「ほっ」と。キャンペーン

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


確かに保安院は悪だろうが、菅直人はその最高責任者だろが/再生エネ法反対!

まず最初に断っておきますが、保安院は悪とか書くとなにやら反原発人間みたいに思われるのが嫌なのではっきり言っておきます、自分は即座に短期的津波対策が終了した点検済み原発については再稼働をするべきと考えている人間です。


 


では本題に行きますが、なにやら思った通り反原発運動の政治利用が着々と進行しているようです。


 


原水禁大会、フクシマで初開催=脱原発訴え、デモ行進も


広島、長崎の「原爆の日」を前に、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)の世界大会が31日、福島第1原発事故を受けて福島市で初めて開かれ、国内外から約850人が参加した。原発事故による放射能汚染への不安が広がっているとし、原発廃絶を訴えていくとするアピールをまとめた。参加者らは大会に先立ち、市内をデモ行進した。

 大会では、原発から半径20キロ圏内の福島県富岡町に住み、反原発運動を続けてきた市民団体代表の石丸小四郎さん(68)が「放射能によって何の落ち度もない人が全てを放棄し、故郷を去り、子どもまでマスクをして逃げている」と被害の大きさを強調した。

 長崎の被爆者団体やチェルノブイリ原発事故で被災した子どもの支援に取り組むロシアのNGO、ビキニ環礁での水爆実験で被ばくした第五福竜丸の元乗組員も出席した。

 原水禁の川野浩一議長は「原発事故は福島を最後に。ノーモア・フクシマを叫びましょう」と訴えた。


 


今回の福島第一原発事故、大変な悲惨な事態だと思います。けどノーモアフクシマ等、ヒロシマナガサキと同一視する反戦運動まがいの活動にも激しく違和感を感じます。原爆と原発、確かに原料は同じ物ですが、だからと言って反核左翼運動と原発というエネルギー問題とは区別をつけるべきだと思います。しかも今回の事故についてははっきりとどのような経緯でベントのタイミングが遅れたなど、人災的部分の解明も進んでいません。やはり安易な反核運動と結びついた感情的嫌悪はおかしな方向付けだと思います。


 


そしてもう一つは極左テロ内閣の菅による保安院叩きです。自分は原発再稼働容認派ですが、保安院の改革が必要なのはある程度理解します。検察や特捜部改革と違って、保安院なんか解体しようがどうしようが気になりません。やったらいいんじゃないですか?


 


が、それに関して、事故の当事者でもあり拡大の真犯人の可能性もある菅直人が大きな顔をして保安院批判出来る立場なのでしょうか??


 


なにやら「薬害エイズとそっくり」などと他人事のように、なおかつ過去の栄光の二番煎じのようになんとか自分の批判を東電や保安院への批判に振り替えようと必死な菅直人ですが、取りも直さず国家の最終責任者は首相である菅直人なのですから、保安院が悪い、東電が悪いとはシナ列車事故においての、共産党政府による鉄道省への責任転嫁そのものを見るようです。そもそもが、国家的国威発揚の要請から高速列車の無理な発展と高速化を推し進めたのであれば、その責任はやはり国家の最高責任者にあるハズです。オリンピックと高速鉄道はワンセットで現政権の目玉発展課題だったでしょう。それと同じく、二酸化炭素排出25%削減を大きな公約とした民主党のグランドデザインにとって、原発の大推進も目玉政策でした。(シナ列車事故については、鉄道省と現行の政権と、軍事体制をバックに持つ次世代との権力闘争の様相があり、事故批判拡大=民主化とは素直に受け取れないという要素もあるそうですが、話題が違うので置きます。)


 


確かに電車の運行と点検技術は鉄道省の管轄です。それについてのヒューマンエラーには個別の責任が存在するのは当然です。ですが、やはり「早く速く」を目標に結果を無理強いした者こそが最高責任者に当たります。それと同じく、原発の細かな保安院や東電の悪質性の責任があるのは当然ですが、シナ列車と同じく、「運行のゴーサイン」を出した者の責任は免れません。ましてやベント疑惑などで、日本史上最高の人災疑惑のある菅が、「保安院は薬害エイズみたいだ。」などと他人事目線で責任転嫁するとは狂った感覚です。


