日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:民主党010(長)( 8 )


民主信者の偽装自己批判ポーズ、消えた「資質・責任・前提条件」

最近ニュースや解説者がしきりに言う事に、「国会が進まない」「法案が通らない」「与党も野党もしっかりして欲しい」などがある。


 


しかしよく考えたらこれほどおかしな批判の方法も無いでしょう。どうして政治解説者だとか一般人より高い情報を持っているべきキャスターなどが「与党も野党もしっかり」だとかアヤフヤな言葉で誤魔化すのでしょうか?


 


何かが起こるには原因があって、それを解説するのが文字通りキャスターや解説者なはずだと思うのですが、それを意図的に放棄している悪質なマスコミしか存在しないのが日本の不幸でしょう。


 


今回の国会で言えば、国家の根幹である外交・防衛問題ついて、仙谷と菅が独断で取り返しのつかない損害を日本に与えたと野党が感じるからこそ、その中心人物に問責決議を与えたのであって、何も空から急に国会停滞が降って湧いたかのように言い募るマスコミや民主党信者は何なのでしょうか?


 


ここは「国会が停滞しています、与党も野党もしっかりして欲しいですね。」では無くて、「尖閣問題など仙谷・菅コンビに対する野党の不信感で国会が停滞しています。与党は積極的に野党に協力を求める方策を考えるべきですね。」等言うのが正しいでしょう。


 


c0294269_2103384.gif
にほんブログ村


いや、それでも大甘でしょう。なにしろこの菅内閣は先の参院選挙で敗北、さらにその後の各地の補選や地方選挙でも連敗、マスコミ・民主党信者があれほど好きだった、喫緊の民意という言葉はどこに消えたのでしょうか?


 


消えた言葉と言えば、政治家の資質と前提条件もどこに消えたのでしょうか?


 


何度でも書きますが、麻生太郎が漢字を読み間違えた、(自分の金で仕事を果たした後に)バーに通ったなどと騒ぎ立て、庶民の暮らしがわからない、首相としての品位が無いなどと、およそ政治家としての機能・性能・センスとは無関係な前提条件を、つまり些細な事をやり玉に挙げて揚げ足取りの連続で国会を空転させ続けたのが民主党です。もちろんマスコミ連中もそれと呼応して、朝から晩まで天下国家と無関係の話題を取り上げて喜んでいたものでした。


 


しかし今はどうでしょうか?漢字読み間違いどころか、国際会議で菅直人が国家首脳の名前をしどろもどろではっきり発音できなかったり、ブリーフケース持って突っ立った姿で韓国大統領と握手する姿が撮影されたり、あげくに中国首脳とメモ読み会談する始末。おまけに庶民派のはずだった菅は連日豪華夕食でどんちゃん騒ぎ。一体あれほど揚げ足取りに専念していたマスコミはどうしたのでしょうか?


 


いや、それでも好意的に考えて今後マスコミが反省して、ああいった揚げ足取り報道は一切しないというなら(自民に政権交代したら即再開でしょw)それでも構いません。望むところです。しかし事務所費問題だとか、政治家としてのセンスに関わる捏造では無い、本物の失言だとかの、資質・前提条件に関する部分までもが民主党に関しては異常なくらい余りにもマスコミが甘い。


 


それはマスコミだけでは無くて、民主党信者達もあれほど漢字が読めないからリーダーと認めれない、バーに通うから庶民の暮らしがわからず資質に無い、つまり自民時代、一つの欠点で九の美点は無視しても前提条件が大事と言っていたにも関わらず、その当の民主信者らが、小沢一郎は汚職政治家で金の亡者でマスコミに愛想の悪い悪徳政治家だけど、今の日本には小沢さんのパワーが必要です、などといけしゃあしゃあと言ってのける。つまり九の欠点のある小沢、民主党も、一つ良点があれば合格と言いなおしている。


 


一体民主党信者というのは、「わかって」我田引水を言っているのか、それとも「ど天然の大馬鹿」で自分で気付かずに矛盾を言っているのか、どちらなのだろうかと真剣に疑問に感じます。


 


それに関して、薄々民主党がど低能のバカ集団だという事に気づいてしまったけど、けれどもう後には引けない、今更方向転換なんかできない・・・でもやっぱり自分だけは公平で公明正大な人間だと思われたい・・・って感じの情けなくも厚かましい人々がいるようです。


 


そういう人達は形ばかりの民主党批判モドキを書いて、それでなんとか浅知恵で誤魔化そうと思っているようですが、頭隠して尻隠さず、ほとんどが自ら馬脚を現しているのが実際なようです。


 


それらの大半が、今の菅内閣も仙谷もダメ、これじゃあマスコミや野党にいらぬ揚げ足取りの攻撃材料を与えてしまうだけ。今の野党も与党もダメ、やっぱり少々の犯罪行為に手を染めていても、これからはますます小沢さんのような人間が重要になる・・みたいな事しか書けないので丸わかりなんですよね。


 


自分は菅も仙谷も大嫌いですが、民主信者達が支持率の低下した菅と仙谷を巧みにパージしようとする姿勢が理解できません。何故なら菅も仙谷も元々バカサヨという生来の負の属性はあるにしても、今現在外交、内政とも日本墜落の原因を作ったのが、鳩山・小沢内閣だったと感じるからです。


 


もっと言えば、鳩山も小沢も菅も仙谷も、民主党というダメなシステムが生み出した固有の存在であって、アレがコレが悪いというような物では無くて、民主党という党自体が諸悪の根源なのでしょう。


 


日本の政治にとって本当に大事な健全な政権交代という物が、こういったど腐れエセ保守真正サヨク政党によって、完全に潰されたのは非常に残念です。たとえばこれがみんなの党と自民党のような政党による二大政党制だったならば、どんなに良かった事かと残念でなりません。 


 


 


c0294269_2103762.gif


 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-12-04 12:33 | 民主党010(長)

根拠は無いけど「仙谷の差し金だ」は正しいかもしれない

二つの何故?


