日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2013年 03月 ( 82 )   > この月の画像一覧


首相「国益に反すれば自民党解散」 政界再編の軸?

c0294269_22102413.gif


安倍「TPPについて強い懸念があるのは承知しています。丁寧な説明をしていく事が必要です。」



安倍「TPP賛成は国益、TPP反対派は国賊、そんな奴らとは、別れて解党します!」


 


「国益と自民党の党益が相反するときには自民党なんか解散するんですよ。当たり前じゃありませんか」


 


「丁寧な説明が必要な、懸念を持った層」が投票した議員(選良)が、僅か数日で国賊扱いか?


 


解党や解散で議員に脅しをかけるのは、野田の必殺技だが、こんな事まで言われて、TPP反対派議員は泣き寝入りか?


 


首相「国益に反すれば自民党解散」 政界再編の軸?


2013.3.18 23:31


産経新聞社とFNNの合同世論調査で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加をめぐり、「賛成」との回答が6割を超え、「反対」の3割弱を大きく上回った。支持政党別では自民、公明両党に加え、日本維新の会の支持層で賛成論が広がっており、TPP問題が参院選後の政界再編の大きな軸になる可能性が出てきた。安倍晋三首相は18日、自民党内の反対勢力の動向次第では「党を解散する」とまで言及し、TPPを争点とする政界再編も辞さない覚悟を示した。


 「国益と自民党の党益が相反するときには自民党なんか解散するんですよ。当たり前じゃありませんか」


 首相は18日の衆院予算委員会で、民主党の松本剛明税制調査会長から「国益と党益が相反した場合、どちらを優先するのか」と問われ、こう言い切った。


 自民党内には酪農地帯を抱える北海道選出議員などを中心に慎重論も根強いが、首相は70%を超える高い内閣支持率を背景に強気の姿勢を崩さない。


 もっとも、世論調査で支持政党別のTPP参加の賛否をみても、自民支持層の69・3%が「賛成」と回答し、支持者の慎重派は少数であることを裏付けた。公明党の支持層も71・8%が「賛成」と首相を後押ししている。


 さらに首相の援軍となっているのが維新だ。維新支持層の66・3%はTPP参加に「賛成」と回答した。


 橋下徹共同代表(大阪市長)は強力なTPP推進論者で、自民党内の慎重派に「政府に条件をつけ過ぎている」と批判、首相を後押しする言動もしてきた。今後、TPP交渉の進展で自民党内の慎重派が息を吹き返してきたときには、自民党内の賛成派と維新が連携する可能性もありそうだ。


 一方、政権交代前に党内意見の乱れから交渉参加を表明できなかった民主党では、支持層内の「賛成」は52・2%と、「反対」の38・8%を上回ったものの、何とか過半数に達した程度にとどまった。「反対」が多かったのは、生活の党支持層の71・4%、共産党支持層の64・7%だった。


 18日の衆院予算委では、首相が、煮え切らない姿勢の民主党について「民主党は『交渉参加の方向で検討する』といって、決断もしないで2年たってしまった。あなたたちは何をやっていたのか」と挑発した。(桑原雄尚)


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


↑TPP反対ポスターの自民党は、親中政党なので、尖閣で何もしないんですか?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-19 22:12 | TPP・FTA反対

青木 内川にエール「責任を一人で背負う必要ない」/お帰り侍NIPPON

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


c0294269_22102640.gif


侍NIPPONが帰国したらしい。


 


スポーツにはボクシングのように、長期間練習して一瞬で結果を出す物と、野球のように1年を通してコンディションを整えて、継続し続ける物とがあるが、後者であるプロ野球にとって、今回のWBCのような大会は、言わばお祭りのような物であって、細かい采配や判断は時の運に近い物がある。


 


3連勝は逃したが、その分その他の国のチームが優勝する事で、野球の魅力が全世界に伝われば良いと思う。


 


侍NIPPONご苦労様、お帰りなさい。


 


