日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:歴史( 2 )


朝鮮(韓国)と日本民族は完全に無関係

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


何かまたDNAの調査結果とかで朝鮮人が日本のルーツは朝鮮の混血とか訳の分からん事を言っているようだが事実は全く違う。


 


そもそも韓国という戦後に生まれた国が朝鮮半島の古代王朝と同一視している時点で、地域史と民族史を意図的に混同していて論外なのだが。


 


DNA云々についても日本と朝鮮の違いは色濃く出てるようだが、自分はよく詳しく知らないので、以下物凄いうろ覚えのざっくりした知識で歴史的な部分から書くと、日本民族・文化の起源は朝鮮半島では無く中国大陸のようだ。


 


かつて中国の呉に関連する人物の太伯の子孫であると自称する「倭族」が中国華南から朝鮮半島、日本の九州一体に活動していたらしい。


 


それが中国で戦乱によって、二つの系統に別れ、一つが朝鮮半島へ、もう一つが直接海から日本に渡った。それら二つは「倭族」であって、朝鮮に渡った倭族は所謂三韓、新羅百済となった。当然日本に流れた倭族は魏志倭人伝にあるとおり、倭国となった。


 


それらが中国の稲作文化を直接日本に伝来させた。


(記事中の渡来系弥生人=倭族、日本先住民=縄文人→アイヌ&沖縄、縄文人+弥生人=日本人)


 


つまりその時点で言えば、朝鮮半島も日本も同じ「倭族」文化圏だったと言える。だからこそ、日本のヤマト王権がかなり密接に朝鮮半島南部に介入したのも、彼らからすれば、当たり前の事で、日本の古事記等が朝鮮半島を自らの領土のように書くのも不思議では無い。


 


状況が変化するのはその後で、朝鮮半島の倭族系王朝が漢族や中国東北部の騎馬民族等の流入によって次々と滅亡、混血を繰り返し倭族系王朝は消え去り、高麗等に続くようです。当然ながら民族が丸ごと入れ替わったり消えうせた訳では無いですが現在の韓国人は純粋な倭族消滅後に起こった混血の果ての民族であって、日本とは無関係。


 


中国大陸、朝鮮半島の倭族が混血の果てに薄まったのに対して、逆に倭族が中心として王権を作り、倭人=日本とまで認識されるに至った訳です。


 


で、今回話題になっているDNA云々、南方系北方系云々については、そうしたヤマト王権成立のはるか以前の縄文時代とかの出来事なので、なおさら朝鮮半島の古代王朝と無関係の韓国とも全くに無関係です。


 


想像を膨らませれば、呉の太伯の子孫が倭族であると自称していて、稲作の伝来が米のDNA解析的に中国大陸直接由来だという説が有力視されている事からも、倭人が本当に中国大陸の「倭族」とすれば、その貴人や豪族、リーダーの血筋が日本に渡った時も続き、ヤマト王権、つまり天皇にも何億文の一の割合でその血筋が残っているとすれば、大陸でとうの昔に滅びた王族の血をも天皇は引き継いでいる事になる。習近平など次代のシナ実力者が主席になる前に天皇に拝謁しないといけないのは、案外そういう部分にも理由があるのかも・・・。(これはムー的な発想過ぎか)


 


一応念のために言っておくが、現在の中国共産党政権もなおさら古代中国王朝とは無関係である。


「倭族」wiki


[編集]倭・倭人を日本列島に限定しないで、より広範囲にわたる諸民族を包括する仮定の民族概念として「倭族」がある。提唱者は古代史・文化人類学研究者の鳥越憲三郎らである[9]。


岡田英弘は、倭国の形成について、現在のシンガポールやマレーシアのような「中国系の移民(華僑)と、現地住民とのハイブリッド状態である、都市国家の連合体」であるとしている[10]。岡田は中国古代王朝の夏やその後継といわれる河南省の禹県や杞県などを参照しながら、「夷(い)」とよばれた夏人が長江や淮河流域の東南アジア系の原住民であったこと、また禹の墓があると伝承される会稽山が越人の聖地でもあり、福建省、広東省、広西省からベトナムにかけて活動していた越人が夏人の末裔を自称していること、また前333年越国が楚に滅ぼされ越人が四散したのち前219年に琅邪(ろうや)を出発したといわれる徐福の伝承などを示したうえで、のち燕人が朝鮮半島に進出する前にこれら越人が日本列島に到着しただろうことを推定する[11]。


現在では、紀元前450年頃の、つまり春秋時代(「呉越同舟」で有名な呉越戦争の時代で、呉が滅亡した時期)の組織的な大規模な水田跡が九州で見つかっており、又、「倭人は周の子孫を自称した。」という記録もあることから、長江文明の象徴でもある水耕稲作文化の揚子江一帯の呉人が紀元前5世紀頃、呉王国滅亡とともに大挙して日本列島に漂着していたという説も有力になっている。


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-03 01:54 | 歴史

NHKの大河ドラマ平清盛、皇族を「王家」問題(修正)

※書いた後で判明したのですが、もう既にNHKと抗議のやり取りをしている方が居て、今回の内容は半月遅れた物になっていますが、引き続き拡散の為に置いておきます。


 


NHKの平清盛大河ドラマ公式HPの解説文が、本来皇室や皇族と表記するべき部分を、「王家」と悪意を持って表示し続けている問題、既に大手保守サイトで反論や抗議が繰り広げられている。その多くが中国冊封体制の冊封王と日本の皇室は次元が違うのに、同列化するのは間違いという至極当然の反論で、納得できる物なのですが、自分はNHKが多分最初からそういう抗議があると予め織り込み済みで意図的にしてると思います。その反論内容とはこんな感じじゃないでしょうか?


 


このサイト上での「王家」表示は、あくまで物語として、抽象的概念として、王と一塊のヒーローとの対比として選んだ物で、皇族を中傷したり中華思想の冊封王と同列化する物ではありません。


 


仮にこの様に言われると困るかと言えば、そんな事は全くありません。何故なら足利義満の日本王など一代限りの貿易目的の冊封王を持ち出す以前に、日本で「王家」と言えば親王家を指し、天皇の嫡子を○○親王、嫡子以外を王(上宮王家や山背大兄王や長屋王など)と呼ぶとこれは歴史的に決まっているからです。つまり、「王家との対立」などと表記すれば、それは天皇や皇族全体との対立では無くて、曽我氏と上宮王家の争い等と混同され、歴史的な表記として完全に間違いになります。そのように皇族の用語として「王家」が存在する以上、ドラマ性としての抽象概念としても「王家」を使用するのは混乱の元であり間違いです。


 


それよりもNHKは太王四神記などの韓国「王族」ドラマを放映する以上、冊封王と日本の皇室の同列化は完全に意図的な悪意だと断言できますね。


 


それと「中国と貿易した」では無く「宋」と貿易した、の間違い。中国では人民共和国と混同する。


 


c0294269_3102940.gif
 
c0294269_3105445.gif
にほんブログ村


参照:まだまだ王家と表示するNHK(呆・・・。


http://www9.nhk.or.jp/kiyomori/pre/03/diagram.html


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-09-07 21:28 | 歴史