 


小沢一郎の強制起訴が決まった訳だけど(異議申し立てとかわけのわからない事がどうなるか不明)議決日が党首選と同日、そして発表日が予想より大幅に早いと、世間では(特に小沢信者の間で)どうしてこういう日取りになったのか凄く気になっているよう。


 


審査員の構成とか、議決内容にまで手が加わっていると妄想している人もいるようだけど、それは審査制度の成立時期とか関わる人間の多さ複雑さとかを考えたら、政権取って数か月の仙谷内閣にそこまでいじれる力は無いと思うんですよね。


 


まあ、そういう人達からすると、自民党系の力が加わってるとかCIAとか色々言い出すと思うんだけど、それは空を掴むような話なので放置として、だからと言って、それじゃあどうして議決の発表日があの日になったのか?という答えにはなって無いような気がするし。


 


9月14日 菅直人代表当選 起訴議決(前後不明)


 


10月4日 起訴議決の公表(夕方)


 


10月5日 ASEMの場での日中やぁやぁ雑談(日本時間5日早朝)


 


 


まず第一の謎、議決日と議決時間だけどこれが党首選と同日という事で結果の前後によって意味合いが変わると思う。


 


党首選結果発表前なら?


もし党首選発表前だとすると、結果をいじれないにしても、補助員弁護士の交代や世論調査などを勘案すると、かなりの確率で小沢に厳しい結果が出る事は予想されてた訳で、仮に仙谷側に不利な党首選結果が出た場合、起訴議決を公表する事で、党首選の仕切り直しやご破算の為の最終兵器としてキープしようとした可能性は無いかな。折しも議員投票で小沢が有利と報道されていた場面ではあるし。保険だった物だから菅当選で敢えて発表する必要が無くなり、温存されたんじゃないかなあ。


 


党首選結果発表後なら?


午後2,3時だったかの結果発表で、非常にどっちが先だったのか判断付け難い微妙な時間。仮に結果発表後の議決だとして、これも仙谷に有利に働くと思う。というのも新党首に選ばれた小沢一郎に対して起訴相当の議決を下す事は非常に勇気がいる訳で、党首選に敗れた小沢には勢い起訴議決を下しやすいという状況ではあったかもしれない。


 


でもどちらにしろ、一般の審査員達が集合したりいろいろな準備は前もって必要な訳だから、そういう日取りが偶然党首選と同日になったとは考えにくいし。何かしら影響を与えようとか、逆に影響を与えないようにとか、考慮されて同日になったんだと思う。


 


 


二つ目の謎、結果発表の謎。議決がされてからの期間の謎の他に、菅直人がASEMで出張中というのもいろいろ憶測を呼んでいるよう。多くの場所で尖閣から目を背ける為に仕向けたっていう意見があるけど、それは違うと思う。


 


というのも短期的にはインパクトがあるだろうけど、今の状況を見てもわかるように小沢の起訴は小沢派議員を多数抱える菅内閣にとって頭痛の種であって、支持率とか世論とかの面で必ずしも菅や仙谷に有利に働く訳じゃないって事は仙谷もわかりそうな気がする。


 


自分はむしろASEMで日中のやぁやぁ雑談を成功させる為に仙谷が仕掛けたんじゃないかと思う。


 


というのも鳩山とか小沢一味議員がすこーしずつしゃしゃり出始めて、しかも鳥越とか田原とかが「小沢サンを特使に」とか言い出していた頃、中国側でも権力闘争とかの詳しいいろいろな事情はよく知らないけど、日本側中国側共に現在の実力者とは違うライン、小沢と習近平とのラインとかでのチャンネルに期待していた人達も居たとしたら、仙谷側としてはもしそういうラインで解決が図られた場合に、自分達の立つ瀬が無くなってしまうという恐怖心があったんじゃないかな。


 


それで、やぁやぁ雑談の直前に起訴議決を発表する事で、中国側にチャンネルは仙谷しか無いですよってシグナルを送ったという事はないかな。その後の監視船の撤退とかを見ると、中国側も仙谷が権力を掌握していると一応把握して、小沢ラインは捨てたという感じがするし。


 


そういう意味で、やぁやぁ雑談の直前に起訴議決が発表されるっていうのはあまりにも都合がよすぎるタイミングがする。もちろん全て状況証拠であって、何の根拠も無いわけだけど。(自分は度々陰謀論はダメだと言っているので・・)


 


何にしても議決の中身はいじれないとしても、議決日と発表日というぎりぎり行政権でなんとかなりそうな部分で、ここまで自分に有利に操作したとすると、仙谷の悪家老ぶりはかなり凄いでしょうね。


 


そのくせ国民生活に重要な事は何一つ決めれないけど・・・


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-10-08 22:06 | 民主党010(長)

外患誘致予備に等しい鳩山小沢民主党の一年

今回の尖閣諸島海保船破壊事案がこのように悪化の一途を辿るのは、シナ共産党政府が一番の首謀者であり、責任者である。


 


その点を忘れずに国内での対処としての問題点で言えば、やはり一方の当事者である菅政権(特に仙石)の無能で異常な対応がこのような事態悪化を広げている。・・・のは事実だが、このところ時期を見計らったように菅内閣を批判し始めた鳩山はじめ、小沢一味にも「お前らに政権批判する権利は一切無い。」と指摘しておきたい。


 


今回の一件、偶発的事故では無く、中国政府が仕掛けた工作であるという見方が普通に一般的になって来ているが、そもそも中国がこれほど自信を深めた原因は、小沢一郎の天皇陛下に対する接見のルールを安易に破らせた点が最初にあるのじゃないか?


