日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:民主党010(短)( 4 )


民主党に正論を言う権利は無い+平野何様「地方?そんなの関係ねぇ!」

保守のみなさんの中には平野の地方の意見を斟酌する必要無い発言について、その正論的内容から評価しちゃう人がいるかもしれないけど(いないか・・)それはちょっと違うんじゃないかなあと思う。


 


そもそも自民党が鬼・悪となって、現状の国家防衛上の観点からは、必ずしも沖縄地元民の意見だけを尊重すれば先に進めないと、辺野古移設を決断したものを、衆院選挙で勝つ為だけに沖縄地元民に過度の期待感を持たせる、地方優先の思想を振りまいて、それで政権を取ってしまえば斟酌する必要は無いっていうのは部分的には正論だけど、民主党が言う権利はないんじゃないかなあ。


 


要は釣った魚にゃ餌やらぬ、釣った沖縄聞く耳持たぬでしょ!

c0294269_23104260.gif
c0294269_23104260.gif


 


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_23103024.gif
 


 


それと関連して言えば、郵政公社社長に元官僚天下りを起用した事について、同じく能力に合う者がいれば元官僚でも起用するというのは確かに正論だけど、やはりそれは民主党が言える事じゃないでしょ。なんと言っても麻生政権が果断な改革を行うけども、有用ならば官僚も重視すると言ってた事を、ひたすら官僚支配だの癒着だのと悪し様に言って、民主党は脱官僚、何事も政治家だけで決めます、官僚の天下りは完全に廃止しますと言っていたのだから、やはりおかしい。


 


「地方の意見は関係ない」 官房長官が外国人参政権問題で


 


平野博文官房長官は27日の記者会見で、政府が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を検討していることに対し、都道府県知事地方議会から反対表明や反対決議採択が相次いでいることについて「自治体のみなさんの決議・意見は承知していないが、そのことと、この問題とは根本的に違う問題だ」と述べた。参政権付与法案提出は、地方自治体の意見に左右されないとの見解を示したものだ。


 民主党は昨年の衆院選の政権公約マニフェスト)で「地方主権」の確立を掲げているが、平野氏は「(この問題)地方主権の考え方とはまったく違う」と指摘。その上で「地方自治体の問題ではなく、わが国に住んでいる住民の権利としてどうなのかという概念だ」と主張した。sankei


 


いまや鳩山内閣の暴走機関車

c0294269_23104324.gif
と化した平野官房長官。鳩山内閣無政府状態の象徴として、一番の調整役、一番の看板の役目を一切果たさない
c0294269_23104427.gif
。それどころか今回の発言は酷すぎる!
c0294269_23104260.gif
地方分権(主権て??)とか散々地方を持ち上げておいて、最後は地方の言い分は聞く耳持たぬ!?とりあえず小泉改革で地方切捨てとか叫んでたバカサヨのみなさんは平野を叩け!
c0294269_23104877.gif


 


 


外国人参政権に反対する会・公式サイト


 


国民が知らない反日の実態 


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2010-01-27 22:30 | 民主党010(短)

鳩山支持率急落。危機に瀕する時こそ見える人格と品格。

教育ママ「A夫ちゃんどうしたの!なんで万引きなんてしちゃったの!?」


 


A夫「・・・。」


 


教育ママ「警察官さんA夫ちゃんは悪くないんです!そうよね?あの付き合うなって言っていた悪いお友達のB君やヒッピーのCちゃんに嫌々させられたのね?そうよね??」


 


警官「違うんです。A夫君はそのB君やCちゃんにお菓子やゲームを渡して気を引き仲間にし、万引きも二人の気を引くために率先してA夫君が計画したものなんです。」


 


教育ママ「そんなぁ!A夫ちゃんは悪くないんです!お友達が悪いんですぅぅぅ!!」


 


鳩山内閣の支持率が急落した。


 


これをどう取るかは人それぞれだが、危機に瀕してこそ人間の価値や品格は表れると感じる。


 


特に民主信者の内、鳩山首相の決断力の無さや小沢一郎の横暴ぶりを真摯に反省や追及できず、亀井や福島瑞穂に責任の全てを覆い被せるような真似をする者がいれば、それこそ目の当てられないほどの惨めな行いだろう。そもそも数合わせの為だけに国民が望まない連立政権を主導しているのは誰なのか?


