に胸ぐらをつかまれるなど、激しい口論に発展した。


 もうめちゃくちゃ。しかし相変わらずTVじゃ報道されない。ワールドカップで敵陣営を応援する村とか放映してる時間あったら、これくらい報道したら?


 


改選議席割れでも続投=菅首相「すぐにあきらめず」


菅直人首相は24日夜のNHK番組で、参院選の獲得目標議席について「現有議席が54議席なので、それを超えるのが目標」と改めて強調した。その上で、改選54議席を下回った場合の責任問題に関し「すぐにあきらめてしまうことは全く考えていない」と述べ、辞任する考えのないことを表明した。首相が、目標議席に届かなくても続投する意向を示したのは初めて。

 国民新党と合わせた与党で参院の過半数を維持できなかった場合の対応については、「やはり多くの政党、政治家と、どうすればしっかりした政策実現ができるか話し合うことが必要だ」と述べ、新たな政党間連携や政策ごとの「部分連合」を模索する姿勢を示した。


 野党時代「首相の政権たらい回し反対!すぐさま衆院選しろ!」


 ↓


 鳩山辞任後「首相交代してもまだ民主党に国民の期待ある!」


 ↓


 参院選前「衆院選しなくとも、参院選が国民の信を問う事になる!」


 ↓


 参院選開始後「目標下回っても辞任しない!」


 


・・・じゃあ菅の「参院選勝つ自信が無いから解散しろって言うのだろ!」という発言も口からでまかせですか?


 


【参院選公示】小沢氏は消費税増税に慎重「前首相も当面消費税は上げないといってたんじゃ」


民主党の小沢一郎幹事長は24日午後、消費税増税参院選の争点となっていることについて、「3年前の参議院選挙も、去年の総選挙も、行政や予算の無駄を徹底的に省いても財源がどうしても不足してるちゅうときは、消費税の論議もしなくてはならない、というのがわれわれの主張だった。鳩山(由紀夫)前首相も当面消費税は上げないというお話をなさっておられたんじゃないか。私(の主張)は変わってません」と述べた。菅直人首相が提起した消費税増税に否定的な考えを示したものだ。


 遊説先の山梨県身延町で記者団の質問に答えた。


 小沢は沖縄の普天間基地で米国の言いなりになる事を拒否し、消費税でも最初のマニフェストどおり4年間は議論しないという事を守れと言う・・・一瞬だが小沢の方が「正しい」と騙される人もいるんだろうか?


この小沢の発言こそ根拠無き大本営発想であって、憲法論議や防衛戦略無き対等な日米関係は無いし、増税も財源も無いバラマキもありえない。菅直人の手法はどうあれ、バラマキ続けるには増税しなきゃというのは一応理屈は通っている。(←もちろん民主党の全政策に反対ですよ) 小沢一郎がやっている事は、おじいちゃんおばあちゃんが孫を徹底的に甘やかしているような物で、自分に責任が無いから相手の事なんて考えずに、人気取りで適当な事を言っているに過ぎない。(繰り返すけど別に菅直人も正しく無いから。)


 


 


にほんブログ村 民主党の非民主的一党独裁政治を批判します


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-25 21:11 | 民主党批判(短)

「中国人向けビザを緩和」/「反対」が9割近く ほか

「中国人向けビザを緩和」/「反対」が9割近く


 


今回のテーマ「中国人向けビザを緩和」について、22日までに4325人(男性2799人、女性1526人)から回答がありました。「ビザ発給要件の緩和に反対」が9割近くに上り、「観光地や商業施設の活性化につながる」が3割弱、「治安の悪化が心配」は9割を超えました。


      ◇


 (1)ビザ発給要件の緩和に賛成か


 YES→11%、NO→89%


 (2)観光地や商業施設の活性化につながると思うか


 YES→24%、NO→76%


 (3)治安の悪化が心配か


 YES→94%、NO→6%


      ◇


 ◯消費力に期待


 愛媛・男性会社員(26)「日本の経済状況を考えると、非常に心苦しいが外貨獲得のため“パンドラの箱”を開けることをためらってはならない。また、優秀な在日中国人を雇って観光ガイド役として活躍してもらうといった柔軟な発想が必要なのでは」