 


天皇陛下といえば日本国統合の象徴なのに、そのルールを時の政権党の幹事長ごときが、わざわざシナの実力者に会う為だけに改編させられるなど、あってはならない事なのに、いつもどおり提灯解説者以下、あたかも国論を二分するかのような論議を生んだ。こんな物論議するまでも無く、「小沢と中国がおかしい」で結論は済んでいた事なのだ。そういう意味で言えば、小沢の「野戦司令官」は人民解放軍の司令官として、まずは事件の橋頭堡つくりに成功した訳である。


 


次に鳩山のおかしな動きである。中国に対して日本海を「友愛の海」として拡大する中国軍の動きを一切無視。もはやファンタジーとも言うべき夢想による友好を望み、逆に日本の自衛隊の足かせともなるような予算縮小に努めた。


 


そして決定的なのが沖縄普天間基地における合意の不自然な白紙化だ。国際間の取り決め事を、政権の交代や首相の思惑ひとつで帳消しにして良い訳がない。中国朝鮮などに対して、何度も戦後の条約外の保障をしてはならないと説くのは、平和条約を自ら安易に破るという事は、他者に対しても平然と破る事を容認していると取られるからだ。今回中国が、「先に島を見つけた」歴史的経緯などと言ってさらに「大陸に近いから中国領」みたいな幼稚な詭弁を繰り返すのは、国際間の条約で言えば、沖縄返還時に日本に戻ってきた尖閣諸島という確固たる事実を出されれば即座に負けるからなのは明白だからだ。中国からの漁民救出の感謝状、それはそれで良い。けれどシナは平然となんでも捏造して、もっと古い王朝が尖閣を所有していたなどと言いだすだろう。一番重要なのは戦後秩序を作った国際条約に何と書かれているかだ。


 


もちろん総論的な事だけでなく、普天間協議の混乱による日米の軋轢が、周辺地域の安全保障に重大な空白を生むのは当然で、しかも最終的に鳩山が日米合意に戻ると発表したときの理由が、朝鮮半島有事に備える為と限定的に言った事にも不自然さを感じる。


 


当時は確かに韓国軍のフリゲート艦が撃沈されたりして緊張が増していたのは事実だが、沖縄の海兵隊が遠く中東まで派遣された事実があるのだから、朝鮮への備えだけとしてあそこに海兵隊が存在するとは誰も思ってないはずだ。本来ならば、台湾有事や朝鮮半島有事、日本のシーレーン防衛等、東アジア全体の押さえとして存在している、東アジアの平和を担っていると言うべきであったはずだ。


 


そして多くの解説者が指摘している、民主党内の菅と小沢の派閥抗争(党首選挙)の政治的空白が最終的に今回の件の呼び水になったとすれば、民主党政権全体が、一年かけて外患誘致予備を行っていたと言われても仕方が無いだろう。


 


 【中国人船長釈放】輿石氏が検察を批判


 民主党の輿石東参院議員会長は27日の参院議員総会で、尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件の中国人船長を那覇地検が勾留期限前に釈放したことについて「検察は逮捕と起訴ができるという2つの大きな権限がある。その上に政治判断もできる場所なのか。そういう疑問を国民の皆さんに投げかけている」と批判した。


 さらに、大阪地検特捜部の押収資料改竄(かいざん)事件についても触れ、「フロッピーディスクの改竄はもってのほか。証拠を改竄することが本当に許されるのか」と述べ、検察の姿勢を強く非難した。


 


何言ってるんだコイツ・・・。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-09-27 20:33 | 民主党010(長)

「自民が悪い」はやっぱりおかしい!ジミンガー

前原国交相の恥ずかしい逆ギレはもう見たく無いのでとりあえず反論しておきます。


 


①長い自民党政権の何時代?何大臣?何議員?


現在事実上の民主党の意志決定を行う小沢一郎、鳩山首相ともに自民党に長く在籍したのは事実です。また小沢一郎は自民党がもっとも利権政治を行っていた当時の幹事長を長く務めていました。これでは自民が悪いというのはあまりにも無責任。


 果たして民主党が叫ぶ「自民が悪い」何地代の何首相の何という政策が悪かったのか?それを具体的に言うべきではないか?具体的に例を取れば、それは即ち小沢一郎に跳ね返ってくるから自民党が悪いというあやふやな言い方しか出来ないのじゃないか?


 


 


②組織と個人の責任の都合の良い使い分け


なんらかの不具合や失敗を起こした時に誰が責任を取るのか?誰の責任とみなされるのか?民主党はこの考え方を自分に都合の良い風に使い分けている。自民党を追及する場合は、一人の自民党議員の罪は政党全員の罪と追求し、逆に民主党議員、それが幹事長や首相の罪でも秘書が悪いの一言で逃げる。他人には組織の問題点を追及し、自分には問題を発生させる組織の問題点は隠し個人の罪とする。


 


 


③俺なら三日で出来ると言った。


長い自民党政権時代の不具合や腐敗を一掃する、自分達ならそれが出来ると言って選挙に出た民主党。十分自民党の間違いを研究した上で、政権を取ればあとは実行に移るだけかと思いきや、政権を取ってから研究を始めるといったような事をすれば、詐欺と言われて当然。


 


 


④犯罪、事故を見逃せというのか?


