日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

政界無能者小沢一郎 1参院選で敗北2派閥抗争で敗北3検審で敗北

よくTVの街頭インタビューなどで、小沢関連の事を聞かれたときに疑惑があるけれど、「剛腕で懸案を解決して欲しい」とか「悪には悪で毒には毒で」とか「政界の裏側に通じてる小沢さんなら色々出来る」とかイメージ先行の具体的には何がなんだかよくわからない擁護をするのが度々あった。


 


悪のパワーがシスの暗黒卿の事ではないとすると、具体的にはどういった力なのかという事を棚送りにしても、本当に小沢って言われてるほど剛腕なのだろうか?


 


このところの連戦連敗具合を見ていると、最強なのは信者の脳内妄想だけで、本当は中身カラッポの顔だけ番長なのではという気がしてならない。


 


特に最近は大きな節目ともなる場面で3連敗、赤っ恥三段負け、恥知らず三逃亡本土決戦とも言うべき状態を見るにつけ、その考えが確信に変わった。


 


小沢敗北神話①参院選で民主党敗北!


 


よく参院選の敗北は菅直人の消費税発言の迷走と言われているが本当にそうか?それはマスコミがミスリードした表層的な理由で、本当の理由は鳩山政権時の小沢一郎による強引な政治手法が国民から完全にNOを突き付けられた結果じゃないのか?菅直人の前の鳩山普天間迷走にも隠されて、今やすっかり忘れかけられているけど、一番国民がひいた「議員立法の禁止」「陳情一元化」「新人議員囲い込み」「政策部会廃止」「高速道路建設推進」等小沢がかねてより理想としていた、幹事長が政権の命運を握るという手法が完全に国民から否定されたからじゃないのか?つまり小沢が民主党政権で「一番やりたかった事」が参院選最大の敗因と言えるのだ。特にマニュフェスト関連でふらつく鳩山に度々命令を下す小沢の姿勢は、二重権力構造を国民に印象付け、旧来的な自民党政権よりも悪質な印象を与えたはずだ。


 


 


小沢敗北神話②派閥抗争(党首選)で敗北!


 


先ほど書いたように「悪のパワー」「裏のパワー」というべきものが具体的には何かと言えば、いわゆる寝技とも言うべき伝統的な政界の動員力や選挙での強さを言うとすれば、それが一番発揮されるべき党首選という場面でもその力は現れなかった。


 


この時点で小沢のハリボテさは世間一般にも知れ渡ってしまった。期待されていた「悪のパワー」なんて存在しなかったのだ。あったのは悪は悪でも、ただの性格の悪い孤独な老人の姿だったのだ。解説者によっては議員票数で菅とはほぼ対等であると強弁している者がいるが、それは断片的に見ればそうかも知れないが、最初の分析ではもっと多くの議員票が集まり、地方票で菅がなんとか辛勝と言われたいたのを忘れているのだろうか?あげくに隠れ小沢ファンなる妄想上の生物(UMAか?)が菅支持者に多数いて、最終的には議員票で圧勝すると妄想されていたのだ。ふたを開けてみれば、隠れオザワファンどころか、小沢の顔の怖さに黙っていた隠れ菅ファンの方が多かったわけである。この時点で剛腕小沢という看板は完全に消滅した。


 


 


小沢敗北神話③検察審査会でも敗北!


 


青山がズバリ!でも触れられていたが、どこかの親切な小沢ファンの人々が連日圧力をかけてくれたお蔭で?補助員の弁護士が辞任した・・・までは良かったのに結果を見るとやはり敗北。人員が全員入れ替わって、補助員弁護士が辞任して、それでも二回とも起訴相当。これは完全に小沢の弁明、小沢の言い訳「あーー強制捜査権を持つ、うーー検察というプロが、おーーー捜査をつくして、えーーー無罪となったっちゅうこと。」とか「あーーー国会招致とかなんとか言う前に、うーーー何度も記者会見で、おーーー説明は果たしているっちゅうこと。」とかが全く国民から信じられていない、理解を得ていないという事なのだろう。通常の知能があれば記者会見で事足りれば国会招致というシステム自体いらないし、少し調べれば完全に無罪と言われた訳でなくて、嫌疑不十分という灰色決着なのは誰でもわかる。道義的には真っ黒と言われたに等しい。


 


それでも小沢信者は裁判では小沢が有利、だから全く問題ないと強弁している者もいる。それは違う。もちろん推定無罪の原則から小沢は今のところ罪は無いし、裁判でもやはり勝つ可能性が高い。しかし重要なのは、政治と金という問題で秘書だけに罪を押し付ける旧来的な手法は国民が許さないと二回にわたって示された点であって、それを世論調査で大半の国民が支持されているという事実が明確化された事が重要なのだ。やはりこの点でも小沢は「負けた」のだ。


 


 


外国人参政権に反対する会・公式サイト


 


国民が知らない反日の実態 



 


ゴ 民 主 党 で日本がアブナイ!+内部抗争と崩壊


 


今や小沢は信者の脳内でだけ最強の生物として君臨している。これからニュースで剛腕というニックネームを使うのは間違いだ。


 


敗北者という名前こそが小沢一郎にぴったりである。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-10-06 23:26 | 小沢一郎疑惑
<< 亀井、冤罪の使い方間違っているよ もし平成大津事件が起こったら即... >>