日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


ふざけるな!「ISD条項を全く知らない」野田首相

従米真理教の小森義久等産経がしきりにけしかけるTPP問題だが、実際には閣僚は勉強中、野田首相に関して言えば、最も問題となっているISD条項すら全く知らない模様だ。どうしてそれで国益と断言出来て、反対派はTPPオバケを怖がる電波と言い切れるのろう?どうしてTPPの内容すら知らない首相がタフな交渉が出来るんだろう?小森等のTPP従米真理教徒は太平洋戦争中の大本営以下の低能。


 


以下資料↓


 


パチンコ屋の倒産を応援するブログ


本日参議院で行われた予算委員会の質疑より



佐藤ゆかり議員:

(条約>国内法 であるためにゆえにISD条項で国内法をねじ曲げられてきたISD条約の悪用例を列挙して)

「これは条約ですから、国内法が曲げられるんですよ。そのことをですね。野田総理いかがお考えですか」



野田:

「あのー、まさにこれ通商の交渉だけではなくて、社会的な影響がいろいろ出る分野があるということをよく理解しながら、ふまえながら対応していきたいと思います。」



佐藤:

「国内法が条約によって曲げられるという認識について、TPPの絡みでどう思いますか?どう思いますか?」



野田:

「基本的には我が国の守ってきた法律で対応できるように交渉したいと思います。」



~速記停止~



野田

「国内法よりも条約の方が上位にあってそれに対応しなければならないというその現実の中でどう対応するということでございます。」



~速記停止~



野田

(メモをガン見しながら)「これですね、投資協定・・・えー、あ、裁判化圧の問題を国際仲、仲裁判断に委ねる、、そういう場合ですね。ちゅ、仲裁人が入ってきて、仲裁人によって決めていくと言うことなんで、、というプロセスがあるということで・・ごにょごにょ」

(逃げるように椅子に戻る)



~速記停止~



野田

あのISDSの話だったもんですから、寡聞にしてそのことを私詳しく知らなかったもので、その中で、まさに条約と国内法の関係では条約です。だから、だからこそ、この我が国が守ってきたものでいいものだというものを、条約を結ぶために、それを殺してく、壊してくということはしないというのは基本的な考え方でございます。」







野田はISD条項によって国内法がねじ曲げられる事を全く知らず

条約>国内法 という関係も知らなかったことが明らかになりました。



TPPで特に重要な問題であるISD条項についてまったく知らなかった

(午前の衆院での予算委員会からずっと他の閣僚はこれについて聞かれて答弁していたのに)



これでTPPに交渉参加をごり押しするのが野田です。



国会での審議にあたっての予習すらしておらず、

国会審議はアリバイ作りでアメリカに媚びを売るためだけにTPPを進める

野田にはそのことしか頭にない事がはっきりしました。


 


2chコピペ


今日の野田総理

1、TPPが国内法に優越することを知らなかった

2、10年間で関税全廃することを知らず、保護できる関税があると思ってた

3、今からでは交渉参加は半年後。条件闘争出来ないことを知らなかった

4、ISD条項を知らなかった

5、TPPよりASEAN+6が国益であることを隠してた


 


 


ふざけるな!!


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-11-11 20:43 | 経済&不況

「尖閣事件・仙谷」と「TPP問題・産経」はそっくり瓜二つ

遅ればせながらというか、TVでもTPP問題は農業分野だけじゃない、危険性があるとぼつぼつと報道を始めた。ギリギリのタイミングで出すのは、これこそアリバイ工作としか見えないのだが、まだそれでも情報を出すだけマシだ。しかしTVのニュースを観るにその中でも最悪の情報隠匿を今なお続けているのがフジなのだから飽きれる。


 


いまだにTPPは怖く無い、TPPオバケを恐れるなの連呼で、農業と工場勤務の兼業農家などに「TPP賛成です。」などと言わせたインタビューを流して、一方的なプロパガンダをして終わり。こんな状況下でよくも古森義久みたいなヤツは「TPP反対してるのは、アメリカ陰謀論者の電波」みたいな決め付けをするのだから恐れ入る。ワシントン駐在の人間が、日本の報道の酷さを理解してんのか?それでいて、TPPに反対してるのは陰謀論者、単純反米主義者なんだろ!と叫ぶ姿の方が、従米真理教徒にしか見えない。


 


TPPに関して言えば、賛成反対両論あって良いというのが自分の考えで、単純にアメリカがする事は全て悪であるとするつもりはさらさら無い。けれども国内におけるTPP報道のおかしさ、野田と民主党の政策決定のプロセスの不透明さ、非民主主義的さという点から、これを疑わしく感じるのは当たり前の反応であって、賛成反対、正しい間違っている以前に、そこの所をすっ飛ばして、バスに乗り遅れるな、APECまでに国内意志を統一しろ!と叫ぶのは異常極まりない。


 


この状態、何かどこかで観た事あるなと思ったら、尖閣事件当時の仙谷と、それを批判する産経の姿勢が、まるっきり同じ立場なのが判る。


 


仙谷は「日本とシナは重要なパートナーシップ、だから少々の情報隠匿があっても、シナを刺激しない、さっさと要望に従って、船長帰国でも不起訴でも何でもするべきだ!それが国益だ、国民は疑わず、従え、反抗する者は闇雲な『反中主義者』なんだろう!」という考えの元、一人突き進んだ。それを一番激しく批判していたのは産経新聞である。