目の前で燃えている火事がある。過去に消化ミスで職場を去った元職員が通りかかる。同時に消防車が来たが、新人ばかりでモタモタして、どんどん家事が拡大している。そこで元職員が助言してあげたら、「お前に言われる筋合いは無い!」そう言って一切何も聞かなかった。数時間後、建物は全焼した・・・。言った言わない、言う権利がある無い、そんな瑣末な事よりも日本国が沈没するかどうかの瀬戸際だとすれば、そこは看過できなくて当然。(はい、沈没する責任の一旦は①に書いたとおり民主党にもありますので。)


 


 


⑤事後の責任まで自民党の責任とはありえない暴言


確かに自民党政権の宿題という問題はあるだろう。かさむ借金、官僚の腐敗、悪化した経済、小沢一郎が悪いのは当然だが、全てが小沢の責任でも無い。しかしながら、完全に自民党の責任とは無関係な問題まで自民党の責任と言ってないだろうか?その象徴的なのが普天間。普天間問題、しいては沖縄に基地が存在する理由の大元は第二次世界大戦であり、自民党の責任では無い。また基地を置いているアメリカの思惑の責任も自民党には無い。そして、各閣僚の足並みがそろわず、首相のリーダーシップが無いという問題は自民党とは完全に無関係の、まったく自民党政権以後の民主党政権オリジナル単体の問題で、その点を追求したときに、自民党が13年かかって決めれないという理由で反論するのはあまりにも筋違いだ。


 


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_23103024.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-01-26 13:46 | 民主党010(長)

私腹を肥やす為で無いから辞職しないに感じる激しい矛盾~鳩山発言の矛盾~

連日開かれる国会で鳩山首相の気になる発言があった。


 


鳩山首相の故人献金友愛子供手当てについて、散々報道されていることだが、過去の「秘書と議員の罪は同罪」発言と、現在の鳩山の行動が整合性が取れてないでは無いかという事について、鳩山首相が「責任は感じていますが、決して私腹を肥やす為の犯罪では無いので、必ずしも同じように辞職という責任の取り方をする必要は無い。」と答えた事についてだ。


 


まあ何て事は無い、立場が変われば発言まで変わるという典型例なんだろうが、それにしても「私腹を肥やす為で無いから」という言い振りがどうにも承服できない。


 


そもそもが、私腹を肥やす為の政治家の秘書という地位や議員という地位を使った、詐欺、詐取という物は、政治と金という問題に関しては下の下の下に属し、どうにも言い訳の出来ない最低の犯罪であるが、管理者は逆に日本の真面目な政治風土ではそういった人物は極一握りの存在で、犯罪を犯す議員と秘書の大多数が政治資金不足に悩み、もっと簡単に言えば金が掛かる選挙の為に罪を犯す物と考える。


 


百歩譲った言い方をすれば、政治家は政治思想を実現する為には、どうしても選挙で当選する為の政治資金をかき集める必要から、怪しげな金にも手をつけなければいけない・・という図式だろうと思う。どんなに正しい主張、どれだけ優れた人格の持ち主だろうと、それだけでは選挙に当選出来ない、というのが現実なのだろう。


 


では超お金持ちでおぼっちゃん政治家の鳩山某、彼はその『現実』を知っていたのかどうか?


 


(社民党の秘書給与流用事件は)


苦しい台所事情がなせる業で本人が詐欺行為をしていたとの意識がなかった

のは事実でしょうが、結果として詐欺行為を行っていたのですから、逮捕される

のは当然なのです。
問題は、なぜ今頃なのかということです。どうやら、辻元前

議員の事情聴取を通じて、詐欺罪には当たらないとの主張を曲げず、否認をした

から逮捕に至ったということのようです。


 しかし、一方では選挙が近づいてきているため、政治が動いたとする見方も消

えていません。この見方を消すためには、この種の捜査が辻元前議員の秘書給与

流用疑惑事件のみに留まらず、田中真紀子前議員を始め、同種の疑惑事件を起こしたすべての(前)議員に及ぶことが不可欠です。辻元前議員一人を挙げて終わ

りとするならば、政治の匂いを消し去ることはできないでしょう。


 それにしても不可解なのは、土井たか子社民党党首が辞めないことです。今回の件では社民党関係者が4名逮捕されています。その中心人物は土井党首の秘書の五島昌子で、彼女が辻元前議員を始め、新人議員の指南役で、秘書給与を流用するという詐欺行為も教えたとされています。私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやったこと」と嘯いて、自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。


 政治家は基本的に金銭に関わる部分は秘書に任せており(そうでない政治家も

いるようですが)、
秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです。
まして土井党首と五島秘書とは尋常ならぬ関係で、五島秘書は土井党首と同等の力を持っていることは、周知のことでした。同じ野党の立場から申し上げにくいことではありますが、国民のためにも、そして社民党のためにも、土井党首は身を退かれるべきではないでしょうか。敢えて苦言を呈します。


(有名な鳩山メルマガ発言)


 


と、「政治家と秘書は同罪」とは単純に連帯責任として言っている訳では無く、「政治には金がかかる」と十分承知し、そして「秘書は政治にかかる金を政治家のために必死に集める」ものだから「政治家と秘書は同罪」つまり、秘書の罪は、政治家の監督と指導と責任の下行われる犯罪であると言っている訳です。


 


翻って「私服を肥やす為では無い」という発言はどうでしょうか?


