日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


「まず議員から身を切れバカ」議員、軍人は国の宝だ

最近朝から晩まで増税ファシズムマスゴミが必死に増税のみが正しいように偏向報道を繰り返しているが、それに付随して民主党の口から出ているのが「まず議員から身を切る、歳費削減してから増税。」というバカ発想だ。


 


テクニカルな部分として、歳費削減は法案が通過しないから野党悪の為のポーズとして、そして議員数削減は公明党と自民党の分断工作という側面、そして実際には独法改革や特別会計の切り込みから世論の目を逸らす為など青山さんや宮崎等、ごく一部のTVでも解説されている。


 


けれど自分はそれにも増して、インタビューなどで一般の方々が「まず議員の人達が身を切ってからでしょ。」などと言ったり、多少の知識人階級が「西欧のように議員は手弁当のボランティアで良い。」と言い出す事に非常に疑問を感じる。


 


確かに日清戦争時、天皇陛下から議員まで自分の身を削って軍艦を買ったという非常に美談はある。けれどそれと今回の議員がまず身を削れは全く違うと思う。何が違うってそれは、マスゴミが仕事をしている議員の事は伝えず、遊んでる議員のみクローズアップし、さらには民主党という全く政権としての資質に欠ける政治の欠陥を報道しない、そんな状態で国民は正しい政治を知らず、政治家=悪という歪んだ構図で見ていて、その上での「歳費削れ・議員減らせ」に迎合して本当に良いのか?


 


議員=政治家とは本来的には官僚や役人と違って、民主主義においては国民の直接の代表者、代弁者であって、その存在自体が悪であったりする訳では無い。むしろ国民の味方であるのが本当の姿だ。それに対して歳費削れとはどういう事か?確かに西欧の一部では一度議員になれば死ぬまで安泰という国があるのは事実だが、日本はそうじゃない、むしろ政治家を目指す方が金を失う。


 


自分は今のような議員や政治を悪とする観念が植え付けられたのも、戦後のウォーギルトインフォメーションプログラムの一環じゃないかと思う。普通は権力が悪なのじゃなくて、悪質な権力が駄目なんであって、権力自体が悪とする、戦後の日本の左翼文化人とか団塊に根付いている発想の根源は、やっぱりアメリカが普通の国に日本が戻らないようにする為に日本に打ち込んだ楔だと思っている。


 


もし本当に議員の歳費がどんどん削られたらどうなるだろうか?一部の金持ち、イオン馬鹿田みたいな御曹司、小沢みたいによくわからない資金を集める能力に特化した者、山岡みたいに悪徳商法と絡んだもの、そんなヤツラばっかりが政治家になってしまうんじゃないか?国民が自分から政治家の情報を集めようともせず、週のうち例え2,3時間でも良いからネットで政治の実情を調べようともせず、馬鹿ズラして朝鮮玉入れに通うような人間達が「政治家はもっと国民にわかりやすく説明して!」とか自分は馬鹿ですので騙して下さいって自己紹介を平気でしているような状態で、本当に議員減らして歳費も減らして、良いのか?志はあっても金や地盤が無い人間は絶対に政治家に成れない日本で良いのか??


 


それと選挙へのネット参加問題どこに消えたんだろう??何故か国民から政治を遠ざける事ばかり先行して、どうしてその事に国民は気付かず、むしろ後押ししているのか??理解できない。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-01-29 20:59 | マスコミ批判

湧く「道州制バカ」 「発送電分離バカ」 「第三局バカ」

道州制バカ


最近橋下徹がしきりに「道州制」とか言っているらしい。政治のスリム化の為の大阪府と大阪市の統合、全く理にかなっている。無駄な行政組織のスリム化、団体活動の規制、不法占拠の立ち退き、全く正しい。が、道州制???ハァ??なんでだ。道州制になんかしたら、日本各地にそれぞれ独自の行政府を置かなくちゃならんようになって、逆に行政の肥大化招くだろうが!!国の権限を地方に移譲する・・・凄く重要だ。現地現場の生の声を地方が受け取ってすぐに行政サービスに反映させる大切だ・・・けどそれと道州制と関係なくね??あきらかに道州制にして、県や府を大きな州に統合したら、逆に地域の声が州の首長に届かなくなるだろがっ!!官僚制度の弊害、国の出先機関の弊害、それと道州制は全く意義が違う。どうして道州制のような変な物を滑り込ませるのか甚だ疑問だ。自分は道州制という物が、団塊老害に伝統的にある「反権力」という病癖が都合良く表れた物だと解釈している。


 


発送電分離バカ


東電の隠ぺい体質、これは改めるべき、役員報酬、全部召し上げでも構わない。けれど発送電分離とか言っている人間なに?どうして発送電分離にすれば日本が良くなるんだ?論理展開が一切見えないぞ!!発送電分離に付随するのが、電力の自由化、価格競争だけど、あれほど小泉改革だの競争社会反対だのほざいてたバカサヨクが「競争化で健全な電力需給!」とかよく考えたら滅茶苦茶な事を平気でほざいてる。自由化すればするほど、逆に電力が不安定になるとは、欧州や米国で実証されているのに、どうしてその事は隠すのか?(値上る場合すらある)もちろん電力会社、送電設備会社にもシナや下朝鮮の会社が入札してくるぞ!