 


そしてそれを支持する一部のサヨク電波支持者についても同様です。その証拠に、かつて日本で列車がビルに突っ込み、100人以上の方が無くなった痛ましい事故がありましたが、あれについて、運転者と経営者どちらにより重い責任があるかという議論があります。他にも歩道橋圧死事故なども警備担当者と所長などの幹部連中にも罪が及ぶかという議論が続いています。その双方について確か左翼と言われる連中は、当然幹部や社長にもより重い罪があると必死に主張してきていたはずです。


 


しかしながら、広義の意味で言えば、運転者が東電や保安院、経営者が菅内閣と例えた場合、今必死に事故の最高当事者である菅直人を庇おうとするおかしな連中がいるのが理解に苦しみます。先の列車事故や歩道橋事故の時と全く見解が逆転しています。これは検察再審をめぐっての小沢信者の見解の動きと共通していて面白いですが。


 


原発即時再稼働容認派の自分でも安全確保の体制作りには異論はありません。けれどそれは事故の当事者であり最大責任者である菅政権では無理であるし、許されない事です。


 


c0294269_3102940.gif


 


 


再生エネルギー推進者の出す資料もウソばっかり!


孫正義・ソフトバンクの自然エネルギー発電の嘘。全量買取は補助金で、俺達が払う。


 


再生可能エネルギー法案に反対する


 



わざわざいつか辞める菅直人に「辞めて頂く為に」再生エネルギー法無理に通過させる必要なし!


 


じっくり審議しても結果が出ない場合は廃案を!自民党は直近の評価の為に、子孫に禍根を残す法案を通すな!!


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-07-31 21:54 | エネルギー問題原発

菅内閣による「減原発」工程表、発表する権利無く、もちろん反対です

最近は猫も杓子も「将来の脱原発の方向は正しいが」という言葉を菅内閣批判に付けるようになっている。後に続く言葉は「正しいが、菅に言われたくない。」だが。


 


しかし自分にとっては、「将来の脱原発の方向は正しいが」という前置きが非常に押し付けがましく感じる。菅が先の記者会見で発した、「原発は手におえない技術だという事がわかった。」という発言にも激しい反発を覚える。非常に大変な事態ではあるが、福島原発事故も一つの事故・事件として客観視した場合、はっきりとした事故拡大の原因が判明するまでは、原発自体全体の固有の欠陥による事故なのか、それとも関わった政府、人員による原因を持つ人災なのかが特定されてないのに、どうして対処法まで限定されてしまうのか。


 


今現在しきりにシナ高速列車の事故が報道されているが、このシナ列車事故を日本政府は笑えるのか?明らかに人災、操作ミスの疑いが濃い列車事故を、真っ先に落雷による故障と報じ、さらには政府では無く鉄道を管轄する省庁が悪いと責任者を転嫁、限定する事に躍起だ。


 


それと同様に、本来ならば事故の原因を真摯に追求して情報を開示するべき政府が事故直後からひたすら情報を隠し、スピーディーによる飛散予測などが未開示な為に多くの住人が被爆した事は政府も認めている事実じゃないか。そのような信頼に足らない政府・菅内閣がどうして将来数十年に渡ってのグランドデザインに言及できるのか?そんな権利は一切無い。現政府のする事は、将来に禍根を残さないように事件の情報を出来る限り集めて公開する事で、その情報を元に原発に「反対・賛成」するかは後の時代に生きる人間の仕事で、もはや退陣を表明しながら詐欺的に政権にしがみ付く菅テロ内閣の行う事では無い。


 


特に安部内閣における年金批判と、現在の菅内閣と東電、シナ共産党政府と鉄道省の扱いを比べると対照的なのがわかる。安倍政権以前の政権が作り出した年金のほころびについては、あたかも安部政権が作りだしたかのようにマスコミが厚労省では無く安部政権を叩きまくったのに、シナ政府と鉄道省の関係のように、福島原発事故について、マスコミは政府の責任より必死に東電批判に国民の目を向けようとしている気がする。勘違いされないように一応書くが、東電が悪くないなどと言うつもりはさらさら無い。けれど最終責任者は国策で原発を推進し、将来的にはさらなる原発比率を上げるつもりだった民主党政権にあるという事だ。それが途端に「手に負えない技術だとわかったので・・」とは恐れ入る。