青木 内川にエール「責任を一人で背負う必要ない」


ブルワーズの青木は18日、インディアンスとのオープン戦に「1番・右翼」で出場し、1回に先頭打者で左前打を放つなど3打数1安打、1盗塁だった。



 オープン戦4試合連続安打となり、「状態はいい」と振り返った青木。プエルトリコに敗れ、WBC3連覇を逃した侍ジャパンに対しては「ゆっくり休んで、またシーズンに向けて調整してほしい」と気遣った。過去2大会では主力として連覇に貢献したが、今回は代表入りを辞退。09年の前回大会でともに戦い、今大会は準決勝プエルトリコ戦の勝負どころで盗塁死した内川が試合後に「全部自分のワンプレーで終わらせてしまった」と涙を流したことを聞くと、青木は「責任を一人で背負う必要はない。これからも野球は続くし、前を向いてやってほしい」とエールを送った。


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-19 20:10 | スポーツ

反TPPは親中のレッテル貼り産経こそ姿勢改めよ/右傾化のレッテル、不法占拠…韓国こそ「正しい歴史認識

c0294269_22102413.gif


明らかに情報不足、逆に美辞麗句の「開かれた世界」「自由貿易」という嘘情報で作られたTPP高支持率。そんな物を背景に、一部の輸出企業という業界団体と癒着する「古い自民党政治」にしか見えない安倍のTPPごり押し。


 


それを批判すると親中だの何だのと必死にレッテル貼りする産経こそ、どうかしていると思うのだが。


 


まあそれも、「写真の拡大縮小が出来ないので、トリミングしました。」とか平気でブログで嘘をつく記者が書いている新聞だから、仕方が無いかもしれないが。


 


右傾化のレッテル、不法占拠…韓国こそ「正しい歴史認識」を


 日韓外務当局による「日韓記者交流」で11日から16日まで、朴槿恵(パク・クネ)大統領の新政権が発足したばかりのソウルを訪れ、政府当局者、韓国人記者、さらには一般の高校生までが、日本の「右傾化」への懸念を口にすることに驚いた。この言葉は日本を「過去」のイメージでとらえるための便利な道具なのかもしれない。


 「日本は右傾化しているのではないか?」


 「軍備増強や歴史認識での日本の強硬姿勢への心配が広がっている」


 外交通商省を担当する韓国メディアの記者らは12日、日本人記者団との意見交換会でこう指摘した。視察した高校でも、男子生徒が「日本人は極右の傾向を持っている」と口にした。


 ◆右傾化のレッテル


 安倍晋三首相が11年ぶりに防衛関係費を増額し、旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」の見直しに意欲をみせたことを一緒くたにして「右傾化」のレッテルを貼れば、韓国人には居心地がいいのだろう。


 ただ、防衛関係費の増額は、核・ミサイルの開発を進める北朝鮮や、沖縄県・尖閣諸島で領海侵入を繰り返す中国を念頭に置いたものであり、韓国に向けられたものではない。日韓両国が米国と緊密な連携を図る上でプラスになるはずだ。


尹炳世(ユンビョンセ)外交通商相は15日、日本人記者団に「歴史問題について日本側のリーダーたちが正しい認識を持ち、行動で示してほしい」と答え、慰安婦問題での前向きな対応を促した。


 しかし、島根県・竹島に関する質問には答えず、それどころか、外交通商省当局者が「質問はなかったことにしてほしい」と求め、記者団と押し問答になった。国内で「弱腰」と報じられることを懸念したのだろう。


 ◆「未来志向」の一歩


 竹島問題に関し、尹氏は閣僚候補として2月28日に行った国会の人事聴聞会で「日本帝国主義の侵略過程で起きた歴史問題」と位置付け、「日本が、紛争地域化しようという戦略がさらに強化されている」との見解を示している。


 日本が閣議決定によって竹島領有の意思を再確認したのは、1910(明治43)年の日韓併合に先立つ1905年のことであり、1950年代から韓国が不法占拠を続けている。竹島問題韓国側が「正しい歴史認識」を持つことが、「未来志向の関係を構築していく」(朴大統領)ための第一歩になるはずだ。(加納宏幸)産経


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-19 13:02 | マスコミ批判

切迫感足りぬ/原発停電「心配ない」=菅官房長官

c0294269_22102413.gif


自分は原発再稼動容認、新規原発建設推進派だが、それでも現在も過酷な状況下で、作業をされている方々の事は忘れてはいけないと思う。


 


最近の自民党政権は、福島の復興&再建や原発の安全確保や再稼動問題を放置し、TPPや外交にのめり込み過ぎじゃないか?