『TPP亡国論』著者・中野剛志が緊急提言!【後編】

発送電分離はありえない


 


第三局バカ


どうして選挙が近づくと老害たちが最後の一花を咲かせようと必死になるんだろう。こいつらは絶対に国の事なんか考えてない。最後に自分の年表に少しでも栄光の部分を加えたい、その一心しか無い。どう考えても首相に成れない年齢、体力、そして大政党になりえない構成人数。あるのは保守層の無意味な票割れ。先の衆院選を学習してないのか!!


 


それに対して一番腹が立つのは、現実的に成立しえない再編を夢見て、自民党が悪い、派閥政治が悪いと必死に老害達に同じ様に夢を見る人々だ。確かに自民党は悪い、が現実的に民主党による最悪の政治から手早く変換するには、とにかくすぐ解散総選挙して、政務能力に実績のある政治家で閣僚を固めて、すぐにでも政治を前進させる事だと思う。今政界再編とか遊んでる時期なのか?東北で被災者が、円高で日本中の工場が悲鳴を上げている時に、本当に政界再編が今すぐ必要なのか??自分も再編には基本的に賛成だ。けどこのマスゴミが総自民叩きして増税ファシズムに走る時に、増税を掲げる石原氏が党首??自分は賛同しない。石原は立派な人で尊敬する人でも。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-01-28 18:59 | 地方自治

老害森元まで利用する増税ファシズムマスゴミ

普段どれほど政務能力や政治能力、法案提出力とかに雲泥の開きがあっても、バカサヨ同様に「ジミンガー」「派閥ガー」「老害政治家ガー」とほざいてるマスゴミが、老害森元が増税とほざいた途端に持ち上げて盛んに報道している。


 


最近の報道はよほど民主党の無能が隠したいのか、国会が始まった途端に「雪(気象)・商品・スポーツ」のオンパレード。ニュースはじまって数分でカニとかケーキとか電化製品とかもはや報道じゃなくてステマだ。それにしても最近の増税ファシズムのやり方が汚い。自民党、麻生が経済対策を十分に行ってからの増税という方策を、自民も増税って言ってたでしょ?の一点張り。一体ミソも〇ソも一緒の朝鮮脳で物を考えるのはやめてもらいたい。


 


もっとおかしなのは報道の構成だ。増税に反対というのも立派な学説・政策論の一つなのに、どうした訳か報道は増税という結果がまずあって、野田は成功出来るかどうか?という一方的な道筋への異常なすり替えが行われていて、増税に反対の学者や政治家は意図的にTVから出演依頼が消えているらしい。TVに出るバカ出るバカ、必死に政権党という権力にしっぽを振る犬と化しているのだから笑える。特に昼のワイドでのデーモン小暮が出てる時が酷い。ロックだのパンクだのほざいてる人間が、老害団塊脳をさらけ出して、必死に民主党を擁護し、自民党を叩く。何が権力で何が野党=批判勢力なのかも判らない。横にいる美人になりかけのブス学者(記者?)も全く同じで、必死に民主党批判を避け自民叩き。こいつらはどれほど国民が苦しんでいても、自分らがTV出れる地位さえ確保できれば良い、真正の「王家の犬」なんだろう。


 


それにしても情けないのが増税に反対の小沢信者連中の力の無さだ。増税に反対という国民の生活に一番大事な時期に「国会より地方に選挙に行け」というバカ首領が悪いのは当然だが、増税という国民の危機よりも小沢への報道が悪い、裁判が悪いとどうでもいい事に必死で、こいつらも本心では国民などどうでも良い連中だと知れる。


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-01-28 18:25 | 自民党

Kファンタジー平清盛「王家ごり押し」失笑言い訳の大欺瞞

朝鮮NHKのファンタジー清盛が酷すぎる。いままで文句言いながらもNHK大河は常に視聴して来たのだが、今回の清盛全く観る気すらしない。しかしネット上ではどうしたわけか、熱烈な支持者が必死に清盛をごり押ししていて笑える。しかもその内容が全く的外れで事実誤認に基づいた物ばかりで酷い。特に全くリアルでも何でも無いファンタジー大河をリアルリアルと言って擁護する集団にはあきれ返る。