 


そしてさらに疑念を感じるのは菅が必死にごり押ししている「埋蔵電力」だ。この埋蔵電力、なにやら鳩山政権時の「腹案」とそっくりな気がしてならない。御用電波側近の御注進に耳を傾け、実情から全くかけ離れた世界を生きるという状態は、鳩山も菅も全く共通しているようだ。


 


そもそもこの埋蔵電力には大きく分けて二種類あると思われる。一つは焼却場などで機構的に本当に勝手に電気が生じてしまうので、活用しない方がもったいない真の意味での「埋蔵」電力と、もうひとつは各種の工場や会社が自努力で燃料などを調達し、自社で使用する為の発電設備を「24時間フル稼働させて」発生させる、無理やりな埋蔵電力だ。はっきり言って後者は埋蔵でも何でも無く、戦時中の金属供出と同様の「国民総動員令」であり、それを期待して原発全停止でもやっていけるなどと言いのけるのは、もはや通常の精神状態とは思えない。


 


原発全停止が国民の完全な総意で、極端な話、明日原発を全停止しないと、SF映画・地球が静止する日に出てきた宇宙人から総攻撃でも受ける(?)ような極端な切羽詰った状況でも無い限り、いち宗教的信念だけで国民総動員令が発せられるような事があってはならない。


 


よくよく考えても各社工場の発電設備をフル稼働させるという事態は、孫の自然エネ利権よりもさらに不自然極まるおかしな発電


形態ではないか?電力の地産地消といって、各地に巨大な発電設備を作って、長い送電線で送電ロスを生じさせつつ電力を供給する現在の体制がおかしいという論は確かにある。けれどそれも程度の問題であって、原発の代わりに各社の火力発電をフル稼働させるなんて事は、ボートのエンジンが壊れたので、水中モーターを千個付けて推進させる・・・と言っているような物だ。あまりにも巨大な設備一個では不安という論はともかく、一個一個の水中モーターに電池を設置するだけで大変なのと同様に、日本の電力をまかなうのに、一つ一つの発電施設に燃料やガスを供給するだけでどれだけの費用が必要になるのか?それは私費か国費からか?まったく埋蔵でも何でも無いものを「埋蔵金」同様「埋蔵電力」などと名付けた者の罪は重い。


 


さらに火力発電などを運用するには当然ながら燃料費がかかる。今は円高で値上がりしていてもなんとか大量調達出来るようだが、もし円が安くなれば、燃料調達の為の国の資産の流出は国民に多大な負担となる。原発は地域住民に対する対策費を加算すれば実はコスト高い・・・そんな特集を報道ステーションで行っていた。しかし同じ日本国内に循環させる金と、純粋に国外に流出する資産を等価に論じて良いのか?


 


そもそも立地地域の補助金漬けとは言うが、日本の東京一極集中は江戸時代からの日本の病状であり、何も原発が地域の過疎化を生んだ訳では無い。むしろ地方は原発に頼ってでもなんとか金を引き出したい一心なのでは無いか?「地方を補助金漬けにしている。」なにやらこう言うと真面目な批判に見えて、そのうち誰もが東京に住み、娯楽とサービスを享受しながら、地方の惨状には真剣に目を向けてないように感じる。もちろん原発の補助金漬けは健全な状態とは言い難い、けれど首都機能の完全分散でもしない限り、生きる手段が無いじゃないか。一体どこの文化人やマスコミが原発の代わりに集団移住します、とでも言っただろうか?