 


原発停電「心配ない」=菅官房長官


 菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発の停電について「冷却のための代替手段に万全の対応をする予定なので、ある意味で全く心配ない」と述べた。時事


 


「心配の無いように万全を尽くす」が適切であり、「全く心配無い」という言い方は不適切では。今現在電源停止という事態が「心配な状態」なのだから。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-19 12:52 | エネルギー問題原発

安倍首相はネット保守が作ったという幻想/首相「国益に反すれば自民党解散」 政界再編の軸?

c0294269_22102413.gif


 


「~はワシが育てた」とはよく聞く台詞だが、最近では「安倍首相はワシが育てた」みたいに思い込んでるネット保守も多いだろうと思う。


 


そうした思い込みが、逆に自分達が批判に転じると、簡単に安倍政権が崩壊してしまうという危惧になっているようだが、実際は違う。


 


安倍政権を作ったのは、ネット保守では無くて、圧倒的多数の一般有権者という事だろう。


 


たぶんにネット保守が総出で叩きまくっても、なかなかに安倍政権は揺るがないだろう。そして、マスコミが『漢字読み間違いやカップラーメンの値段』で自民政権を叩きまくったから、自民批判=左翼の行動として安易に記憶され、実際に悪質な公約破りや国益に反する行動をして、批判しなければいけない場面まで、批判を控えようとする事は、非常にこっけいな姿だろう。


 


首相「国益に反すれば自民党解散」 政界再編の軸?


2013.3.18 23:31


産経新聞社とFNNの合同世論調査で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加をめぐり、「賛成」との回答が6割を超え、「反対」の3割弱を大きく上回った。支持政党別では自民、公明両党に加え、日本維新の会の支持層で賛成論が広がっており、TPP問題が参院選後の政界再編の大きな軸になる可能性が出てきた。安倍晋三首相は18日、自民党内の反対勢力の動向次第では「党を解散する」とまで言及し、TPPを争点とする政界再編も辞さない覚悟を示した。


 「国益と自民党の党益が相反するときには自民党なんか解散するんですよ。当たり前じゃありませんか」


 首相は18日の衆院予算委員会で、民主党の松本剛明税制調査会長から「国益と党益が相反した場合、どちらを優先するのか」と問われ、こう言い切った。


 自民党内には酪農地帯を抱える北海道選出議員などを中心に慎重論も根強いが、首相は70%を超える高い内閣支持率を背景に強気の姿勢を崩さない。


 もっとも、世論調査で支持政党別のTPP参加の賛否をみても、自民支持層の69・3%が「賛成」と回答し、支持者の慎重派は少数であることを裏付けた。公明党の支持層も71・8%が「賛成」と首相を後押ししている。


 さらに首相の援軍となっているのが維新だ。維新支持層の66・3%はTPP参加に「賛成」と回答した。


 橋下徹共同代表(大阪市長)は強力なTPP推進論者で、自民党内の慎重派に「政府に条件をつけ過ぎている」と批判、首相を後押しする言動もしてきた。今後、TPP交渉の進展で自民党内の慎重派が息を吹き返してきたときには、自民党内の賛成派と維新が連携する可能性もありそうだ。


 一方、政権交代前に党内意見の乱れから交渉参加を表明できなかった民主党では、支持層内の「賛成」は52・2%と、「反対」の38・8%を上回ったものの、何とか過半数に達した程度にとどまった。「反対」が多かったのは、生活の党支持層の71・4%、共産党支持層の64・7%だった。


 18日の衆院予算委では、首相が、煮え切らない姿勢の民主党について「民主党は『交渉参加の方向で検討する』といって、決断もしないで2年たってしまった。あなたたちは何をやっていたのか」と挑発した。(桑原雄尚)


 


何を偉そうに言ってるんだ。


 


公約を破っている以上、信を問うのは当然だろう。


 


第一安倍政権は、一票の格差の違憲政権だ。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-19 01:01 | 自民党

政治は敵討ちの道具じゃない/親のかたき討つで過半数目指すNHK

c0294269_22102413.gif


え~昔から「江戸の敵を長崎で討つ」などと申しますが、安倍はそれ程までに敵討ちがしたいならば、長崎の出島のような「安倍ランド」か何かを作って、そこでTPPでも何でもすりゃいいんじゃないでしょ~か?