 


 首相 弁解するつもりはないが、私腹を肥やし、利得に手を染めた事実はない。批判は真摯(しんし)に受け止め、政権交代に期待した国民の声に応えるのが使命だ。


(国会答弁) 


 


鳩山の答弁を素直に読めば、一番最初に書いた、政治家や秘書という立場を利用した詐欺や詐取という不当な方法により、私腹を肥やしたという事件で無いから、自分は辞職するほどの責任では無いと言っているように感じる。


 


しかしながら、当の鳩山自身が秘書と同罪発言が出た、社民党の不正追求のニュアンスを考えると、「秘書の不正は政治資金を得るためであり、そのような事を秘書が行えば、即ち当然指令した議員の罪」となると、極めて理にかなった事を言っている。これに補足すれば、議員が「知らない存じない」と言おうとも、それは通用しないよとも言うことだ。


 


やはり鳩山の「私腹を肥やす為で無いから」という発言は、過去の発言と矛盾しているという問題だけでは無くて、過去の知的レベルより退化したロジックで逃げ切ろうとしている点で極めて悪質だと思われる。


 


しかし当然さらなるもう一つの矛盾点が浮かび上がる。


 


(社民党の秘書給与流用事件追求に当たって)苦しい台所事情がなせる業で、本人が詐欺行為をしていたとの意識がなかった

のは事実でしょうが、結果として詐欺行為を行っていたのですから、逮捕される

のは当然なのです。


 


ここではっきりと「政治には金がかかる」「普通の議員は常に切羽詰っている」と鳩山は言っている訳です。


 


この上の発言、なんだか今の鳩山首相のキャラクターと違いすぎませんか?今、鳩山首相は必死に「金勘定なんてしたこと無かった」「周囲がなんでもかんでも世話してくれる状況だった」「まさか友愛子供手当てがあったなんて知らなかった」などと言ってないだろうか?


 


上に引用した「苦しい台所事情」、社民党に同情した言い方と言えるかも知れないが、一般論、つまり自身の経験としても政治には金が掛かる、政治資金集めに苦心惨憺するという常識を言っていると取るのが普通である。


 


つまりこの発言を知れば、鳩山自身も絶対に最低一度くらいは「秘書君、私の政治資金は十分あるのかね?」「はい、潤沢にあります全部個人献金です。」「今日社民党追及したんだが、うちはおかしな事はしてないよね?」と聞くのが普通だろう。というかそもそもぜんぜん会計にまったくタッチしないなんて政治家がいるとすれば、鳩山自身が、上記のように他人を追及する前提条件に無いだろう。


 


未必の故意という言葉があるが、自身に不正があるかどうかしっかり調べもしないで他人の追及に勤しむのは、極めて悪質で無責任な行動と思う。管理者は「政治家と秘書は同罪」という発言の矛盾よりも、そちらの方がはるかに気に掛かる。


 


昔の鳩山


 


政治には金掛かる→台所事情苦しい→秘書の不正は結局議員の為→だから議員と秘書は同罪


 


今の鳩山


 


恵まれた家庭に生まれ→世話は周囲が全てしてくれ→秘書の不正は私腹を肥やす為で無い→私は辞職する程の罪じゃない


 


ほとんど「仙人は霞を食べて生きる」とか、「アイドルはトイレに行かない」とか、それこそ浮世離れした発言をしているように感じるのだが。


 


しかしここでもまたまた矛盾というか疑惑が発生する。


 


では鳩山友愛子供手当ては何に使用されていたの?と。鳩山首相は頑なに「政治資金に使われた訳ではない。」と断言している。一体ぜんたい金勘定した事が無くて周囲がなんでも世話をしてくれるのに、どうして友愛子供手当てが政治資金に流用されて無かったと断言できるのか?


 


ここでも鳩山首相はおかしな発言を繰り広げる。一体どのように友愛子供手当てが使用されたか資料を公開してくれませんか?と要求されて「それはプライバシーに関わるので難しい」と答えた事だ。


 


政治資金には使用されず、プライバシーに関わるので公開が難しい???確か「私腹を肥やす為で無いから罪は軽い」って言ってなかっただろうか?


 


プライバシーに関わるって言うならば、それは「私腹を肥やす為に使った」のではないだろうか?だとすれば秘書は、鳩山首相がプライバシー用品を購入するためにわざわざ罪を犯してまで友愛子供手当て脱税事件に手を染めたのだろうか???


 


鳩山さん、嘘をつき過ぎて訳が分からなくなってないですか?


 


鳩山首相の「私腹を肥やす為で無いから辞める必要は無い」と「母親資金使用用途はプライバシーに関わるので公開しにくい」この二つの発言は既に自分は有罪ですと言っているに等しいのでは無いだろうか。


 ※当の国会答弁では、資料は全て押収されて今すぐ応じれない、プライバシーに関わる部分もあり一定の範囲で答えるとしている。


 


鳩山首相のジレンマ


 


母親資金の使用用途が政治資金なら→「政治家は台所事情が苦しいから不正する」という過去発言に抵触→社民党に自分が要求したように辞職が必要


 


母親資金の使用用途がプライバシーに関わる事だったら→「私腹を肥やす為では無いから辞職しない」という今の言い訳に矛盾→私腹を肥やしたのでやっぱり辞職が必要


 


管理者は「母親資金について何も知らなかった」とはかなりの確度で嘘だと思っている。


 


というよりも、鳩山友愛脱税子供手当ては、私腹を肥やす為と(結党などの)政治資金両方に使用されてたというのが真相だと思うのだが。


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_23103024.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態 


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-01-24 22:11 | 民主党010(長)

インフルエンザすら政府の責任にする民主教徒のお馬鹿脳

前から民主教徒の言葉の汚さ、発想の貧困さにはあきれ果てていたが、なんと一部の頭の悪い民主教徒は、このインフルエンザという国民が一致協力して対応しなければいけない状況に対しても、足をひっぱるような事しか思いつかないらしい。


