日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

防犯ブザー配布中止撤回=朝鮮学校に謝罪―東京都町田市

c0294269_01047.gif


 


なぜ謝罪が必要なんだ?というか配布する必要は無い。


 


例えば「今日から自分はアメリカ軍だからガバメントくれ」と言っても当然ながらガバメントはもらえない。


 


それと同様に、日本の法律に定める学校、一条校では無い各種学校(専門学校・私塾)である朝鮮学校が、通常の学校で配布されてる装備品が貰えないからと言っても、差別でも何でも無い。


 


要は動植物界の「擬態」と同じで、宗教施設が学校に擬態する事で、まんまと他人の金(税金)をせしめている訳である。


 


今回の件で差別と言える段階は、防犯ブザー業界が朝鮮人には売らんと言った時点で、差別と言えなくも無い。しかし防犯ブザーを買う自由も、買った親なり朝鮮私塾なりが配布する自由は確保されているわけで、差別でも何でも無い。


 


子供が絡むとすぐに「かわいそう」と騙されるバカが多いが、今回の件のような事を積み重ねて、朝鮮語で大学受験とか無茶苦茶な要求を突きつけてきた。いい加減、市町村レベルじゃなくて、国がはっきりと朝鮮私塾廃止を打ち出すべき。


 


あ、朝鮮総連本部ビルを易々と朝鮮に関連性の強い人に売り渡す政府じゃ無理か。


 


←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_010555.gif


c0294269_010615.gif


 



 



 



 


防犯ブザー配布中止撤回=朝鮮学校に謝罪―東京都町田市


 


東京都町田市教育委員会は8日、市内にある朝鮮学校「西東京朝鮮第二幼初級学校」(李政愛校長、児童数68人)への防犯ブザーの配布中止を撤回し、45個を郵送した。市教委は「北朝鮮情勢」などを配布中止の理由としていたが、同校に電話で謝罪した。

 市教委によると、この日の会合で配布中止の決定が教育委員会での協議を経ずに行われたことや、政治情勢が理由だったことに委員から批判が出たことなどを受け撤回を決めたという。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-04-09 23:34 | 北朝鮮・拉致犯罪
<< 自民・谷垣氏と民主・野田氏が会... 宗教法人への売却確定=朝鮮総連... >>