 


それについて、王家ごり押しの張本人とも言うべき時代考証の教授なる人物の発言がドラマの内容以上にバカなファンタジーなので取り上げて反論しておく。


 


>「清盛の時代は、白河法皇、鳥羽上皇など個人の力が絶大で、天皇家全体を表わす明確な言葉はありませんでした。一方で、この時代に天皇を『王』や『王者』と書いている例は多数見つかります。それ以外に使われるのは『主上』『帝』で、『天皇』はほとんど使われません。そのため『王家』という表現が最も当時の実情に近いと考えられるのです」

 


まず、天皇家という時点でコイツの認識がおかしいのが判る。天皇に家は付けてはいけないのが通例で(自分も最近知った。)家を付けている時点で、なんらかのバイアスがかかった人間であると知れる。 


「王」「王者」がどうして「王家」に繋がるのか?天皇家という間違った用法から、「王・王者」に家を付けている、この人物の勝手な造語では無いのか?


文献に「王・王者」がある事と「王家」使用には何の説明にもなっていない。


※その後の産経記事中の全文?によると王家使用例はあるようですので、ここは修正します。しかしNHKは「朝鮮征伐」という歴史的用語を「朝鮮侵略」や「朝鮮出兵」に変換している事実があり、現代的観点の娯楽ドラマで皇室への敬意という点で不快感を感じる「王家」をごり押しするのは間違いであるという当文の趣旨に変更はありません。↓


http://www9.nhk.or.jp/go/story/story25.html


 


コイツも主上、帝と書いているように、『上皇の権力を呼ぶ場合は院の勢力、天皇は主上や帝、そして皇室全体は朝廷』このように呼べば誰も不快な思いをしない。それをわざわざ「王・王者」と書かれている文献もあるから、とこの当人自身が自分の好みをごり押ししているだけの事をさも当たり前のように書いているのが異常だ。(※つまり帝・主上でやはり問題無い)


 


そもそも「当時の実情にあっている」という部分も不可解だ。清盛の落胤説は昔からあるが、もちろんそれが事実という訳では決して無い。つまり作者や局が恣意的に作り上げた虚構の世界、ドラマにとっては台詞、状況、セット全てが作り物であり、何者かの意図が入った物である、という自戒が必要なのだ。


 


すると今回の王家、そこまで必死にごり押しする必要性が全く感じられない。清盛は落胤という絶対では無い説を採用し、子供時代から秀吉かうつけ信長か?という様な不可解なキャラクター設定を付与し、歴史的にはありえない失笑を買う「庶民感覚」で安っぽいヒーロー像に仕立て上げたNHK清盛で、何故か「王家」だけは頑強に「そう書いている資料もあるので」という理由で採用?やはり納得できない。


 


>中国では「皇帝」が最も位が高く、中国各地や朝鮮など近隣諸国の「王」を従えていると考えられてきた。そのことを反発した人たちが“不敬”だと批判する根拠になっている。



「『王家』という呼び方を批判する方々は、天皇は中国の皇帝と同格だから、『王』では侮辱にあたると主張します。しかし当時の人の感覚ではそうならない。現代よりもはるかに位や身分の上下について敏感だった貴族たちが、天皇を『王』と書いているのです。決して皇室を貶める意図はありません」



 


そして最も欺瞞と怒りを感じるのがここだ。この清盛の時代よりさらに古代の時代に天皇という号が採用される前、天皇は大王(オオキミ)と呼ばれていた。つまり日本各地の小王国を束ねる大王(朝鮮南部も支配下でした)であり、日本の天皇号はシナ・中国との対立上、中華風の文化を取り入れた号でもあるが、それ以前に日本の中で、天皇は「大王」オオキミなのだ。ネットで中国の皇帝がどうのと言う前に、コイツはその事実をたぶん知ってて隠している。


 


そして最も重要なのは、ナレーションまでもが「王家」と言っている点だ。コイツの好みである王家表現、少なくとも貴族の文献にある(王・王者が)ならば、貴族の台詞でそう言わせるのは一億歩譲って仮に認めよう、じゃあどうして現代的視点、つまり後に語る者としての視点で話すナレーションまで「王家」なのか?全く理屈に合わない。前にビートの番組でやっていたが、平安時代の発音と今の発音は驚くほど違う。つまりナレーターの口語的な話し方(もちろん劇中もだが・・・)な時点で、完全に現代の人間の視点で語るべき部分なのに、そこまで王家で通す意味が不明だ。もちろんそこは「天皇・朝廷・皇室・主上・帝・院・上皇」で呼称するべきなのだ。


 


というか、NHK自体が昭和や戦前の言葉等を「差別を助長する」と称してどんどん言葉狩りしている局なのに、どうして必死に「王家」のみ当時の文献にあるから、と現代の娯楽ドラマでそこだけ必死に「当時」を強調するのか??