 神奈川・男性無職(65)「商店などが元気になり日本が明るくなれば自信を取り戻し、いい方向に行くのでは。若干の治安悪化はしようがない」


 新潟・男性自営業(61)「日本をもっと多くの中国人に知ってもらうべきだ」


 神奈川・男性団体職員(67)「日本は人口減で成長は期待できない。元気の良い中国人に大勢来てもらって消費をしてほしい。多少問題が起きるかもしれないがやむを得ない」


 千葉・男性会社員(56)「緩和に賛成だが、野放図に緩和することは厳に慎むべきだ。活性化は二次的な副産物ぐらいに考えた方がよいのでは」


 


 ●治安悪化に不安


 神奈川・男性会社員(35)「不正入国の増加と治安の悪化、マナーの欠落からメリットは全くない」


 大阪・女性会社員(63)「ホテル・デパートなど、飲食できない所で中国語で大きな声で話しながら座り込んで食べているのを見かける。富裕層ならマナーも身につけてほしい」


 岡山・女性会社員(35)「民主党はなぜ国民に支持されたかを全く分かっていない。国民は中国人のビザ発給要件の緩和に手をつけてほしくて政権交代を望んだのではない。それより拉致解決の方が優先だろう」


 台湾在住・男性自由業(63)「外国人の流入によって困っている国はたくさんある。日本が日本でなくなる」


 東京・男性公務員(31)「一時的な経済効果を求めて、安易にビザ発給制限を緩和するなどあり得ない。不法滞在や不良外国人による犯罪を助長するだけで、無益な政策決定。現政権の媚中(びちゆう)外交ぶりを物語っている」


 兵庫・男性会社員(51)「安易な融和は犯罪を激増させることにつながる。中国に対しては、もっとビザの発給を厳しくした方がいいぐらいだ」


 京都・男性会社員(63)「観光地が活性化されたとしても一時的なもの。長期的に見れば、中国人によるマナーの悪さに他国の一般観光客が敬遠して寄り付かなくなる」


      ◇


 【中国人向けビザ緩和】 中国人の訪日観光は平成12年から団体旅行の形でスタート。昨年7月には富裕層に限った個人旅行が解禁された。今回のさらなる要件緩和について外務省は詳細を明らかにしていないが、従来の年収25万元(約340万円)程度から、同10万元程度まで引き下げられ、対象者は、これまでの約10倍にあたる約1600万世帯に広がる見通し。今回の緩和で本人だけでなく妻や家族にもビザが発給される。


 


 


こういう調査は産経ならではで嬉しいのだけど、産経は発行部数少ないのが難点なんだよね・・・。


 


 


 


【参院選公示】石原都知事が激怒、演説中の「白真勲コール」に「日本人ならルールを守れ!!」


 


「日本人ならルールを守れ!!」


 都内で行われたたちあがれ日本の参院選第一声の際、“応援団長”として演説をしていた石原慎太郎・東京都知事が激怒する場面があった。演説中に近くで民主党比例代表候補の白真勲氏に対する「白真勲コール」を聞かされたためだ。


 新宿駅西口の小田急百貨店前で24日午前11時すぎ、たちあがれが演説を開始した。ところが、与謝野馨共同代表の演説中に、100メートルも離れていない京王百貨店前に白真勲氏の宣伝カーが止まり、鈴木寛文部科学副大臣らが演説を始めた。


 与謝野氏は演説を終えると、すぐさま白氏の宣伝カーに直行、「公党間の約束で決めた場所に勝手に入ってくるな」と白陣営に抗議した。鈴木氏らは一時演説を中断させたが「公道でやるのだから自由だ」と拒否し、結局演説を強行した。


