日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

カテゴリ:台湾&東南アジア( 3 )


日本の軍事的強化「歓迎」=「中国の対抗勢力に」と要望―比外相

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


c0294269_1410567.gif


 


日本の軍事的強化「歓迎」=「中国の対抗勢力に」と要望―比外相


jiji


フィリピンのデルロサリオ外相は10日付の英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで、軍事的に台頭する中国の対抗勢力として、日本が戦後の平和憲法から解き放たれ、軍事的強化に進むことを歓迎すると表明した。同紙は、中国の高圧姿勢に懸念を強めるアジアの国々が日本の軍事的強化を支持することによって、自衛隊を「国防軍」に格上げする憲法改正を目指す自民党の安倍晋三総裁に勢いづける可能性があると指摘している。

 インタビューの中でデルロサリオ外相は、「われわれはアジア地域でバランス形成の要因を求めており、日本はそのための重要な存在になり得る」と述べ、中国に対抗するための日本の「再軍備」を「強く歓迎する」と語った。


 


ミズポや野田豚などの、アジア諸国が右傾化に懸念とか言ってるのと違うみたいだけど~


 


※記事とはぜんぜん関係ない画像です。前回キモイ写真をアップしたのが人気ブログランキングの更新画像に出てるのが嫌なので・・・。



珍しい、猫の狛犬?みたいな物らしいです。プロフィール画像のも同じ種類の石像物です。


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-10 12:00 | 台湾&東南アジア

台湾抗議船団に中国と取引の大きい台湾企業が援助金(NHK)

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


台 湾 船領海侵入 ねらいは漁業権か


(略)


台湾の企業グループ資金を援助


25日に尖閣諸島沖の日本の領海に入った台湾漁船団は、当初は今月22日の出港を計画していましたが、燃料費などの資金が不足し、いったん見送っていました。

しかし、漁船団が所属する漁協によりますと、中国ビジネスで成功した「旺旺」という企業グループの会長から1300万円余りの提供があったため、25日の出港にこぎ着けました。

この会長は、もともとせんべいなどのメーカーの経営者で、
台湾から中国に進出して事業を拡大しました。

現在は、台湾のテレビ局と新聞社も保有していますが、会長は中国政府との関係がよいとされ、これらのメディアの論調が中国寄りだと見る向きも台湾にはあります。


 nhk


一部の保守の間で、「台湾は友邦だ」という意見と「台湾もシナと同類だ目を覚ませ」という意見の対立があるという。自分は「核保有の是非」「空母保有の是非」みたいな政策論争みたいな事については同じ保守同士でもどんどん討論すれば良いと思うので、この台湾論争?についても別に何とも思わないのだが、どうも事の前提が何か変に感じる。


 


この論争で重要な点は①台湾が友好国である場合のメリット②現状の台湾の友好度③友好を促進する方策であろうと思う。所がアンチ台湾派?の一部の頭の痛い人々は「現状の台湾も特亜と同じ、彼らを信じるな!」みたいな感情論ベースで論じている事で全くナンセンスだ。


 


国家どうしに完全な友好も完全な敵対も無く、臨機応変に合従連衡を繰り返すのが戦国の習いと言える。いや戦国時代じゃないけど。とすれば現象面で台湾人がデモをしたり抗議船を出動させたりする微細な動きで、即座に敵だ味方だと決めつけるのはナンセンスで、そうした一部のアンチ台湾派の中に「保守の中には盲目的な台湾信者が居る!そいつらはバカだ!」みたいないたって勝手な決めつけを吹聴して回っている人々が居る。


 


全くもって「いらぬ心配」としか言いようが無い。先の絶対の友好も無ければ、絶対の敵対も無いという基本姿勢さえあれば、後は有利か不利か、臨機応変に考えるのみで、現状では台湾は味方に引き込む事が重要だが、尖閣では一歩も引く訳にはいかない、その姿勢で良いと思う。シナ共産党のように、かなりの割合で敵対姿勢のある国と、伝統的に友好的であるとする台湾、同じ抗議船が来ても、それを全く同じに受け取る必要も無いし、それを即座に一緒くたにして、敵だと決めつける方が柔軟性にかける。常に警戒心は忘れないようにしつつ、対シナの包囲網に巻き込めるような姿勢であるべき。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-09-25 20:50 | 台湾&東南アジア

台湾首相「韓流ドラマ氾濫に寒気」…韓国「日本に続き台湾もか」

こういったまともな神経による発言を出来るのがまだマシだなあ。なにやら嫌韓は駄目だと言い張る人がいるが、カレーが好きでラーメンは嫌い、野球は嫌いだけどサッカーは好きという様に、好き嫌いと差別は何にも関係が無い。嫌いな物が嫌いと言える世の中が普通でしょ。


 


c0294269_1110567.gif
 
c0294269_1110788.gif
にほんブログ村


台湾首相「韓流ドラマ氾濫に寒気」…韓国「日本に続き台湾もか」サーチナ


台湾の聯合報によると、台湾の呉敦義行政院長(首相格)が台湾のテレビ放送で韓国ドラマが氾濫(はんらん)していると指摘し、「毎日、韓国ドラマばかりだ。見れば見るほど寒気がする」と話したことが分かった。韓国メディアが相次ぎ伝えた。



 呉行政院長は14日、台湾のテレビ番組についての見方を示した。テレビ番組の「陳腐な点」として韓国ドラマの氾濫を批判。韓国メディアによると、「毎日韓国ドラマが流れ、2回も3回も再放送されることもあり、反吐が出るほど」と述べたという。



 呉行政院長は「韓国ドラマは見れば見るほど寒くなる」という表現も使ったという。「韓」の中国語読みは「ハン」で、中国語でイントネーションが違うだけの「寒(ハン)」にかけた。



 韓国メディアは、フジテレビの「韓流推し」を批判する日本に続き、台湾でも「嫌韓流」の拡散が憂慮されると伝えた。



 2010年(昨年11月)に行われた広州アジア大会で、台湾の楊淑君テコンドー選手が、失格となったことの原因を「韓国審判の不当な判定によるもの」と主張したため、台湾では韓国商品不買運動や韓国ドラマの視聴を拒否するなどの運動が広がるなど反韓感情が高まった。(編集担当:永井武)


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-09-16 20:15 | 台湾&東南アジア