 


とにかくポルポト並みの暴政しか行わない菅政権、一刻も早く解散総選挙して国民の真を問うべき事態だ。


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-07-29 12:45 | エネルギー問題原発

菅極左献金報道、TVを批判しない新聞も「共犯者」だ。

報道ステーションで民主党と自民党等が子供手当の所得制限で話し合いをしているというニュースのVTRの後に古館一郎が言った台詞が「政治家のみなさん、国民目線か政局目線かどっちで行動するんですか?」だった。


 


一見なにやら政治批判的なカッコイイ発言に見えて、実はこれほどキャスターとして無責任で厚顔無恥な発言は無いと思う。一言で言えば「自分の責任からの逃避とごまかし」でしか無いと思う。子供手当所得制限に反対なのか賛成なのか、そんな極端な発言をする必要は無いけれど、少なくともマニフェストに掲げた政策を取り下げるでも無く、強固にスジを通す訳でも無く、政権の面目と党の結束だけをなんとか保つ為に、野党の顔色をうかがう異常な事態について、ふつうの知識があれば誰でも指摘できるはずだ。なんと言っても、野党は選挙前から金が足りないから制度として無理だと一貫して主張して来た訳であり、どのように考えても民主党政権が批判されて然る事態だ。


 


が、腐った卑しい根性の古館一郎は「政治家のみなさん」と与党と野党の違いをあやふやにし、「政局ですか?国民目線ですか?」と政策の具体的論争や欠点についても言及せず、ふわっとした総論で、政治全体の不信感を呼ぶような「政治批判モドキ」でごまかして逃げた。簡単に言えば民主党批判はなるべく避けたいという事だろう。


 


そもそもこの腐った古館一郎はじめ、多くの文化人やキャスターコメンテーターが先の衆院選挙で、「国民の手に政治を取り戻そう」と政権交代を実質的に煽りまくって出来たのが民主党政権だ。久米宏なんか可愛いく見えるくらいに、確信犯的に民主党政権はTVが作ったと言える。嬉しくて仕方無かったのか、ニュースZEROでは政権交代直後、スイッチ日本というコーナーで政治の動きを紹介していた。チェンジならわからんでも無いが、スイッチとはどういう事か?これまでは日本は消灯していたのか??しかし鳩山首相がルーピーだと言う事がバレてバツが悪くなったのか、スイッチ日本はスーっと消えたしまった。


 


しかし古館一郎はしつこい。福島第一原発の事故に関して度々「原子力発電を推進してきた自民党にも責任がある。」という発言をしてきた。これはネットサヨクが何度も狂ったように言っている事だが、古館はネットサヨクレベルの自民党批判ははっきりするのに、民主党批判だけは極力避けたいようだ。


 


たしかに多くの自民党政治家が原発を推進してきたのは事実だ。しかし事件として考えた場合、事故当時にその機器を操作していた政権が責任者であるのは当然で、建設して、そこに存在する事自体が罪だとするのは、感情論以外の何者でも無い。特に民主党政権という物が政権交代時に、原発政策を変更しますと言って政権交代したならいざしらず、自ら率先して原発政策をさらに推進すると言って政権交代した以上、政策の責任としても民主党に責任がある。繰り返すが、自民党が作った・・・という言い方は難癖以外の何物でも無いだろう。もし欠陥品を作った・・・という意味なら一部判らないでも無いが、やはり政権交代して2年も経ち、その間自ら積極的に原発政策を推進した以上、欠陥の発見の責任も民主党政権にあると言える。もっと簡単に言えば、中古車を買った者が事故にあった。もちろん正規の販売店で正規の点検を行って、その上でちゃんと車両を購入者が見て買った。しかし事故にあった途端、前の所有者が悪いんだ!と言い出したような物だ。どのような考えても、実際にハンドルを握って事故を起こした方が悪い。というか前の所有者は責任が無いだろう。(※自民党自体は過去の原発政策に対する謝罪コメント出しているが…)


 


とにかく難癖でもネット電波レベルでも良いから自民党を叩く古館一郎が、こと民主党の失点についてはなるべく触れようしない。触れても政治全体への不信感にすり替える。こんな酷い事を一党独裁では無い、一応民主主義の日本で行われているのだから驚きだ。言うまでも無く権力者は民主党だ。


 


さらに何故か朝日TVタックルは詳細に報じたが、その他の主要局やニュースや報道バラエティーで菅直人による極左関連団体への巨額献金問題が報道されないのもやはりおかしい。「もらった」では無く菅が「あげた」訳である。これは先の外国人献金などよりいくら刑事事件にならなくとも、国家体制としてありえない異常事態で、これだけで引責辞任しても当然の事態なのに、これが報道されない。いくら書いても足りないくらいおかしい。


 


この無報道に比べたら衆院選で民主党をプッシュしたという方がまだ可愛いかもしれない。なにしろTVもあれだけ特集を組んでいた拉致に関係する人物の親族の団体に現首相が過去に献金していた・・・どうしてこれを「麻生バー」より以上の力で攻撃しないのか?これより「酩酊会見」の方が悪質なのか?「刑事事件じゃないから・・・」じゃあ酩酊会見は刑事事件なのか??