 


日本が島国である以上、限られたリソースを国内感染元が未確認の段階では水際対策に振り分けるのは当然の措置であり、逆に国内感染が未確認の時期に水際よりも国内対策を重要視してればそれは唯のバカである。逆に今回国内感染が確認されてからの、政府の対応変換の素早さも評価できるだろう。何にしても、今国内対策をもっと強化してればよかった等と言っている輩は、結果論で全てわかった状態から「ああしてればよかった」としたり顔で言う、少年H系のバカであろう。(さらに弱毒性という段々解ってきた知識による安心感も加味されているだろう。これが強毒性の病原であれば、大抵の人は死に物狂いで水際対策に期待するハズである。)


 


今回関西方面で一気に感染が拡大したのは、誰の責任とも言い難い。空港などでの水際対策も万全とは行かず、すり抜ける人間が居る事は以前から言われていた事であり、人の往来を完全に遮断する事が不可能な以上、この事を槍玉に挙げるのは極めて非現実的である。(逆に何でも文句言う輩は完全なる予防措置を講じれば、それで発生する停滞や渋滞に非民主的だの何だのと文句をつけるだろう)


 


特に今回具体的には学校関係者が通常のインフルエンザと思い込み、必要な対策を講じなかった事が直接の感染拡大の原因だと思われるのに、そうした具体的事実すら考慮せずに、風が吹いても何が起こっても政府批判に結びつける馬鹿は、結局人の命や健康には何の関心も無く、ただ誰かを批判したい、叩きたいという野卑た感情を満たしたいだけの精神がみすぼらしい馬鹿なのだろう。


 


何がおかしいと言っても、インフルエンザが流行している事や、やがて毒性が強くなる可能性がある事など、人智の及ばない自然現象の可能性の問題までも政府の責任にする馬鹿がいる事だ。さらに電波度が強い人になると、「政府の緊急経済対策の費用がインフルエンザにまわっていれば良かった」などと言う輩もいる始末。


 


もはやそうなると、全ての政治家はフィクションの孔明みたいな超能力者じゃないとやって行けないだろう。今回の政府の対応は人智の及ばない病原に対して全て的確であると言える。その上で起こる混乱や結果までも政府の責任にするのは、医師が全身全霊傾けて措置をしたのに、残念な結果になった患者の家族が、腹いせに医師を訴えるような愚かな発想だろう。


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-05-19 20:09 | 民主党010(長)

ネトワ議連顧問の山岡賢次は<アイヌ蛮族発言>の差別発言をしていた

民主党の罪状を忘れないように、過去記事をコピペしています。



 左側イラスト下、ブログランキング押してね。


<前田雄吉議員>講演料問題で民主離党 衆院選に立候補せず

民主党の前田雄吉衆院議員(比例東海)は15日夜、国会内で小沢一郎代表と会談し、業務停止処分を受けたマルチ商法業者から講演料を受け取っていた問題で「党に迷惑をかけた」として、既に得ていた次期衆院選愛知6区の公認を辞退し、離党する意向を伝えた。併せて次期衆院選に立候補しない考えも伝えた。



どうやら前田氏が『自主的に離党するというタテマエ』で責任を取ったつもりになっているようだけど、そんな幼稚園の学芸会みたいなミエミエのパフォーマンスで国民が納得すると思い込んでるのかなあ?



そもそも小沢に深く関わる議員の不手際なのに、それが自主的離党で済まそうとするのは、小沢に火の粉がかからないようにするトカゲの尻尾切りなのは明白なのだ。しかも小沢は記者会見で最初、進退は自身が決めること、自分が言う事じゃないとか言っていたとか・・・。ありえない他人事ぶりにあんぐり・・・。



とにかく小沢自身が辞任しろなり、離党しろなりと言ったのではなくて、自主的に離党したとする民主党に罪を認めない事なかれ主義と、小沢の求心力の無さを痛感しました。

 そして忘れてはいけないのは、民主党は異様にネットワークビジネスに関わる議員が多い!ということなのです。



その中でもこれは!というのが

 


民主国対委員長、「私はアイヌの血引く蛮族」と発言し撤回



民主党の山岡賢次国会対策委員長は2007年10月31日、国会内で開かれた自民党の大島理森国対委員長との会談で、「私らはアイヌの血を引く蛮族だ」などと発言した。山岡氏は会談後の記者会見で、「差別用語につながる言葉は取り消す。誤解を与えたとすれば申し訳ない」と謝罪し、発言を撤回した。



麻生首相誕生・衆院解散時期にからみマスコミ、野党の偏向報道、情報操作が激しいが民主党はこんな発言もしている。

 しかしこれは・・・酷い差別発言ですね。

中山の発言はコミュニケーション下手な日本人を表現する語彙として、「単一民族」と使ってしまったのに対して、これは『文章の結論部分』つまり、要旨として言っていませんか?その違いわかるでしょうか。中山の場合は悪意の無い無知からの使用であるのに対して、この山岡は確信を持って、『アイヌ=蛮族』と発言しているわけです。信じられませんね。

 まあ例によって、どうせ小沢や黄門様の不正金疑惑や民主の数々の不適切発言と同様に一切報道されないんだろうけどね、TVじゃ。

※ニュースを正確に伝える為に蛮族という言葉を使用していますが、管理者に差別の意図はありません。



 
「麻生支持者はナチス想起・発言」(youtube)



でおなじみの、民主党の暴言王こと山岡賢次氏でしょう。何が問題かって、彼はネットワークビジネスを推進する、健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟の顧問までしちゃっていました。



   ネットワークビジネス関連講演の動画(YOUTUBE)