 


自分の敵討ちと、世直しが直結していると平然と言い切る人間に、ロクなヤツはいやしない。


 


親のかたき討つで過半数目指すnhk


安倍総理大臣は、18日夜、自民党東京都連の会合で、ことし夏の参議院選挙について、「親のかたきを討つようなもので、これに勝たなければわたしは死んでも死にきれない」と述べ、非改選の議席も含めて、自民・公明両党で過半数の議席確保を目指す考えを強調しました。


この中で安倍総理大臣は、「去年の衆議院選挙で多くの議席を奪還し、政権を取り戻すことができた。この政権奪還によって、日本を覆っていた雰囲気が大きく変わり、だんだん景気はよくなり始めているが、まだまだ多くの人たちに実感を持ってもらうまでには至っていない」と述べました。そのうえで安倍総理大臣は、「ことし夏の参議院選挙で、自民党と公明党で過半数を取り戻すことが、日本を取り戻すことにつながる。6年前の参議院選挙で、自民党が惨敗したことには、わたしにも大きな責任があり、参議院選挙の戦いは、親のかたきを討つようなものだ。これに勝たなければわたしは死んでも死にきれない」と述べ、非改選の議席も含めて、自民・公明両党で過半数の議席確保を目指す考えを強調しました。


 


まあとりあえず、参院選は自民には投票しないが。


 


TPP 総合力発揮し情報収集nhk




安倍「参加国全体の利益考慮したルール作り進めていくべき」


安倍「1つの国が多くの利益を得て一つの国が貧困こういうルールであってはならない」



の発言をどう思いますかね?


たぶんに信者フィルターにかかると


 


「やったぜ安倍ちゃん!アメリカにケンカ売った!!」


 


となるんだろうが・・・。


 


甘利明TPP担当相は「既に合意されたルールがあれば、遅れて参加した日本がひっくり返すことは難しいというのは厳然たる事実だ」と語った。」 


 


安倍「まずですね、離脱するかどうかという質問がありましたが、われわれは国益を守って中心に据えて交渉を進めていくわけでありますし、だからこそ交渉に参加しました。ですからいまここで離脱するかどうかということを申し上げるのは、むしろ国益にも反するわけであって適切ではない。このように思います」


 


↑この二つを総合して考えると


 


「俺は不利なルールに無理矢理サインさせられたんじゃない、自分から望んで、多国間の利益、共生的ルールに賛同したんだ!」


 


て言い訳する為の伏線じゃないかと。


 


でも結局それって、総合的に考えると主催者のアメリカの利益になるんだろう。


 


こういう時にはっきりと、どこ国のどんな利益とか、はっきり言わない事は一切信用しない。


 


安倍総理大臣は衆議院予算委員会で、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「首席交渉官」を設置して各国との交渉に当たる一方、国会議員が海外で議員に接触してつかむ情報も活用するなど国の総合力を発揮して交渉を巡る情報収集に取り組む考えを示しました。


この中で安倍総理大臣は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について「1つの国が多くの利益を得て、1つの国が貧困になるルールであってはならないし、こういう経済圏は将来に望みがない。志の高いルール作りが必要だ」と述べ、参加国全体の利益を考慮したルール作りを進めていくべきだという認識を示しました。

また、安倍総理大臣は、交渉に臨む政府の体制整備について、各国との交渉に当たる「首席交渉官」を設置する考えを示しました。

これに関連して、TPPを担当する甘利経済再生担当大臣は、「日頃の交渉は、事務レベルトップの『首席交渉官』が行い、閣僚級になれば、私や関係大臣が出て行くことになる。最強のチームを組んで、最強の交渉をしたい」と述べました。

