日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

野田はシナに謝罪を「厳命」せよ

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


臨時国会で法案が通過するのかどうか不明だが、野田豚内閣が人権擁護法案(名前変わったらしいな…)を閣議決定したそうな。元々期待はしてないが、松原仁が海外にいる間に実行したとかで、先の大臣自殺?と併せて、日本は今異常事態に突入したようだ。自分は今は閣議決定の段階だが、人権擁護法案が通過しないよう、とにかく今は一刻も早く政権交代して日本破壊法案が一つでも動かないようにするしか無い。


 


そんな野田内閣に外交問題で批判しても全く仕方が無いのだが、とりあえず書く。


 


今回の野田の邦人保護「要請」については、殆どの人が「?」と思ったはずだ。橋下のように「民主主義が成熟していない。」などと意味不明な事を言い出す者がいるが、シナは一党独裁の非民主主義国家であり、今回のテロ暴動が規制の厳しいシナで実行出来たのも、共産党がなんらかの意図を持って容認したからに他ならない。実態として反共の意図も中にはあるだろうが、それが本格化しそうな直前で、共産党政府は、ばちっと静止するのは目に見えているので、やっぱり官制テロ暴動と言える。


 


そのような実態を前にして、邦人保護の要請と言うのは、窃盗団に対して、万引き犯を見かけたら教えてねとか言い出すくらいおかしな話で、そこは邦人保護の要請では無く、邦人の安全確保の厳命、テロ暴動阻止の厳命、謝罪と賠償の厳命であるべき場面じゃないか?


 


そもそもが、色々な事があり過ぎて忘れかけているが、今起こっている事は有名保守ブロガーや解説者がずっと「シナは海洋型海軍を整備して、最終的にアメリカと対峙する戦略を持つ」と言い続けた事の証明であって、決して都知事が土地所有を言い出したからでは無い


 


民主党に政権交代した時に、自民党がずっと選挙時に批判していた事が本当に民主党政権で続発したのに、マスゴミは何故か「正解者」をスルーし続けるように、今回も「シナは海洋型海軍を整備して、太平洋に出る。」「沖縄も危ない。」と散々言って来た人々を今も見ないようにして、「何故中国様は暴れてるんだろう!?」「尖閣国有化が原因だ!」「また棚上げにしよう」とか狂った事を言っている。


 


何も「当たっていたのだから褒めろ」みたいな単純な事を言っているのでは無くて、世には今の事態を正確に予測し、丁寧に対策まで進言して来た無数の人間がいるのに、一切それが考慮されず、さらには現在進行形で事態が悪化しているのに、まだ進言を無視し続けた側の体制、報道、解説者達が誤った対策を検討し続けている事が驚きだ。


 


そもそも今回の尖閣侵略事案はシナが周到に計画を進めて来た事の一環であって、それは尖閣漁船衝突事件辺りから、いつ急激に悪化するか判らない所まで来ていたのは明白。その時にビデオ公開するなだの、波風立てるなだのほざいてた連中は全て公職、マスゴミから去れと言いたい。


 


古館のような狂ったマスゴミは「こんな時こそ与党も野党も無く挙党一致で。」と震災直後に連呼した言葉をまた言い出した。むしろ震災で学んだ事は、桁違いに狂った政府の場合は、多少波乱が起こっても政権交代させた方がマシという事だ。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-09-19 20:33 | 竹島・尖閣・北方領土
<< バカサヨ『尖閣、竹島めぐり橋下... 沖縄基地&オスプレイ報道とシナ... >>