日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

小沢不正と検察不正、異常な対応落差「とにかくスピーディーに」?

小沢不正も検察不正もともに同じ裁判にかけられる案件であり、当然双方ともが〝推定無罪〟の原則に乗っ取って対応されるべきでしょう。にしては政権党の民主党、マスコミ共にその対応に異常なダブルスタンダードが見られるようです。


 


とにかく小沢様については国会での説明責任もご自分様の意志にまかせ、ご機嫌が悪ければどうぞご自由にという事なのに、検察に関しては数人の不正で歴代の事件すべてが証拠捏造だったに違いないと決めつける勢いです。この落差は何なのでしょうか?今現在の絶対権力者は民主党であり仙谷であり、小沢のはずです。強者と弱者を取り違えて、あとあと民主主義に深刻なダメージを与える危機にどうして誰も批判しないのでしょうか。


 


検察検討会議なる会議が柳田法相の肝いりで始まるようですが、何故か法相は「どんな議題でも、特捜廃止でも禁句無く話し合い、とにかくスピーディーに。」と言っています。何をそんなに切羽詰って急ぐ必要があるのでしょうか?急ぐ必要のある性質な問題でしょうか?北朝鮮による拉致犯罪はゆっくりじっくり取り組んで、検察解体はとにかく今日明日にでもって事でしょうか??


 


それにも増して異常なのはその人選です。議長に選挙で落選し、死刑廃止というあからさまに政治色の強い行動をとり続けた千葉景子。さらにメンバーの中には長年反日的報道で有名な某番組のコメンテーターを務めた嶌信彦、さらに昨日ニコニコ動画の小沢インタビューに信者動員された江川詔子、さらには小沢不正疑惑の時にメール問題ばりに物凄い勘違いで書類の解釈を間違って小沢は無罪濡れ衣だと叫び続けた記憶も新しい郷原など、異常に党派色が強い人間が目立ちます。


 


検察特捜に批判的な人間が選任される事については異論は一切無いです。けれど明らかに特定の政治家と結託して政治色が強すぎる発言を繰り返す人間を選ぶと言うのはこの会議が偏った意志により設立されたと暗に白状するようなものじゃないでしょうか?「一体どのように検審が選ばれているのかわからない。」と言っていた人々が自分達こそが「なんで?」という人選で国家の重要案件を勝手に決めようとするのは非常に悪質です。検察に批判的でまともな人間など日本に何万人でもいるでしょう。どうしてワイドショーコメンテーターが選ばれるのですか?


 


仙谷婆が事業仕分けを〝文化大革命〟と呼んだのはあながち間違いでは無くて、仕分けの名を借りた権力闘争という意味では非常に的を得ているのと同じように、今回の検察検討会議は、権力監視機関である検察の不正をただすという美名のもとに自分達に歯向かう事の無いように牙を削ぐ権力による横暴という気がしてなりません。


 


特に小沢の不正に対して検察の陰謀だ、自民党の陰謀だ、CIAの陰謀だと電波丸出しで騒いでいる人間を、その検察を規制する会議に招へいするのは、泥棒の一味か親戚を警察の管理官に任命するような物でしょう。


 


【検察検討会議】検察に厳しいメンバー 特捜廃止も議論、可視化提言は不可避か


大阪地検特捜部の押収資料改竄・犯人隠避事件を受けた「検察の在り方検討会議」の委員が4日、発表された。顔ぶれをみると、検察に厳しい見方の委員が多く、特捜部存廃にも踏み込んだ議論が交わされるとみられる。取り調べの全面的な録音・録画(可視化)に積極的な委員も目立ち、可視化に前向きな提言が出される公算が大きい。


 柳田稔法相は前法相の千葉景子氏を座長に起用した際、「検察に対して厳しい立場の方というのが最低条件」と話し、この基準が委員にも当てはめられた。


 座長の千葉氏は法相退任後、特捜部不要論ともとれる発言を展開。特捜部事件についての可視化実現について言及している。


 弁護士の石田省三郎氏はリクルート事件などの弁護を手がけ、昨年、「取調べの『全面可視化』をめざして-リクルート事件元被告・弁護団の提言」の著者にも名を連ねた。仙谷由人官房長官とかつて同じ弁護士事務所に所属。仙谷氏が先月、雑誌記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の出版社に損害賠償を求めた訴訟では、仙谷氏側の代理人を務めている。


 元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏は、民主党の小沢一郎元代表が強制起訴される政治資金規正法違反事件などに絡み、特捜部捜査を批判。江川紹子氏も可視化を求める日弁連の集会などで、大阪地検特捜部の証拠改竄事件などを例に可視化の必要性を唱えている。


 


検討会議の事務局を取り仕切るのは、大臣官房審議官から松山地検検事正に異動後、2カ月余りで大臣官房付に戻った黒川弘務氏。大臣官房や刑事局勤務が長く、裁判員制度の制度設計では各方面の意見を調整しつつ、具体化に尽力した手腕が買われたとみられる。


 これまで、法務・検察当局は「可視化すれば容疑者が真実を供述しなくなる」などと指摘、捜査に悪影響を及ぼすという理由から消極論も根強かった。


 ただ、「検察への信頼は地に落ちた」(柳田法相)という一連の不祥事の中、会議の提言は可視化導入に傾く可能性が高い。ある法務省幹部は「可視化受け入れは避けられない流れだろう」と話す。 


 


メンバー


 


【座長】千葉景子(前法相)【委員】石田省三郎(弁護士)▽井上正仁(東大大学院法学政治学研究科教授)▽江川紹子(ジャーナリスト)▽郷原信郎(元東京高検検事、弁護士)▽後藤昭(一橋大大学院法学研究科教授)▽佐藤英彦(元警察庁長官、警察共済組合理事長)▽嶌信彦(ジャーナリスト)▽高橋俊介(慶応大SFC研究所上席所員)▽但木敬一(元検事総長、弁護士)▽龍岡資晃(元福岡高裁長官、弁護士)▽原田国男(元東京高裁判事、弁護士)▽宮崎誠(前日本弁護士連合会会長)▽諸石光熙(元住友化学専務、弁護士)▽吉永みち子(作家)


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-11-04 23:24 | 小沢一郎疑惑
<< 警視庁流出と米軍内部告発をごち... 汚縄犬労氏、政倫審や喚問を拒否... >>