健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟(けんぜんなネットワークをそだてるぎいんれんめい)は、ネットワークビジネス推進連盟の議員連盟。石井一民主党副代表により立上げ。



活動目標

ネットワークビジネスと称する連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法)の基本法制定、薬事法の改正、をテーマに掲げて活動している。



沿革

2003年9月に流通ビジネス議員連盟として発足後、2008年1月、健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟に改称。



2008年10月、当連盟の事務局長である民主党前田雄吉衆院議員が、マルチ業界から少なくとも1156万円の講演料と政治献金を受け取っていたことが判明する[1]。2004年3月から4年連続で衆院予算委員会分科会において、「一部の悪徳なマルチ企業によりまして、多くのまじめな業者が迷惑している」と発言[2]。政府の産業構造審議会小委員会に業界側委員を加えるべきだとなど業界擁護の質問を続けてきた。また、鳩山由紀夫幹事長は献金に違法性はなく、前田議員が事務局長を務めたマルチ商法支援の議員連盟は「すでに解消させてもらっている。もう今は存在していない」と説明した[3]。



加盟議員

現在加盟している議員は、全て民主党所属、または改革クラブ所属のどちらかである。改革クラブ所属の議員についても、以前は無所属ながら院内会派である「民主党・新緑風会」に所属していた議員である。



会長:藤井裕久

事務局長:前田雄吉

顧問:山岡賢次

松木謙公

松下新平



加盟企業

業界団体である政治団体ネットワークビジネス推進連盟の加盟企業については、健全であるとされているが、企業名は非公開である。なお、業界全体としては、国民生活センターに年間2万件の相談が寄せられており、社会問題となっている。


(ウワサではネトワ関連のウィキの記事がどんどん書き換えられているとか・・・しかもそれが衆議院からのIPだとか^^;;まさかそれは無いと思うけど!?)



何なのだろう?この民主党とネットワークビジネスとの強い繋がりは?あえて暴言を言わせてもらえば、自民党の談合建設会社からの献金・・・なども当然悪だけど、談合というものが日本の旧システムに組み込まれていた必要悪の時代があったのは事実だが、割と新しいネットワークビジネスに飛びついた民主党の意図というものは非常に悪質性を感じざるを得ません。(民主党議員自体がネトワは『新しいビジネス』と絶賛しています。ねずみ講ははるか以前から存在しましたが。)



これだけ深く関与する民主党、そして党首小沢がトカゲの尻尾切りで終結させようとするならば、これは民主党に政権担当能力が無いのはもちのろん事、小沢には情報収集能力も、党内統制能力も無いことになるでしょう。



少なくとも民主党は党の性質が生んだ罪であることを認め、小沢代表の党首辞任を断行しないと、国民からの理解は得られないでしょう



余談なんだけど「健全なネットワークビジネス」ってなんなんだろう?法律的に難しい面もあるので、一概に悪とは断定できないけども、商品や製品を真面目に生産して売る商売とも、一定の資本を元にやり取りする金融とも違う、勧誘や紹介という『良好な人間関係を破壊しかねない』システムでないと成り立たない商売って感情的にどれだけ法律の網にかからなくとも、許せない気がする。それを健全な~という感覚がよくわかりません。



民主パーティ券、マルチ業界が購入 議員複数に献金も

http://www.asahi.com/national/update/1014/NGY200810140013.html

民主党の前田雄吉衆院議員(48)=比例東海=に講演料などを提供していたマルチ商法業界の政治団体が05~07年に同党のパーティー券を約170万円分購入していたことがわかった。党は「一議員の質問との関係はないと理解するが、今後、取り扱いについて検討する」とする。一方、業界支援の議員連盟に参加していたほかの複数の同党議員にも団体は資金提供していた。



 政治団体は現在の「ネットワークビジネス推進連盟」。党と同連盟の政治資金収支報告書によると、連盟は05年に70万円分、06年に約70万円分、07年に30万円分のパーティー券を購入した。前田議員が業界擁護の国会質問を繰り返していた時期と重なる。



 一方、前田議員らによる業界支援の議員連盟に参加していたのは、山岡賢次・党国会対策委員長=比例北関東=ら同党国会議員6人と当時無所属の参院議員。推進連盟からの資金提供は政治資金収支報告書に記載されている。


 

c0294269_210628.gif
 同意見の場合押してね


優良サイト①

The planet earth

近野滋之・民族主義者の警鐘

外交と安全保障をクロ フネが考えてみた。

狼魔人日記

主婦からみた政治・経済・文化

東アジア黙示録

ネトウヨのブログ

ぼやきくっくり

乱読雑記

私の主張 ひとりの日本人として 

優良サイト②


反日勢力を斬る(2)

なめ猫♪


[PR]

by bluegreenEXT | 2008-11-10 14:27 | 民主党010(長)

民主鳩山、アパ代や自衛官らと核議論して笑顔で写真

 左側イラスト下、ブログランキング押してね。


核武装論じた会合に出席前空幕長 アパ代表が主催2008年11月8日(土)09:52「しんぶん赤旗」


アパグループ代表の元谷外志雄代表と政界・言論界との交友の場となっていた集まりに「日本を語るワインの会」があります。


 同グループのホームページによると、二〇〇四年九月十五日、自宅で開いた「会」には、田母神俊雄前航空幕僚長が出席。その場で核武装論まで語り合われたことが記事に記載されています。


 田母神氏は当時、航空自衛隊ナンバー2で空自の実戦部隊を指揮する航空総隊司令官。「会」での議論が紹介されている文章をみると、発言者は特定されない形で、「中国に対抗する勢力を作り、それを中国に認めさせるためには、日本が自立した国となり核武装を行うことが必要なのかもしれない」「最初から『日本は核武装を絶対しない』と宣言するのは馬鹿げたことだ」などの議論が交わされています。日本の国是である「非核三原則」を全面否定した内容の議論に現職自衛隊幹部が出席していたことは重大です。