 与謝野氏はその後、怒りを抑えきれないまま、記者団らに「政治生活でこんな選挙妨害をされたのは初めてだ。これこそ民主党の姿だ」。


 小田急百貨店前では共産党、たちあがれ、公明党の順で街頭演説をすることになっていた。


 


まさに民主党の汚いやり方。多分強く抗議されたら差別だなんだと騒ぎだすんだろう。


 


 


【郵便不正】厚労省元係長公判 村木被告の指示「記憶にない」 大阪地裁


 


障害者団体向け割引郵便制度をめぐり偽の証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元係長、上村勉被告(40)の第5回公判が24日、大阪地裁(横田信之裁判長)で開かれ、厚労省の元課長補佐(61)らの証人尋問が行われた。


 凛(りん)の会への証明書発行に関する石井一参院議員からの依頼を、元局長の村木厚子被告(54)=公判中=の指示で社会参加推進室に取り次いだとする供述調書について、元課長補佐は「記憶になかった」と証言した。


 このうえで、『周りの人がはっきり証言している。間違いない』『凛の会元会長があなたの名刺を持っている』と検事に言われ、ありうるのかと思いサインした」と経緯を説明。「実際は、元会長が名刺を持っていた証拠がないことは村木被告の公判開始後に知らされた」と証言した。


 


 


この事件、民主党のゲシュタポ達が騒がないのが逆に怪しい。政権交代した途端に検察の創作って事になったのがタイミング良すぎる。権力者側の犯罪は、検察は悪ってイメージでなんでも罪を隠せる時代だとしたら凄く怖い。


 


 


 


ちょっとよくわからないんだけど、ネット選挙解禁の場合、それにともなって誹謗中傷まで厳しくチェックされるって話だったと思うんだけど、国会の強行閉会で参院選のネット選挙は間に合わなかったはずだから、法律的にはこれまで通りのハズなんだけど、なんだか急に政治ブログ関連で自主規制が厳しくなっているような気がする。ネット選挙は未解禁なのに、規制だけ自主的に厳しくなるって変じゃないか?


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-24 21:57 | 民主党批判(短)

青山がズバリ感想「青山氏大好きまた出た大連立、その時ヤマヒロが光った」ほか

青山がズバリ感想「青山氏大好きまた出た大連立、その時ヤマヒロが光った」


 


 


 


青山がズバリ・・・青山氏は立派な方だと思うし、日本で唯一に近いまともな報道番組だと思うけど、時々「あれ?」と思うことをいい出すのも事実。


 


確か「たちあがれ日本」が結党したときも、小沢と与謝野の関係を引き合いに出して割りと肯定的に大連立の話をされていたような気がする。


 


それで今回もまさに社民党のミズホが批判するような手法で、自民と民主で消費税大連立の可能性を、どちらかと言えば、いつものテンションとか表情とかと比べれば、肯定的に話されていた。今度は小沢抜きで菅主導でってことで若干昔とは内容が違っていたが。


 


自分は選挙前に政党が連立しますよって国民に知らせて選挙するのは許せるけど、選挙後に情勢次第で連立するとかは、まさに常に青山さんがおっしゃる国民を愚弄する事だと思うのですが・・・。


 


しかも菅の手法を巧みな戦術と分析するのは、常に自分が批判するタイプのおかしな政治コメンテーターと同じ目線なので閉口した。いつもの筋道とかを重要視するスタンスと少しかけ離れていて、何か大連立の時だけ目が輝くのが残念。(こういう点だけ見ても、青山さんを自民提灯記者と批判するのがいかに間違った批判かわかろうと言うもの)


 


まあ青山さんと言えば北朝鮮の金がフランスに亡命するとかいい出して誤報だった事件もあるので、青山さんも間違うこともあるかと言う事になって欲しい。


 


それにくらべて逆に光った(あらゆる意味で)のがヤマヒロさん。最近は明確に民主党に批判的で、国会でまともに説明責任も果たさず、なし崩し的に消費税論議に持ち込む菅と民主のやり方は筋道としておかしいと主張されていて、やんわりと青山さんに反論していて燃えた。仲良くしてね^^(別に仲たがいしてないって)