 


このTVの異様さを新聞は指摘、批判するべきだ。何かいろいろなしがらみや関係があって安易に新聞はTVを批判出来ないのかもしれない。けれど国家非常事態とも言うべき今、TVの異常な状態を批判しなくていつするのか?普段正義や真相の追求、社会正義などとのたまっている新聞が、これを放置していいのだろうか?


 


「いや、ちゃんと新聞紙面では報じているし・・・」それで良いのだろうか?ここ数年、日本の政治をおかしな方向に導いてきたのは間違いなくTVだ。首相が一年でころころ変わる・・・これは何も日本の風土が生み出した「特徴」では無い。近年のメディアがそのように導いているのだ。自民党政権時代は、捏造従軍慰安婦などの問題が突如クローズアップされ有能な政治家か政策では無くゴシップで辞めさせられ、逆に民主党政権では無能な政治家が聖人のごとく粉飾され当選させられ、就任後の無能が露呈して早期に政権が崩壊する。これは偶然とは思えない。やはりTVのおかしな動きがこの流れを作っているようにしか思えない。小泉政権で世論の動かし方を「学習」してしまったTVが、どんどん歯止めが効かない暴走を繰り広げているとしか思えない。


 


話は急に変わるが、TVの異様な韓国特集をツイッターかブログで批判した若手芸能人が事務所を退社したらしい。この人物については、ネットで最近評価が逆転し、以前は竹島に関して日本批判したと言われ叩かれ、今度は「それは捏造」で今回は韓流批判で一気に英雄化している。今はそれについては真偽をよく知らん、元が取れてないので一旦置くとして、今回の物理的事実だけを考えれば、芸能人が異常な韓国プッシュを批判したら事務所を退社した(させられた)という物だ。これもおかしな話じゃないか?あちら側韓国では不気味で洗練されていない、自国賛美と日本攻撃が芸能人の一種の通過儀礼のようになっているのに、逆に日本の芸能人がちょっと「韓国取り上げる事が多すぎる」と批判したら退社?この落差はなんだ。これもTVが一方的な情報しか伝えない事が生み出した悲劇じゃないか。思いきり体制側(社)の気持ちを尊宅して理由を考えるとすると、「社の方針と違う言動をしたから。」という事になるだろうか、じゃあ頭隠して尻隠さず、この若手芸能人の指摘は当たってた事になる。


 


この若手芸能人が英雄かどうかは知らん。けれど素直に気持ちを発しただけで辞めさせられた、これはおかしな事態だ。


 


対して新聞はどうなのか?最近菅を放置する民主党議員も「共犯者だ」という記事タイトルが産経で見られた。


 


老後の生活、子供の養育費、日々の生活費、そんな今後の生活ももちろん重くのしかかるだろう。いやそんな深刻な問題の前に同じ仕事場、作業場の人間関係という物もあるだろう。そういった種々雑多なしがらみの中、TVドラマのような英雄的行為はドラマだからこその行動だと言う事はよくわかる。


 


けれどこの無名の俳優はそれをやったのだ。


 


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-07-28 23:11 | マスコミ批判

KOTRA、大阪で節電・エコ商談会開催へ(聯合ニュース)菅テロ内閣3要求狙いか?