 ちなみに同席者には、民主党の鳩山由紀夫衆院議員(現幹事長)と幸夫人もいました。


 


tp://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50735315.html


中国は遠大な計画の下常に日本を操作しようとしている


・自国を守ることができる戦力を日本は保有している

・「親日的な発言」を抑圧する日本に言論の自由はない

・日本ももっと柔軟に「核のカード」を利用すべき


こんな会合に同席し、こんな立派な発言に同意していた(他ブログ)



前回のブログで中座したと言っていた鳩山サンが笑顔で集合写真を撮られています。どこが意見が合わなくて退席したの??◎「ハイ、大変よく出来ました^^」の良いことを言っています。(田母神氏の顔が凄く怖いんですが・・・何が!?)


 


麻生外相の罷免要求核武装議論容認で野党4党2006年11月10日(金)09:19「しんぶん赤旗」


麻生太郎外相が核武装議論の容認発言を繰り返している問題で、日本共産党と民主党、社民党、国民新党の四野党書記局長・幹事長は九日、安倍晋三首相に対し麻生外相の罷免を要求しました。


 首相官邸を訪れ、応対した下村博文官房副長官に罷免要求書を手渡しました。日本共産党からは、市田忠義書記局長の代理で穀田恵二国会対策委員長が出席しました。


 要求書は、麻生氏の発言が「(核廃絶を求めた過去の)国会決議に背き、国是を否定する」「北朝鮮の核放棄に向けた国際社会の努力に水をさす」などとして、政府の対応を十三日夕までに書面で回答するよう求めています。


 穀田氏は、先に来日したフィンランドの国会議長が「日本は核を保有するつもりなのか」と尋ねたことを挙げ、「日本が国際社会に核廃絶を発信していく道義的な立場を、(外相発言で)失いかねない」と述べました。下村副長官は「首相に届ける」とこたえました。


 


民主・鳩山氏が前空幕長と私的会合 参考人招致に影響か


政府見解に反する懸賞論文をめぐり航空幕僚長を更迭された田母神俊雄氏について民主党が参院でのを求めている問題で、与党は、浜田靖一防衛相の任命責任に結びつける構えだが、にも影響を与えそうだ。参考人招致参考人招致鳩山由紀夫参考人招致民主党幹事長が平成16年9月15日に私的会合で田母神氏と同席、安保論議をしていたとして追及する姿勢をみせている。この問題で鳩山氏は田母神氏を強く批判、民主党


 会合は田母神氏の論文に最優秀賞を贈ったアパグループ(東京都港区)の元谷外志雄代表が自宅で開いた「ワインの会」。田母神氏や幹事長夫妻らが招かれた。会合では、田母神氏が中国の脅威や自衛隊の防衛力の現状などについて説明。出席者らと自由な議論を交わしたという。


 鳩山氏は「政治談議の場ではないとのことで夫婦で出席したが、全体のムードもお話も特異なことが多かったため、ほとんどお話もせず失礼にならないように中座した」としている。sankei


http://news.livedoor.com/article/detail/3892277/


 

c0294269_210628.gif
       同意見の場合押してね


自分は核議論、核装備は賛成で田母神行動には反対、しかし反日勢力には反対という非常にややこしい立場なのでこの話題も慎重に行きたい。


①鳩山が核議論をする会合に出ていたのは良い。


②自分はこの会合に田母神氏が出席し、核議論に参加したことは間違いでは無いと思う。今回の騒ぎの論文のように、公に発表する物でもなく、しかも政治家出席の会合の元、現役軍関係者の意見を参考にして、防衛論議を行う事の何が問題なのか?


③しかし鳩山は以前、「核議論はしてもいけない」と発言した人間である。その上発言者の麻生の罷免を要求している。自分が政治家の自然な行動として、防衛論議核議論を行っていたのにも関わらず、麻生の核議論容認はヒステリックに言葉狩り的否定をしている。


 常に主張しているが、民主のバラマキや埋蔵金のように自民党とほぼ同じ内容でも党利党略で非難合戦するのは非常に稚拙。防衛論議のような国家の重大事にも、党の立場のみで賛成と反対をひっくり返すいい加減さ。核は論議してもいけないという発言は笑顔写真と完全に矛盾しないか?


④第二の矛盾は今回の田母神論文のように、非常に高いシビリアンコントロールを要求し、自衛隊関係者は政治発言は一切するなという現在の鳩山自身の考えを採用するならば、この会合の時点で、田母神の存在を確認した次第、退場を命令するはずである。しかし会合を続け、笑顔で写真まで撮ったのはなぜか?現在の発言と矛盾しないか?


 しかも当時注意しなかった「当然の議論」を今回の証人喚問では一体どのように質問するのか?理解に苦しむと共に興味深い。


⑤引用記事最後の点、鳩山氏は明らかにウソを付いている。自分の都合の悪いことは、中座したなどとあっさりウソを付くのか?


これらの点は是非とも国会で明らかにして欲しい。 


優良サイト1


主婦からみた政治・経済・文化


外交と安全保障を が考えてみたクロフネ


東アジア黙示録 


ネトウヨのブログ 


ぼやきくっくり 


やじざむらい的日々雑感 


私の主張 ひとりの日本人として


優良サイト2


なめ猫♪


反日勢力を斬る(2)


[PR]

by bluegreenEXT | 2008-11-08 23:03 | 民主党010(長)