 


 


人権委員会、内閣府に設置=報道機関の取材規制せず―法相方針


 


千葉景子法相は22日午前の閣議後の記者会見で、差別や人権侵害の調査・指導を行う人権救済機関の在り方に関し、「人権委員会」を内閣府に設置するとの方針を明らかにした。政務三役の協議を踏まえたもので、犯罪被害者らに対する報道機関の取材規制は行わないともしている。法務省は、同委員会を外局にするかどうかなどを内閣府と調整した上で、人権救済機関設置法案(仮称)の早期取りまとめを目指す。


 


いよいよ出てきたね。


 


 


消費増税「早くて2、3年後」=税率10%は公約、決定前に衆院選―首相


 


菅直人首相は21日午後、国会閉幕を受けて首相官邸で記者会見し、消費税を含む税制抜本改革の進め方について「参院選が終わった中で本格的な議論をスタートさせたい」と述べ、7月の参院選後に超党派で議論に入りたいとの考えを表明した。その上で、税率引き上げの時期について「よほど早くても2年、3年、あるいはもう少しかかるのではないか」との見通しを明らかにした。

 自民党が提案した「消費税率10%」については「一つの大きな参考にしたい」と強調した上で、「そのこと自体は公約と受け止めてもらって結構だ」と言明。民主党の参院選公約と位置付けた。また、「大きな税制改革をするときには、まとまった段階で国民に判断する機会を持ってもらうことは必要だ」と述べ、消費税引き上げ前に、衆院を解散して国民の信を問う考えを示した。

 低所得者ほど負担感が増す逆進性緩和のための措置に関しては、複数税率導入の場合は税額計算のためのインボイス、還付金支給なら納税者番号制が必要になるとし、「番号制の実現には2年、3年の時間が必要になる」と指摘。「参院選が終わったらすぐに引き上げるというメッセージが国民に伝わっているとすれば、全く間違いだ」と語った。


 


確か最初「今年度にも」って言ってなかったでしょうか?それからどんどん内容が変化してて、まさに第二の普天間になっているような。もし本当に2,3年後ならばそれまでの予算は本当に今年度を越えない範囲でできるのか凄く疑問。


 


民主40点、自民41点 参院選公約を6団体採点


 


(本文略)


 


これ、凄く小さいニュースの扱いで、扱っている物も必死に意味が無い事的にスルーしようとしているけど、衆院選前は民主党のマニフェスト評価が自民党を圧倒してた訳だから、大逆転したのは本当は大ニュースのはずなんだけど。しかも民主党に勝ちを与えたのは支持母体の連合だけって、事実上の民主の完全敗北でしょう。政策で決めたいとかマスコミは言うけど、いざ政策で決める時期に来ると、途端にノリピーローテーションで野球賭博とW杯ばかり。ちなみにちゃんと自民が4勝一敗一分けと書いているニュースもあったが、大抵の記事が何か民主と自民が五分五分の評価でどっちもどっちに引き込もうとしているのが大半だった。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-23 22:14 | 民主党批判(短)

朝の首相取材、禁止を通告=「どうせ答えないので」ほか

朝の首相取材、禁止を通告=「どうせ答えないので」


 


菅直人首相は22日までに、新聞、通信、放送各社で構成する内閣記者会に、朝の首相公邸前での首相への「ぶら下がり」取材を今後許可しないと秘書官を通じて通告した。理由については、「(記者団の質問に首相は)どうせ答えないので」としている。

 これに対し、記者会側は同日、対応を協議。取材ルールの変更を一方的に通告してきたことは遺憾だとして、事務方ではなく官邸に常駐する正副官房長官ら政治家が直接、記者会に説明するよう求める方針を決めた。

 菅内閣は発足直後の9日、首相へのぶら下がり取材を従来の1日2回から1回に減らし、代わりに記者会見を月1回行うと提案した。記者会は理由を文書で示すよう求めているが、首相側は回答していない。 


 


小泉首相が始め、歴代自民政権が止めたら叩かれると思っていやいや続けていたぶら下がり。結局最も自民を批判し、オープンな政治を標榜する民主が終止符を打った。やっぱりか。上杉某はこれも涙を流して賞賛するのか?