 


これは実は自民支持者にも言える。現在自民党は野党に転落し、極めて苦しい立場にあり、自己反省や批判を行うのは当然だと思うのだが、その中で「あの時あの人が辞めなければ・・。」だとか「あの人が酩酊会見をしなければ・・。」などとそれまで調子良かった者が負けた途端に、あの人が悪い、この人が悪いという言い方で批判しまくるのは非常に醜い。なにしろ事件が起こった当時に必死に擁護していたのに、負けが見えて来ると急に他人の所為にして誰かを叩き出すのは見苦しい物である。


 


過去の一時点の責任を追及するよりも、前向きな改善に力を注ぐべきで、そういう意味では今週のたかじん委員会での安部さんの力強い復活宣言には多いに期待させる物があった。


 


たかじん委員会といえば、沈む泥船からいち早く脱出しようとするネズミが必死に道化を演じていたが、とてもいい加減な普天間基地移転案を発表して、すぐさま専門家の先生に否定されていて非常に微笑ましかった。グアム&関空や馬毛島等々、いろいろな案が報道でなされていたが、鳩山が間違った期待を抱かせるまでは辺野古移設が極めて現実的だった。他の案はいずれも地元の反対運動などがあり現実には実行が難しい。しかも辺野古移転まで鳩山効果で難しくなっている今、いつ誰が決断するのか?


 


普天間代替、鹿児島の島が浮上 防衛相、地権者と接触


 


米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、防衛省内で日米合意のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)に代わる候補地の一つとして鹿児島県・馬毛島(西之表市)を検討していることが分かった。複数の政府関係者が4日、明らかにした。北沢俊美防衛相が既に島の地権者と接触し、省内に調査を指示した。


 ただ米側は物資や兵員を空輸する滑走路とヘリポート、地上部隊、訓練施設の機能が近接していなければ基地機能を満たさないとしている。米海兵隊の地上部隊はキャンプ・シュワブやキャンプ・ハンセン(金武町など)に駐留。訓練場も沖縄県北部にあり、普天間飛行場だけを馬毛島に移設することには否定的とされ、実現の見通しは立っていない。


 馬毛島は2006年から、米軍厚木基地(神奈川県)の空母艦載機が東京・硫黄島で暫定実施している陸上空母離着陸訓練(FCLP)の場所として日本政府が水面下で検討したが、騒音問題などを懸念する地元の反対で頓挫している。


 移設するには地元の了解のほか、補給基地など関連施設も備える必要があり、移設までのハードルは高い。日本政府内でも「実現性は極めて低い」と否定的な見方が強い。


2009/12/05 02:02   【共同通信

 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_2210780.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-12-21 21:02 | 民主党010(短)

鳩山首相は精神的な部分で職務遂行に適正を欠く状態なのでは?「日米会談拒否問題」

もう笑って済ませれるレベルを越えているのじゃないか?米側からの会談拒否通告だが、それに対する鳩山首相の回答がどうも通常の物とは到底思えない。


 


2009年12月8日


首相は「オバマ米大統領とお会い出来るようになればありがたいし、その時までには政府の考え方をしっかりと述べて理解を頂きたい」と、首脳級会合に出席するオバマ大統領と会談し、対処方針を直接伝えたいとの意向も示した。


 ただ、具体的な移設先を明示するかどうかは、「必ずしもそう申し上げているわけではない」と述べ、言及を避けた。


 


この際「決まって無い事を伝えます」という第一の不可解は置いておこう。しかしながらはっきりと「会う事」を前提として話を進めている。


 