そして安倍総理大臣は、交渉を巡る情報収集について、「日本には、アメリカのCIA=中央情報局のような情報機関はないが、最大限の情報収集は行っている。国会議員が海外の議員と接触するなかで取ってくる情報も有効だ。こうした総合力を、TPPの交渉に活用しなければならない」と述べ、国の総合力を発揮して情報収集に取り組む考えを示しました。

また、甘利大臣は、今後の交渉について、「多国間交渉のよさは、交渉分野ごとに、国どうしで共闘できることだ。TPPの交渉に参加している国の中には、『世界経済で3番目の規模の日本が入ってきて、自分たちと共闘できる』という期待感もあると思う。あらゆる交渉術を駆使して、国益の最大化を図りたい」と述べました。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


↑TPP反対ポスターの自民党は、親中政党なので、尖閣で何もしないんですか?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-18 21:56 | 自民党

ルール変更無理/安倍首相「必ず農業守る」=TPPで集中審議―衆院予算委

c0294269_22102413.gif


口から出まかせの「農業を守る」というタイトルとは別に、記事の最後にしれっと、「ルール覆すの無理」と前提6条件の実行が不可能な事を認めている。


 


安倍首相「必ず農業守る」=TPPで集中審議―衆院予算委


時事 3月18日(月)10時47分配信


衆院予算委員会は18日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して、首相が交渉参加を正式表明した環太平洋連携協定(TPP)に関する集中審議を行った。首相は「農業は国の礎で、日本の伝統、文化そのものだ。必ず日本の農業と食を守る。これは日本の安全保障でもある」と述べ、交渉を通じて関税撤廃の例外品目の確保など農業保護に全力を挙げる考えを改めて示した。自民党の小里泰弘氏への答弁。

 自民党が先の衆院選の総合政策集で示した「国民皆保険制度を守る」などの5項目の判断基準については、「交渉でしっかりと実現していくことが課せられた使命だ」と強調した。

 公明党の佐藤茂樹氏が、日本が先行交渉国の合意事項を交渉の過程で覆せるかどうかをただしたのに対し、
甘利明TPP担当相は「既に合意されたルールがあれば、遅れて参加した日本がひっくり返すことは難しいというのは厳然たる事実だ」と語った。
 


 


いくら安倍が威勢の良い事を言っても、担当大臣の甘利が真逆の事を言えば、何を信じろと言うのか?


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


↑TPP反対ポスターの自民党は、親中政党なので、尖閣で何もしないんですか?


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-18 12:09 | TPP・FTA反対

大嘘/日米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加

c0294269_22102413.gif


ショボ過ぎるTPP試算を誤魔化す為に、TPP推進真理教のバカ連中が、急に「対中包囲網としてのTPP」を宣伝し始めた。


 


日米で中国潰し 経済的、軍事的に牽制 TPP交渉参加zakzak


安倍晋三首相がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加を正式表明した。オバマ米大統領とのトップ交渉で関税撤廃の例外を認めさせて反対・慎重派を黙らせ、「今がラストチャンス」と果敢に踏み込んだ。背景には、単なる経済戦略にとどまらず、虎視眈々とアジア太平洋地域での覇権を狙う中国に、日米両国で対峙する意図もありそうだ。


 「交渉参加は国家百年の計。同盟国の米国などと新たなルールを作ることは、わが国の安全保障やアジア太平洋地域の安定にも寄与する。日本の国益となるだけでなく、世界の繁栄につながる」


 安倍首相は15日夕の記者会見でこう言い切った。


 TPP参加をめぐっては、同日、国内の農林水産物の生産額が3兆円減少するものの、消費や工業品の輸出増加などで、差し引きで実質国内総生産GDP)を3兆2000億円押し上げるとの影響試算も発表された。


 アベノミクスの起爆剤として期待される一方、日本や米国オーストラリアなど「自由」「民主主義」「基本的人権」「法の支配」などを共有する諸国中心の枠組みは、共産党一党支配のもと、アジア太平洋での覇権を狙う中国をけん制する効果を持つ。