KOTRA、大阪で節電・エコ商談会開催へ(聯合ニュース)


 


【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は25日、大阪で節電と再生可能エネルギー製品を出展する「韓国 節電・エコ 商談会 in 大阪」を27、28の両日に開催することを明らかにした。

 
商談会には太陽光発電や次世代送電システムの「スマートグリッド」など再生可能エネルギー、緑化システム、発光ダイオード(LED)・節電関連の商品を生産する韓国企業53社が参加する予定だ。

 
KOTRAはビルの屋上やオフィス内部を緑化し、室内温度を下げる緑化システムなどが日本市場で成長する可能性が高いとみている。

 市場では日本政府が太陽光発電などの再生可能エネルギーの活性化に向けた「再生エネルギー特別措置法案」の成立を進めているほか、東日本大震災による電力不足で、企業の節電を義務付ける電力使用制限令が発動
したことを受け、LED照明などの節電商品が人気を集めている。


 


いわゆる、菅テロ内閣3要求の一つ、再生エネ法に狙いを定め、韓国が「特需」と称して日本の市場を虎視眈々と狙っている事がわかっている。


 


特に重要なのは、太陽光パネルや蓄電池などの実質的な製品のほかにに、発電システムや送電システムなどの、システムやインフラ、電装工事などについても、安いシナや韓国の業者が日本を狙っているという事だ。


 


孫による自然エネ法悪用のイメージ


 


孫がいつ振り込みされるかわからない100億(実質60)寄付表明(孫=偉人という偽りのイメージ流布)



再生エネ法で自然エネ推進という誤ったイメージ流布



菅テロ内閣3要求の一つとして推進するよう国民に刷り込む



連日の偽装寒流ブームで韓国との偽りの親近感演出



再生エネ法で大量の補助金がSBに流れ、さらに韓国製自然エネ製品が大量流入で日本製品壊滅!?


 


 


どういう訳かデーターセンターを韓国に移築予定のソフトバンクならやりかねない!!


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-07-27 12:27 | 韓国

幻の孫100億寄付(実は実質60億で支払不明)にたかる蛆虫新朝鮮進駐軍

韓国の原発は安全な原発、日本の原発は危険な原発とほざいた元在日朝鮮一族の孫クズ欺が、SMAPの中居や王貞治など、当人自体は至って素晴らしい批判される部分の無い善人的有名人を利用して、震災ナンタラ財団を設立した。


 


え?この前の100億寄付に続いてこんどは被災者支援財団!?凄い!!・・・と単純に思っている人間は日本にどのくらいいるんだろうか?時期首相アンケートに孫クズ欺が上位に顔を覗かせる民度の低さがあるので、結構な数がいそうで怖い。


 


前回の幻の100億寄付表明はたぶん全額支払われていない。というか永遠に支払われない。何故ならば、100億表明後に内訳がこっそり発表された通り、今回記者会見した「東日本大震災復興支援財」に40億が「寄付」されるからだ。


 


おかしな話だ。「孫氏が個人で設立する財団」に「孫氏が100億寄付のうち40億を寄付する」訳である。


 


じゃ、最初から純粋な寄付は60億なんじゃ??(支払不明


 


しかもこのなんてら財団の構想は、週刊誌が100億未払い疑惑を報道するまで一切登場していない唐突な物だった。誰しも100億ポンと支払うと勘違いした事だろう。世には普段保守と自認している人々でさえ「イイヒト」と思われたかったのか、手放しで称賛する声が溢れた。


 


けれどこれが『 いつ全額支払われるかわかりませんが、60億寄付する可能性があります。同時に10年単位でどのように運営するか全体像は分かりませんが財団を設立して40億を運用します。これを合わせて100億寄付と表明します。 』と言われていたらどう思ったろうか?訳がわからないが、これが幻の100億寄付の正体だ。そして現時点、残りの60億が本当に寄付されているかどうかも不明のままだ。


 


しかし今回設立した「40億」の財団も何やら怪しい。記事によれば、


 


記事1


今後の事業計画として、8月1日より総額1億6000万円の支援金を想定した『子どもたちサポート基金』をスタートさせる。NPO団体やボランティア団体などから要望を募り、内容などを考慮して支援金の分配を行う。また今夏より18歳未満の震災孤児を対象に、ソフトバンクだけでなく全携帯事業者の料金など総額1億6000万円分をサポートする。原発事故を受けた福島県の子どもらには、今夏より一時避難、子育て相談会、サマースクール、健康相談などを開催し、資金支援を行う。

記事2


同財団は、東日本大震災からの復興支援のため、孫社長が個人で設立。復興活動に対する助成をはじめとした支援を、被災した子供らが成人するまでの長期間にわたって行う予定で、携帯端末の無償化や寄付文化の醸成活動などを行う。今月11日に公益財団法人の認定を受けた。