 


「脱小沢」は5%ぐらい=菅首相


 


 「『脱小沢』を考えた要素はゼロといったら言い過ぎかもしれないが、ほとんどありません」。菅直人首相は22日の党首討論会で、先の閣僚・民主党役員人事について質問され、小沢一郎前幹事長の影響力排除が狙いとの見方をまずは打ち消した。

 同時に、小沢氏については「大変学ぶべき点が多い」と褒めたたえ、小沢氏が廃止した党政調会長ポストを復活させたことも、「別に『脱何とか』のために復活したのではない」と強調した。

 もっとも最後は、「『脱小沢』を考えて進めたのは本当のところ、あったとしても5%ぐらいだ」と述べ、ちらりと本音をのぞかせた。


 


重要なのは、自党の政治と金問題をどこまで真剣に取り組むかという事。そういう点で国民の目から小沢を隠しただけで、小沢の問題に切り込む事での党のダメージを恐れて小沢批判を控えているだけ。つまりこれも党利党略。国民を騙して、小沢から主導権さえ取れれば、後は別になんでもいいというのが本心。野党時代の批判基準なんてとうに忘れたのだろう。小沢への尊敬てのも平安時代に政敵を倒したら、あとからやたら豪華な神社建てて、祟りを防ぐのと同じ。


 


消費増税分の還付有力と枝野氏 低所得者の負担軽減策


民主党の枝野幸男幹事長は22日夜、埼玉県入間市で講演し、消費税率を引き上げた場合の低所得者の負担軽減策について「いまのところ一番良さそうなのは、5%分を返す。そうすれば払わなかったのと同じになる」と述べ、増税分を全額還付する案が有力との見方を示した。税率を10%に上げた場合、5%分を差し引けば負担は現状と同じで理解が得られやすいとの考えとみられる。

 菅直人首相も消費税の逆進性緩和のため、税金還付の仕組みなどを検討する意向を示している。還付対象となる年収額や方式について枝野氏は言及しなかったが、所得税を納めている場合には減税し、納めていなければ現金を支給する「給付付き税額控除」が想定されている。

 講演で枝野氏は、消費税を含む税制の抜本改革の進め方に関し「国民に分かるように議論しようと思ったら、2、3年はかかる。次の衆院選までは徹底して無駄の削減を行う」と強調。「衆院選で国民に諮るとすれば、そろそろ議論するのは当たり前だ」と理解を求めた。


 


なんか某スーパーかなんかで、計算ミス分を全額返すとか言ったら茶髪の怪しいのが行列を成して金を要求したっていう事件を思い出すなあ。結局検証しようが無いのでお店はお金を払ったらしいが、この還付金てどんな複雑な仕組みが必要なんだろう?これも形を変えたバラマキ政策なのではないかな?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-23 21:43 | 民主党批判(短)

普天間問題 「ヘリ空母」に訓練移転案…鳩山前首相明かす 普天間移設、強引に進めない=菅首相

普天間問題 「ヘリ空母」に訓練移転案…鳩山前首相明かす


 


米軍普天間飛行場(沖縄県)移設問題で、鳩山由紀夫前首相が米海兵隊訓練の県外移転案として、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」(基準排水量1万3950トン、全長197メートル、横須賀基地所属)を活用する洋上訓練案を検討していたことが分かった。前首相が毎日新聞に明らかにした。沖縄の負担軽減策として日米両政府が合意した全国への訓練分散移転の一環。ただ、防衛省が難色を示し、実現のめどはたっていない。


 