 現に、ズムワルト米国務次官補代理は13日、ワシントンでの講演で、日本のTPP交渉参加について、台頭する中国を念頭に「米国を含むアジア太平洋地域の自由貿易の枠組みができる。日本にとっての戦略的な意義があり、それがTPPだ」「(それ以外の選択肢は)米国を含まない枠組みで、どちらを選ぶのかは日本自身が決断すべきことだ」と語っていた。


オバマ米大統領は、何事にもビジネスライクで実利を求めるとされる。日本がTPPに加われば、経済規模は一気に拡大し、米企業は日本市場の需要開拓につなげることができる。外交筋は「米政府内で日本のプレゼンスは格段に高まる。日米同盟のさらなる強化につながる」という。


 逆に、日本がTPPに不参加ならば、軍事力と経済力を背景にした中国の覇権を防ぐことは極めて厳しい。「TPP反対派や反対政党に、親中派中国に近い勢力が多いのは偶然ではない」(官邸周辺)


 安倍首相は今後、日本経済の再生とともに、沖縄県・尖閣諸島の強奪を狙う中国の野望をくじき、北朝鮮による日本人拉致問題を解決に導かなければならない。そのいずれも米国の協力は不可欠であり、TPPによって日米関係を強固にしておく意義は大きい。


 


確か政府試算が公表されるまでは、自由貿易による利益だとか、開かれた国による貿易の伸び等が、必死に宣伝されていたはずだが、ショボ過ぎる政府試算が公表されてしまった為、もはや「貿易による利益増」という妄想理由が、自らの試算で言えなくなり、ついに「対中包囲網」という、誰もが抵抗し辛い錦の御旗を持ち出したようだが、噴飯ものである。


 


なにやらzakzakの記事によると、「TPP反対派や反対政党に、親中派や中国に近い勢力が多いのは偶然ではない」(官邸周辺)という(笑)


 


ネットレベルのバカが「分断工作ガー」「親中工作員ガー」と言い出すなら判るが、公的な政府関係者が、反対意見者にこうした安易なレッテル貼りするようでは、もはやその国の政治はオシマイ、それこそ北朝鮮かシナ並みの三流国家転落である。出来うればマスゴミの「飛ばし記事」であって欲しいと願う。


 


しかしこうした「反シナ包囲網としてのTPP論」は、いよいよTPPその物の有効性が、説明出来なくなった推進者の苦し紛れの虚言だと言う事がすぐに判る。


 


というのも「対シナ包囲網」という言葉自体が、既にTPP推進論者のこれまでの言葉と、矛盾しているのだ。


 


TPP推進「アジアの成長を取り込む!」



TPP反対「アジアって最大の中・韓が入ってませんが・・・。」



TPP推進「いずれTPPはFTAAPになり中・韓も入ります!」



TPP反対「じゃあ、対中包囲網じゃないですよね?」


TPP反対「じゃあ、中国の安い労働力が流入しますよね?」


 


詐欺師やカルト宗教と同じで、最初の部分がウソだらけなので、その嘘を嘘で誤魔化す為に、どんどん矛盾だらけになって行く。


 


こうした場合は、最もシンプルに考えるのが早く、一番最初の『経済的利益があるから、TPP』という理由に立ち返れば、ショボ過ぎる政府試算の時点で、危険性の高いTPPにわざわざ入る必要など無い、という結論に簡単に至る。


 


そして重要なのは、産経他アメリカ様頼み真理教のバカ連中が期待するような、アメリカ自身は日本と組んで中国を潰す気などさらさら無いという事だ。


 


そもそも将来的にFTAAPとして中韓の加入を目指すTPPに、どこに安全保障上の観点があるのか?


 


そして現時点で、オバマは尖閣諸島問題を事実上「棚上げ」として、積極的にシナに介入してこの問題の根本解決を図る気配が無い。せいぜい台湾に協力を要請した程度に過ぎない。これほど無下な扱いをされて、まだ「アメリカさまぁ~~」と泣きついている産経他のバカな連中はミジメというよりも、もはや哀れだ。


 


自分にはこの「対中包囲網としてのTPP論」、鳩山内閣が東アジア共同体を持ち出して、アメリカに潰されて右往左往したのと同様、安倍の「セキュリティダイヤモンド構想」を警戒というか、不快感を感じた米に、相当何か脅迫じみた圧力を掛けられたんじゃないかと思う。思えば普天間問題で腹案があると言って何も無かった鳩山と、TPP前提6条件を守ると言いつつ、特に何か方策があるように見えない安倍、重なって見えてくる。