 


だったらNHKは衛星などで朝鮮ドラマが放映される時は未開の乳房丸出し風習が描かれていないと放映禁止にするべきだろう。


 


それと一つ、この清盛擁護の連中が叫ぶ「ドラマが素晴らしいので文句言うな。」これほど間違いな発想は無い。これは朝鮮学校(私塾)がグランドの不正使用などを批判された時に「子供達の頑張りを大人が奪うのか!」とか言うのと同じだ。グランドの不正使用が悪いのであって、中の子供のスポーツとか知らねえよ、不正使用してる朝鮮の大人が悪いんだよと。それと同じく、清盛の中でマンガ並みの子供じみたドラマ性があろうが無かろうが、そんなもん知るか、王家という間違いがあればそれは正せ。


 


『平清盛』に噛みついたネットユーザーを時代考証担当者一蹴


開始早々、井戸歳三・兵庫県知事から「薄汚れた画面」とのクレームがついた大河ドラマ『平清盛』(NHK)だが、今度はインターネットでさらなる物言いがついた。劇中、白河法皇の院政体制について「王家」という呼称を使っていることに、一部のネットユーザーが猛反発したのである。

ネット上では、「皇室もしくは天皇家と呼ぶべきだ」「NHKは皇室を貶めた!」などと、批判的な書き込みがあふれている。が、時代考証を担当した東京大学史料編纂所の本郷和人・准教授は反論する。

「清盛の時代は、白河法皇、鳥羽上皇など個人の力が絶大で、天皇家全体を表わす明確な言葉はありませんでした。一方で、この時代に天皇を『王』や『王者』と書いている例は多数見つかります。それ以外に使われるのは『主上』『帝』で、『天皇』はほとんど使われません。そのため『王家』という表現が最も当時の実情に近いと考えられるのです」

中国では「皇帝」が最も位が高く、中国各地や朝鮮など近隣諸国の「王」を従えていると考えられてきた。そのことを反発した人たちが“不敬”だと批判する根拠になっている。

「『王家』という呼び方を批判する方々は、天皇は中国の皇帝と同格だから、『王』では侮辱にあたると主張します。しかし当時の人の感覚ではそうならない。現代よりもはるかに位や身分の上下について敏感だった貴族たちが、天皇を『王』と書いているのです。決して皇室を貶める意図はありません」

※週刊ポスト2012年2月3日号


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-01-24 01:38 | 皇室

靖国放火犯、母方は卑しい不逞シナ朝鮮族か?

新年明けましておめでとうございます。腐った不逞在日朝鮮人が支援する民主党政権が続くため、復興支援も進まぬ中ではありますが、2012年は日本の真の夜明けが来る事を願いたいものですね。


 


日本大使館放火という不逞朝鮮人名物の行動を起こして逮捕された男、なにやら祖母が従軍慰安婦などと朝鮮ファンタジーを全開にした意味不明な事を口走っているとか。これがシナ人(中国人)を強調しているようですが、行動や言いぶりが朝鮮人その物なので、母方の祖母とは不逞在日同様の卑しい不逞シナ朝鮮族の仕業なのでしょうか?


 


仮に供述が事実として、祖母が追軍売春婦ならば、現代の中国朝鮮族女は韓国デリヘルと称して日本に売春にやって来ている事実。それをありがたがっている一部のバカ日本人が居る限り、日本は良くならない。


 


在韓日本大使館に火炎瓶 「祖母が慰安婦」と拘束の中国人 「靖国神社も放火した」


【ソウル=加藤達也】韓国のソウル地方警察庁によると、8日午前8時20分ごろ、ソウルの在韓日本大使館に男(37)が火炎ビン4本を投げ込んだ。2本が2階のベランダに入り、外壁などの一部が焦げたがけが人は出ていない。男は現場で警備の機動隊員に拘束された。警察は火炎瓶特別法違反の疑いで捜査している。


 記者会見した鍾路(チョンノ)署によると男は漢族の中国人。犯行動機を「母方の祖母が韓国人の従軍慰安婦で日本に恨みがあった」「野田佳彦首相の慰安婦問題に関する無責任な発言に腹が立った」と供述しており、犯行当時は赤い漢字で、胸の部分に「謝罪」と大書したシャツを着ていた。事前に韓国焼酎の空きビンで火炎ビン11本を準備し、大使館の向かいの別のビルの敷地で着火したという。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-01-10 00:05 | 在日(済州島民)