これ凄く勘違いされやすい事なんですが、ヘリ空母が4隻あったら(現在は全通甲板のヘリ空母は4隻も無いけど)、沢山あるから訓練に使えるじゃん!と思いがちだけど、実際には4個護衛艦隊の中核として一隻ずつ配備されていて、その4個護衛艦隊というのが、訓練とか整備とか隊員の休息とかも考慮されて、ローテーションを組む為に4個の艦隊がある訳(有事は別)なので、実際にヘリで米軍の訓練なんてしよう物なら、訓練専用のヘリ空母を新規に調達しなきゃならない。費用の面、建造にかかる時間の問題から非現実的。(まあ隊員の疲労や、訓練に使用し続ける事での本来の防衛任務の穴とか全部度外視すれば大丈夫ですが、それこそ本末転倒。)


 


しかもこれ、たかじん委員会でなんとか氏が、次世代のさらに大型ヘリ空母での運用を発表されてたけど、それは一種のギャグであって、それを一国の首相が本気でパクったとしたらそれはかなり怖い。(まあパクリは根拠が無いが)


 


 


普天間移設、強引に進めない=菅首相


 


菅直人首相は22日午後の党首討論会で、米軍普天間飛行場の移設問題に関し、「沖縄の人々の理解がない中で例えば特別措置法を作るなど、強引に推し進めるのはいいこととは思えない」と述べ、地元の意向を踏まえて対応する考えを示した。


 


どゆことですか?


 


心を鬼にして日米合意を履行する訳でもなく、アメリカには現実的と嘘をつき、国内選挙向けにはいきなり沖縄票目当てですか?


 


2枚舌外交まで鳩山から継承ですか?


 


それよりもそもそもの普天間危険回避はどうなるんですか?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-22 23:08 | 民主党批判(短)

公務員退職管理:「現役の天下り」を容認 改革に逆行

公務員退職管理:「現役の天下り」を容認 改革に逆行


 


政府が策定中の国家公務員の出向や再就職の指針などを盛り込んだ「国家公務員退職管理基本方針」の全容が21日、明らかになった。近く閣議決定する。毎日新聞が入手した原案によると、官庁人事の停滞回避や、公共部門での知見の活用を根拠に、独立行政法人などに公務員が出向する「現役の天下り」を容認。次官や局長レースに敗れた高級幹部の受け皿として上級の「専門スタッフ職」を新設するなど公務員に手厚い内容となっている。【三沢耕平】


 政府関係者は「公務員に定年まで能力を発揮してもらうため」と説明。退職後の官僚OBが特殊法人や独法などに天下りを重ねる「渡り」などとは違う点を強調する。


 しかし、民主党は昨夏の衆院選マニフェスト(政権公約)などで官僚の天下り根絶など公務員制度改革をアピール。官僚OBの天下りに加え、各省庁の既得権の温存などにつながりかねない現役官僚の政府系機関への出向なども厳しく制限する方針を示してきた。それだけに、従来の改革姿勢に逆行するような菅政権の「基本方針」に批判も出そうだ。


 「基本方針」は、現役官僚の独法や特殊法人などへの出向を「法人側のニーズがあること」を条件に容認。鳩山前政権は昨年末、独法の役員ポストへの天下りを原則禁止し公募で選ぶ方針を決めたが、今回は「(省庁からの現役)出向の場合、公募の対象にしないことができる」と明記。さらに、政策に関する調査や研究に限って認められている公益法人への現役官僚の出向についても「公共性が高い法人」を前提に拡充する。


 一方、次官や局長コースから外れたキャリア官僚に対する早期退職勧奨(肩たたき)について、民主党は昨夏の衆院選で「禁止」を打ち出した。しかし、「基本方針」は、国家公務員の総人件費抑制を優先し、各省庁が再就職のあっせんを行わないことを条件に「肩たたき」を認めることにした。


 


最も宣伝効果の高い郵政ですら天下りを容認した時点でこうなる事は分かっていた。これを支持者はどう言い訳するのだろうか?