 


中国の参加でTPP軸にFTAAP可能性高まる


2011 11 15 サーチナ


野田佳彦総理は15日開かれた参議院予算委員会で中国のTPP参加について、山本一太議員(自民党)から聞かれ「中国をけん制する気はない」とするとともに「中国とも高いレベルの経済連携を図っていく」との考えを示し「TPPに中国が入るとすれば、FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)への道筋に、TPPを軸に実現する可能性が高まるということから評価できる」とした。


  また、限られた時間の中で日本の意向を反映できるのか、TPPのルールづくりへの参加の可能性について山本議員から質され、野田総理は「(TPP参加の9カ国で)大枠の合意を決めたときいたが具体的な話はつまっていない。ルールづくりに参加できる可能性はある」と答弁。


  その根拠について聞かれ「ガチガチに固まって、その上で参加に入るという段階ではないということ」と現段階なら交渉参加に向けての関係国との協議のなかで、ルールづくりに参加できる余地があるとの認識を示した。(編集担当:福角忠夫)


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


↑TPP反対ポスターの自民党は、親中政党なので、尖閣で何もしないんですか?


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-18 01:40 | TPP・FTA反対

安倍・石破氏 ゆるキャラに

c0294269_22102413.gif


 


安倍・石破氏 ゆるキャラに産経


自民党は17日の党大会に合わせ、党の顔である安倍晋三首相と石破茂幹事長をモチーフにしたキャラクター・イラストコンテストの授賞式を行った。


 最優秀賞に選ばれたのは北海道在住の高橋玲香さんの作品。ともに目尻が下がり、ほんのり赤いほっぺでにこやかな表情の首相と石破氏が描かれている。


 授賞式に出席した首相と石破氏は、自分にそっくりな笑顔の作品にご満悦の様子だった。



 


要らん。


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 


政治家有名人と知人家族は違う存在。有名人と自分を同一視するみっともなさ。


 


臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。


 


「手の平を返す」という言葉の使い方を考える


 


所謂「TPP飛ばし記事批判」の功罪


 




 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-18 00:57 | 自民党

臥薪嘗胆無き、偽りのダイヤモンド、窮乏を認めない者は信用できない。

c0294269_22102413.gif


 


安倍首相のTPP会見、自分には主張部分はこれまでの最悪の新自由主義の総集編で、後の質疑部分はまともに答えられず、シドロモドロ。まさかこれほど劣化した安倍首相の姿を見せられて、安倍氏に期待を寄せる横田夫妻と拉致被害者家族にのみ悪いが、大変に失望させられた。


 


しかしそんな安倍首相のTPP会見が光り輝いて見えた人達もいるようで、蓼食う虫も好き好き、とは昔の人も良く表現した物である。


 


仮に安倍首相の会見が意気揚々として、光り輝く自信に満ち溢れていたとして、それこそ自分はさらに見下す事になる。


 


それは、TPPでこれまでの産業構造や農業の変化が起こるのだとすれば、廃業や業種変換、失職から転職まで、ありとあらゆる犠牲の上に成り立つ理想が、どれほどご立派で高邁な理想で、素晴らしかろうとも、その犠牲になる者の存在に想いを馳せる事無く、自分の掲げる理想の実現にのみ胸躍らせている時点で、自分はどんな成功が待っていたとして、為政者としてそんなヤツはカスにしか見えない。(成功しないと思うが)


 


3兆かいくらかの農業での損失が出ると言う。もちろんJAやその他、日本の農業が抱える問題は山ほどあるだろう。けれど、さあ改革なので、お前らは喜んで人柱になれ、改革に貢献出来てよかったなあwwみたいな人間が信用出来るか?