2009年12月10日


(COP15)首脳級会合でのオバマ米大統領との首脳会談について、「正式に会談をやるとかやらないというレベルの段階ではない。(現地では)気候変動の議論に相当な時間が割かれる。会談はこちら側から提示している段階でもない」と述べ、事実上断念する意向を表明した。


 米軍普天間飛行場移設問題への対応については、「政府の方針を決めている段階ではない。年内にどういう方針でいくかを決めていきたい」と述べ、帰国後に決定する考えを強調した。


 


しかしアメリカ側が拒否の意向を伝えた途端に、もはや数日前にはっきり会って伝えたいと言っていた、自分の発言を忘れているのかどうか不明だが、温暖化会議は重要なので時間が無いから(普天間協議としては)会えなくて当然でしょうと言っている。


 


温暖化会議が重要なのは、最初から百も承知だったのでは??


 


もしこれが、「私は会いたいと思っていたのだが、先方から拒否されたなら仕方が無い。しかしこういった対応は残念だし、日本国民の失望や反感を買うだろう。」とか言うのならば判る。(北朝鮮でも普通にこう言うだろう。)


 


しかしそうじゃなくて、会おうと思っていた事自体を「無かった事」にしようとしているのだ。これはちょっと異常じゃないか?精神的になんらかの首相適正を欠く状態なのでは無いか?よく逮捕された犯人が、取調べ中にありえないようなみえみえの矛盾に満ちた証言をするというが、そういう状態なのでは?


 


平気で嘘をつくというレベルを越えて、そもそも思考自体に確実性、実証性を持たせる発想が存在してないんじゃないか?


 


愚 民 主 党で日本がアブナイ!+連立 政権批判


 


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_2210780.gif
 


 


 


 報道監視まとめWIKI


 


 国民が知らない反日の実態


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-12-10 21:39 | 民主党010(短)

室井佑月さんも小沢一郎の講演に出てたんだ!

なにやら必死過ぎる小沢擁護と検察陰謀論を展開している室井佑月さん。実は小沢氏の講演に出ちゃってたんですね。


 


勝谷さんが50万もらって講演に出ていた事はもはや有名ですが、室井佑月さんも講演料は不明としても関係があったのは知りませんでした。擁護するときは少なくともちゃんとそうゆう関係を言ってからでないと不公平だよね。


 


ttp://archive.mag2.com/0000033978/20080402170603000.html


「 第52回小沢一郎政経フォーラム 」 

【 日時 】 平成20年4月9日(水) 開場 午前10時30分

第一部<勉強会> 午前11時より正午まで

第二部<懇親会> 正午より

【 場所 】 ANAインターコンチネンタルホテル東京(東京都港区赤坂1-12-33)

【 講師 】 作家 室井 佑月 先生

【 演題 】 『仕事の楽しさ』

【 会費 】 20,000円

※このフォーラムは「政治資金規正法第八条の二」に規定された政治資金パーティーです(会費 20,000円)。


 


 


ttp://ichiyu.org/nittei.html


2008年

1月 小沢事務所訪問 挨拶新年懇親会

工藤堅太郎(岩手県・参議院議員)先生をお迎えして  

 

3月 一由倶楽部ホームページ掲載の協賛金の呼びかけ。

4月 小沢一郎政経フォーラム出席

(福田総理との党首討論のため小沢代表は欠席、石川代議士がご挨拶。

講師、室井 佑月講演直後に退席。乾杯は矢部マリ子氏)  


一由倶楽部会議 講師 藤井裕久先生をお迎えして。

 


一由倶楽部会長に柳原和麿氏、副会長に松本平太郎氏が就任。

 

5月 小沢一郎先生のお誕生日・祝電


 


特徴的な名前なので別人てことは無いでしょう…


 左側 IZAイザ イラスト下、ブログランキング押してね。


(これは二度クリックが必要ですお願いします!)→

c0294269_21102356.gif


[PR]

by bluegreenEXT | 2009-03-05 22:03 | 民主党010(短)