 



蓮舫氏「事業仕分けの結果、党がまとめない」と不満表明


2010.5.26 11:10


行政刷新会議の事業仕分けで「仕分け人」を務めた民主党の蓮舫参院議員は26日午前、党参院議員総会で「事業仕分けの結果を、党がまとめない」として、参院選が迫る中、事業仕分けをアピールする党の努力が不十分だと不満を表明した。


 蓮舫氏は、「事業仕分けで税金の浪費を徹底的にあぶった材料があるが、党からどうやってまとめればいいかという相談が一つもない。材料があるのにそれが生かされないのは絶対おかしい」と指摘した。


 蓮舫氏は「政調(党政策調査会)がなくなり、まとめてくれる人が誰もいない。材料は全部提供する。早々にやって新人、改選組、全員に材料を提供してほしい」と述べた。


 


レンホーはもちろん抵抗しますよね?大臣になったことだし。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-22 22:50 | 民主党批判(短)

菅内閣支持率急落 「NHK世調 内閣支持率49%」

NHK世調 内閣支持率49%


 


NHKが行った世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、先週の調査より12ポイント下がって49%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は6ポイント上がって29%でした。


NHKは、今月18日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかけるRDDという方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2366人で、このうちの65%に当たる1541人から回答を得ました。それによりますと、菅内閣を▽「支持する」と答えた人は、先週の調査より12ポイント下がって49%だったのに対し、▽「支持しない」と答えた人は6ポイント上がって29%でした。また▽「わからない・無回答」は6ポイント上がって22%でした。そして、来月11日に投票が行われる参議院選挙について、どの程度関心があるか聞いたところ、▽「非常に関心がある」が36%、▽「ある程度関心がある」が46%、▽「あまり関心がない」が12%、▽「まったく関心がない」が2%でした。また、参議院選挙の投票に行くかどうか尋ねたところ、▽「必ず行く」が67%、▽「行くつもりでいる」が22%、▽「行くかどうかわからない」が7%、▽「行かない」が3%でした。投票にあたって、最も重視することを質問したところ、▽「年金や医療などの社会保障政策」が28%、▽「景気・雇用対策」が21%、▽「消費税率の引き上げ含む財政再建」が20%などとなりました。参議院選挙の投票にあたって、消費税率を引き上げる問題を考慮するか聞いたところ、▽「大いに考慮する」が18%、▽「ある程度考慮する」が48%、▽「あまり考慮しない」が18%、▽「まったく考慮しない」が8%でした。また、投票にあたって、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題を考慮するか尋ねたところ、▽「大いに考慮する」が17%、▽「ある程度考慮する」が40%、▽「あまり考慮しない」が23%、▽「まったく考慮しない」が9%でした。さらに、投票にあたって、政治とカネの問題を考慮するか質問したところ、▽「大いに考慮する」が38%、▽「ある程度考慮する」が27%、▽「あまり考慮しない」が17%、▽「まったく考慮しない」が10%でした。参議院選挙の結果、議席が増えてほしい政党はどこか聞いたところ、▽民主党が30%、▽自民党が22%、▽公明党が3%、▽共産党が3%、▽社民党が2%、▽みんなの党が5%、▽「特にない」が18%でした。また、参議院選挙の結果、民主党が参議院で単独過半数を占めることは望ましいと思うか尋ねたところ、▽「望ましい」が22%、▽「どちらかといえば望ましい」が25%、▽「どちらかといえば望ましくない」が19%、▽「望ましくない」が23%でした。


 


 


(管理者)


各社世論調査で、いわゆる保守色が強い産経や読売で民主擁護の論評がされ、朝日やNHKで民主に厳しい世論調査結果が出ている。何か不思議なねじれ現象が起こっている。実際現在菅政権が打ち出している政策は全て新自由主義に近い物で、とうとう外国からの融資まで増やすと言い出している。これではまさに「第二自民党」というべき状態で、もし小沢の復活が無ければ、党内を二分しかねない、いわゆる反日法案も国会を通過する事は無いと自分は思っている。


 


がしかし、どんな不確定要素が発生するかも知れず、国会の強行閉会にみられるような、民主主義的手続きを理解していない危険な民主党政権が続く限り、日本の危機は続くだろう。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-06-22 18:57 | 民主党批判(短)