 


TPPによるルールの国際化だとか、攻めの農業だとかという、自分勝手な理想を実現する為に、他人の犠牲が目に入らない、それどころか、犠牲が発生しても、改革の為なら当然でしょ?みたいな発想の人間の何が凄いのか。


 


それに関して面白いのは、安倍氏に好意的な一部の反TPP派の人々が、「安倍さんは民主党が敷いたレールに抗しきれず、いろいろな圧力と板挟みで、泣く泣くTPP推進に動いている。」という、将軍さま受難論。


 


いや北朝鮮さながらのチュチェ思想に頭が下がる。


 


もし仮に安倍氏が


 


「先の民主党政権の負の遺産、尖閣諸島に於けるシナの跳梁、韓国の横暴等もあり、これに抗するに際して、断腸の思いで、多くの困難を抱える事を承知の上で、臥薪嘗胆して、TPP協議に決死の覚悟で挑む。しかしこの協議には日本の国益に反する事は絶対に同意しない。」


 


と正直に窮乏を認めて、それで前に進むなら分かる。


 


けれど、「TPPに入ると、良い事ばかりですよ~wこれからは開かれた国ですよ~~、国際ルール最高ですよ~~ww。」みたいな、前向きというよりも、窮乏を認めず、不利を見ない振りをして、怪しげな自己啓発のような、偽りのダイヤモンドの煌めきを示して、それで前に進もうだの言われて、ハイソーデスカと信用出来る人間がいるのか。(あ、・・・いるのか。)


 


どれほど「自分は輝いてる、自分はダイヤモンド」と連呼しても、実態が伴ってなければ、何の意味も無い。


 


窮乏や困窮を素直に認めず、むしろそうした事を隠し通す為に、ひたすら「良い事」ばかり言い募る、そんなカルト教団か詐欺師のような安倍は観たくなかったわ。


 


しかし本当に日本どころか、全世界史を通して、「え?ここまで正直に、権力者が心境を吐露する事があるの?」という名文が存在する。というか日本人なら誰もが知っている。


 


加之敵は新に残虐なる爆彈を使用して頻(しきり)に無辜を殺傷し惨害の及ふ所眞に測るへからさるに至る

而(しか)も尚交戰を継続せむか終に我か民族の滅亡を招來するのみならす延て人類の文明をも破却すへし

斯の如くは朕何を以てか億兆の赤子を保し皇祖皇宗の神霊に謝せむや是れ朕か帝國政府をして共同宣言に応せしむるに至れる所以なり

朕は帝國と共に終始東亞の解放に協力せる諸盟邦に対し遺憾の意を表せさるを得す

帝國臣民にして戰陣に死し職域に殉し非命に斃れたる者及其の遺族に想を致せは五内爲に裂く

且戰傷を負ひ災禍を蒙り家業を失ひたる者の厚生に至りては朕の深く軫念(しんねん)する所なり

惟ふに今後帝國の受くへき苦難は固より尋常にあらす

爾臣民の衷情も朕善く之を知る

然れとも朕は時運の趨く所堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍ひ以て万世の爲に太平を開かむと欲す


 


畏れ多い事だが、言うまでも無く、玉音放送の一部だ。


 


要は「日本は欧米の残酷な植民地支配に決死の覚悟で戦いを挑んだが、相手は想像以上の鬼だった。もはや文明が滅ぶレベルの戦争で、これ以上継続する事は困難、耐えられない程に苦痛だが、耐えて前に進もう、決して日本は滅びる事は無い。」


 


という事だ。ここまで正直な支配者が存在するだろうか?(天皇は通常の権力者では無いが)


 


普通はよい事だけ言い、悪い事は言わないのが政治家だろう。普通の国ならば、これを聞けば、何を置いても外国に逃げだすか、革命が起こるはずだが、日本は、「耐えがたきを耐え」の部分を聞いて、これはもう諦めて従おう、日本を再建しようとなった。


 


全く畏れ多い事だが、安倍のTPP演説と、玉音放送を検索して、全文を比べて見れば、違いがよく判るだろう。


 


 


賛同頂ければクリックお願いします)

c0294269_22102697.gif


 


TPP=農業問題は間違い!TPPは生活全てに関わる危険な条約


(農業も重要ですが)


外圧で農業改革叫ぶ愚かしさ、TPPでピンチをチャンスにといういい加減さ


 



 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-03-16 22:29 | コラム(長)