日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

反戦左翼語り部に似たり、硫黄島政治利用/安倍首相が硫黄島訪問=「戦争繰り返さぬ」

c0294269_01047.gif


 


安倍首相が硫黄島視察に赴いた。基本的には賛成だしよい事だと思うが、何かしら素直に喜べない要素もある。


 


一つは大前提として、衆院選挙時にあれだけはっきり表明していた靖国参拝、春の例大祭には早々と不参拝を表明?その代わりとしての保守釣りのような硫黄島視察にも思える。確か公明党の山口代表も同行しているはずだが?


 


そして記事中にある「遠く離れた家族を案じつつ戦場に散った方々に思いをいたすとき、悲痛の思いが胸に迫る。戦争の惨禍を繰り返さないためにも、歴史を風化させることなく、若い世代に伝えなければならないがひっかかる。


 


これって有名な平和公園の「二度とあやまちは繰り返しませんから」に近い物を感じるのだが。

 


言うまでも無く、憲法九条を改正し戦後レジュームを脱却するならば、取りも直さず降りかかる火の粉は振り払う、日本の平和を乱す物には容赦無く平和の為に戦う事も厭わないのでは??


 


なにやら安倍首相の言い方は、東京大空襲や原爆被害、沖縄地上戦の悲惨さばかりを強調する、反戦左翼の語り部と似ているという事は無いか??


 


いやもちろん、悪の代名詞とされていた旧軍の名誉を復活させる事も戦後レジューム脱却の一環である事は充分理解できる。


 


けれど、TPPに対するあからさまな思考停止や道州制推進、そういう事も併せて考えると、素直に受け取れない。


 


賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_010555.gif


 


安倍晋三首相は14日、太平洋戦争末期に日米が激戦を繰り広げた硫黄島(東京都小笠原村)を訪問した。同島で戦死した旧日本軍将兵約2万2000人のうち、これまでに収集された遺骨は約1万人分にとどまっており、首相は収集作業の加速を促すため、遺骨の収容現場などを視察。戦没者追悼式にも出席した。

 首相は追悼式で「遠く離れた家族を案じつつ戦場に散った方々に思いをいたすとき、悲痛の思いが胸に迫る。戦争の惨禍を繰り返さないためにも、歴史を風化させることなく、若い世代に伝えなければならない」と語った。

 この後、首相は記者団の質問に答え、「遺骨帰還事業を着実に進めていきたい」と表明。サンフランシスコ講和条約発効時に小笠原、奄美、沖縄が米国施政下だったことにも触れ、「(島民らの)苦渋に満ちた思いにも、われわれは思いを致さなければならない」と強調した。 

 現職首相の硫黄島訪問は2010年の菅直人氏以来で、公明党の山口那津男代表や、硫黄島の戦いを指揮した栗林忠道陸軍大将の孫に当たる新藤義孝総務相も同行。午後には現職首相として初めて小笠原村の父島を訪れ、島民との対話集会に臨んだ。(2013/04/14-17:04)


 


 


日本分断の道州制反対!日本に全羅道とか欲しいですか?


 



↑不公平な中小政党(公明党)への得票再分配反対!


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2013-04-14 20:39 | 自民党
<< ケリーはシナの回し者か/日米外... TPP拒否すれば日米同盟亀裂と... >>