人気ブログランキング |

日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

フジテレビの筆頭株主はソフトバンクじゃないですか/セシウムさん?

フジテレビの系列の東海テレビが、プレゼント景品の当選者の名前表示を、「汚染されたお米セシウムさん」などと表示して抗議多数を受け、謝罪したという。しかもそういった名前の人が応募したという事では無く、局側のテスト用のダミー名前が誤って表示された物であるという見方が大勢だという。


 


視聴者にプレゼントするべき景品、岩手県産のお米を、セシウムさん等と表示する所に、TV局に勤める人間の卑しい性根が透けて見える。これは冗談で済まされる問題とは思えない。書いた者は局を辞職するくらいが必要の深刻な「精神汚染」だ。


 


これで思い出すのが同じく本家フジテレビの原発報道時の暴言問題だが、あれも形ばかりの謝罪をしただけで、誰のどういう真意の発言か解明されずじまい。野党の政治家の足をひっぱるだけのTV局、東電や保安院の前に一度解体したらどうか?


 


それにしてもフジテレビの筆頭株主がソフトバンクの関連投資会社という事で、一連のフジテレビの日本叩き姿勢の正体がわかったような気がする。異常な韓国持ち上げと、日本隠し、そして韓国による侵略をひたすら我慢しろと打ち出す報道姿勢、これらがソフトバンクの影響だとすると、ハゲバンクの孫クズ欺の罪は重い。


 


古館伊知郎は「イギリスのメディア王の事件で日本でもメディアの裏という物を報道する必要があると思った。」て言うくらいなら、今の異常な韓国持ち上げと菅政権の情報隠しを特集してはどうか?さらに事実上のメディア王でもありながら、自分へのヨイショ報道を繰り返させる(少なくとも批判的な報道が一切流れない)孫クズ欺についても批判してはどうか?


 


c0294269_3102940.gif


 


ソフトバンク・インベストメントがフジテレビ筆頭株主に


 ニッポン放送保有のフジテレビ株式を貸し出し、ソフトバンク・インベストメントがフジ筆頭株主に。共同でベンチャーファンドも設立する。


 


 フジテレビジョンは3月24日、ソフトバンク・インベストメント(SBI)が同日付で同社筆頭株主になったと発表した。


 ニッポン放送は、保有するフジテレビ発行済み株式総数のうち、議決権ベースで14.67%(35万3704株)をSBIに消費貸借契約で貸し出した。貸借期間は2010年4月1日まで。期間中は議決権がSBIに移転するため、SBIがフジテレビの筆頭株主となる。


 ニッポン放送の亀渕昭信社長は、ライブドアの同社株式買収問題に絡み、同社が保有するフジテレビ株の売却を検討中とかねてから話していた。


 SBIはソフトバンクグループの投資会社。ソフトバンク100%子会社のソフトバンク・ファイナンスが39.8%を保有している。


 また、フジテレビとニッポン放送、SBIは同日、共同で200億円規模のベンチャーキャピタルファンドを設立すると発表した。


 ファンド名は「SBIビービー・メディア投資事業有限責任組合」。フジテレビが160億円、ニッポン放送と、SBIの100%子会社SBIベンチャーズが20億円ずつ出資する。


 SBIグループの通信・インターネット分野の事業ノウハウとベンチャー育成実績、フジとニッポン放送のコンテンツや人材などを融合し、映像や音楽、出版などのコンテンツや、メディア、ブロードバンド関連事業など、放送・通信・ネットにまたがる有力なベンチャーを発掘・育成するのが狙いとしている。


 運用期間は約5年間の予定。2年間の延長も検討する。


 


「汚染米」テロップで謝罪=東海テレビ


東海テレビは4日、同日午前に愛知、岐阜、三重の3県で放送した情報番組「ぴーかんテレビ」で岩手県産米プレゼントの当選者名を発表する際、誤って「汚染されたお米」「セシウムさん」など不適切なテロップを流したとして謝罪した。

 リハーサル用に作ったテロップが誤って流れたという。同局は「不謹慎な表現で、深く反省し、おわび申し上げる」とコメントした。



by bluegreenEXT | 2011-08-04 20:34 | マスコミ批判
<< 米露中、三大ならず者国家に囲ま... 現代版生類憐み令【脱原発を問う... >>