日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

亀井、冤罪の使い方間違っているよ

最近はすっかり見なくなった亀井静香。ちょこちょこ発言自体は続いているよう。そこでちょっと気になる言葉の間違いが。


 


【小沢氏「強制起訴」】国民・亀井代表、「冤罪なら大変な人権問題」


国民新党の亀井静香代表は6日の党幹部会で、民主党の小沢一郎幹事長に対する検察審査会起訴議決について、「検察審査会起訴相当とした事件で無罪判決が出ている現実がある。冤(えん)罪(ざい)の場合、大変な人権問題だ」と指摘した。検察審の議決後20日間も結果が公表されなかったことについては「(4日の発表まで)密封されていた。審査会は国民の代表として検察の処分について意見を言うのだから、審議過程はオープンにされていい」と述べ、検察審査会のあり方に疑問を呈した。


 


 


なんと亀井、裁判で有罪と無罪双方が出る可能性があるのは当然という道理を理解してないよう。


 


つまり日本特有の「有罪の疑いが濃い場合にしか起訴しない」というこれまでの警察のただの「慣例」が「推定無罪の原則」より上だと言っている訳なんだろう。


 


はっきり言ってそれはおかしい。検察審査会の意味というのは、起訴という権利を検察が独占するのを許さず、市民感覚で裁判の場での公明正大さを知る権利を得ようって事でしょ。


 


これまでの警察の慣例が生んだ 容疑者=有罪 被疑者=有罪 被告=有罪 という感覚は間違いで、これからは起訴差別(?)を無くす、検察審査会実力発揮元年だって言うべき場面じゃないのかなあ?


 


亀井のいいぶりを聞くと、世の中の起訴された案件は全て有罪だと決めつける、トンデモ差別助長発言だとおもうけどな~。


 


それと語義的にも「冤罪」の使い方間違ってるよ。


 


冤罪ていうのは裁判で有罪が確定したり、服役中や出所後に真犯人などが判明して、文字通り無罪、冤罪が確定する事をいうのじゃないかな?


 


濡れ衣と冤罪という言葉は明確に区別しなきゃいけないし、最初に書いたとおり、起訴された事で罪と決めつけるのもよくない。


 


いったい差別的感覚で物事を決めているのはどっちなのかなあ?


 


外国人参政権に反対する会・公式サイト


 


国民が知らない反日の実態 



 


ゴ 民 主 党 で日本がアブナイ!+内部抗争と崩壊


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-10-07 11:41 | 小沢一郎疑惑
<< 役所窓口のたらい回しみたいな菅... 政界無能者小沢一郎 1参院選で... >>