 


とある限り、40億が一体いつどのように使われるのか不明だ。もっとはっきり言えば本当に40億寄付されるのか、自分の財団に自分で寄付している以上、言いっぱなしで誰も調べる事が出来ない。さらに誰からも批判され難い善人有名人を発起人に巻き込む事で、自作自演疑惑を回避する事も抜かりない。


 


やはり孫クズ欺の幻の100億寄付は、全マスコミを巻き込んだ世紀の自社宣伝・欺瞞だと自分は結論付けたい。


 


けれどここで孫の100億という権威に縋り付きたい新朝鮮進駐軍はこう言うだろう。「でも100億では無くても、数億でも被災者の手に渡ればそれでいいじゃないか!やらない偽善よりやる偽善!」という事で「孫氏を一切批判する事を許さない」雰囲気を必死で作ろうとするだろう。


 


そこである、自分が何よりもおかしいと思うのは、100億寄付した人=批判が許されない聖人、という不可解な雰囲気だ。


 


実際問題、この孫クズ欺に関しては、実際に100億(実態は60億)の寄付が支払われたかどうかという、根本的な問題もさることながら、寄付とは一切無関係なソフトバンクの不具合や孫クズ欺の不可解発言への批判まで許さないというような人間が発生している。


 


ネットレベルならまだいいが、異常なのはやはりTVだ。前述の時期首相アンケートに孫クズ欺が登場したり、現代の偉人=孫みたいなイメージでバラエティーのみならず、ニュースまでもが、負の部分は一切報道されず、孫得意の最初の言い値の部分だけ取り上げて、その後の実態については一切伝えられない。だから多くのTVしか観ない人は、孫=偉大という作られた欺瞞に惑わされている。


ソフトバンク施設で油流出 非常発電用、博多湾まで


 22日午前3時ごろ、ソフトバンクモバイルの九州ネットワークセンター(福岡市東区)地下タンクから近くの川に重油が流れ出ていると、消防を通じ118番があった。


 福岡海上保安部によると、重油約8キロリットルが流出し、一部は約3キロ下流の博多湾まで到達した。同保安部が海上流出分を回収、撤去した。


 海保と同社によると、通信サービスの非常用発電装置に故障があり、発電機の燃料の重油が貯蔵タンクの通気口からあふれ出たとみられる。



 


このニュースをTVがどれだけ報じただろうか?逆に自然エネルギー法案に関して、颯爽としたBGMとともに孫が救世主のように登場する始末。


 


孫が全くの引退した唯の金持ち老人とかならば良いが、れっきとした企業経営者であり、大半のTV局に莫大な広告費を支払う大旦那である。であればより慎重に、より公平に報じるべき部分を、ニュース番組で救世主のように良い面だけ報じるとは何事か!


 


それに関して言えば、孫のメガソーラー最初の実験的設置地が北海道というのも変だろう。東北の仙台や岩手でも無く、一大電力消費地の東京や大阪でも無い。何故に北海道!?


 


しかし自分はこの北海道という点でも孫クズ欺の本質が見え隠れしている気がする。そもそも北海道には既に実験施設が存在しているらしい。それは取りも直さず、現在の脆弱なソーラー技術では、ギリギリ採算が採れる、ぎりぎり発電施設として運営できるのが地理的に北海道という事なのだろう。


 


そもそもが、孫のメガソーラー構想という物が、自然エネルギー法案の全量買い取りで莫大な資金を安定的に得る事を前提としているのに、これがじっくり審議されて、経産省による買い取り価格や電力会社による買い取り拒否権の方向次第では、エネルギーどころか、赤字生産機に成り下がってしまう。


 


つまり自然エネ法の方向を見極めたいけど、ポーズ的に設置開始せにゃならんし、ギリギリ立地条件として「マシ」な北海道に最初に開設する事にしたんじゃないか?やはり孫クズ欺は信用できない。


 


参考記事


 


再生可能エネルギー促進法もペテンだった!詐欺・騙し・中身ゼロの法案


 


孫正義が義援金をまだ1円も払ってなかった件について。


 


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-07-25 21:40 | マスコミ批判