 


ところがTPPではどうか? 「日本とアメリカは重要なパートナーシップ、だから少々の情報隠匿があっても、アメリカを刺激しない、さっさと要望に従って、APECで褒められて頭ナデナデされるのが国益だ!、国民は疑わず、従え、反抗する者は闇雲な『反米主義者』なんだろう!」とあろうことか、TPPに突き進む仙谷を「仙谷様マンセー、産経は仙谷様の奴隷でございます。」と靴を舐め舐め従っているのだから呆れ返る。


 


重要なのは固定化された教義では無く、思考法である。そういう点で左翼と保守という逆の立場(教義)ながら、思考法においては産経も仙谷も似たり寄ったりである。


 


これが世に言う曲学阿世という物か。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-11-10 20:45 | 経済&不況

理解不能なTPP韓シナ後追い参加論

TPP参加亡者やマスコミが議論経る事無く、民主主義的手続きを無視した首相の決断を煽る中、TPPオバケでは誤魔化せなくなってきた果ての、TPP参加益の口先の言い訳が支離滅裂になって来ている。


 


普通は医療保険問題やアメリカが押し付ける参加日程の隠匿など、情報隠匿に対してまずは謝罪なり、情報隠しを認めるなりするのが普通だろうが、それはすっ飛ばして、自分は間違っていない、会議でちゃんと自己主張するだの、言い訳を連発するのみ、しかも情報隠匿の事実は無視して、まだ疑う者の方がおかしいと連呼する姿はまさに宗教的信念でごり押しする人間の醜さを体現している。


 


その中でも最近とみに理解に苦しむTPP参加亡者の言い訳の一つが「今は参加国が少ないが、後からシナや韓国も参加してくる。だからこそ早くルールメイキングに加わるべきだ!」という物だ。


 


TPP反対派が散々「今から参加しても会議に加わるのは半年後以降だ。」という報道の存在を教えても、TPP参加亡者は基本的に都合の悪い情報や想定は無視する大本営発想なので、それはもはや一旦忘れよう。


 


がそれを除いても、そもそも「早く参加しないとルールメイキングに参加出来ない。」→「ルールメイキングに参加できないと不利になるぞ!」という脅しだったなら、どうして今現在参加していないシナや韓国がわざわざ後から参加してくると言い張れるのだ?自己矛盾してないか?卵か先か鶏が先かじゃないが、「バスに乗り遅れるぞ!」と日本人はせかしながら、逆に韓国・中国には「あとからごゆっくりどうぞ。」理解に苦しむが。


 


というか、日本が突然ありえないくらいに交渉能力を発揮して、日本優位なTPPを締結したとして、どうしてそれに不利になる韓国や中国やその他の国が後から我も我もとやってくるんだ??


 


TPP参加亡者は「自由経済自由経済」と狂ったように叫んでいるが、自分にはTPPは自由経済では無く、単なるアメリカによる管理経済にしか見えない。そしてTPPもユーロも第二次世界大戦前夜の世界経済のブロック化にしか見えないんだが。その証拠に桜井よし子氏なんて、明確にシナ経済に対抗するにはTPPしか無い!とか主張しているじゃないか、どこか自由経済なのだろう?やはり理解できない。何の事は無い、大東亜共栄圏の名主が日本じゃなくて、アメリカに置き換わっただけの物だ。サヨクが東アジア共同体の夢破れて、前後不覚になって、産経みたいなTPP参加論亡者と一体になって突き進む不気味さ。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-11-10 20:15 | 経済&不況

小沢一郎、悪しき条件闘争型TPP隠れ賛成論者

自分は現時点でのTPP参加に絶対反対だ。


理由は明確だ。


 


1、交渉に参加する民主党政権が不当政権だから。


2、交渉に参加する民主党政権が対米追従だから。


3、現実に情報隠匿、捏造が行われているから。


 


もし


 


1、選挙で正統に選ばれた強い政権


2、国益確保、日本の国体護持に万全の信頼感


3、TPPに関する悪い情報も全て開示


 


だったら、「よし戦って来い!」と拍手で日本の貿易の為に送り出すが、現況は真逆なのだから反対としか言えない。この絶対的な前提条件を無視して、TPP礼賛、反対なら対案を出せと叫んでる宗教的賛成者こそ頭がどうかしているとしか思えない。というか円高対策一つにしても、介入のやり方ひとつとっても素人丸出しの政権なのに、他に打つ手が無いと言い張っている人間がよくわからない。


 


問題は小沢一郎だが、多くのサヨクブロガーが小沢一郎をTPP反対派の旗頭のように掲げてTPP反対を訴えているのが、噴飯モノというか涙モノでもある。


 


小沢一郎こそが、TPP参加なら農家に手厚い保護と補償を行えという、真のTPP反対派にとっての一番の敵、「条件闘争型の隠れTPP賛成派」である事を名言しておく。


 


TPP問題で輿石氏「ピンチをチャンスに」 小沢氏は「原則賛成」


2011.10.20 19:26


民主党の輿石東幹事長は20日、国会内で全国農業協同組合中央会(JA全中)の万(ばん)歳(ざい)章会長と面会し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加問題で「議論を通じてピンチをチャンスに変えるべきだ」と強調した。万歳氏は反対の意向を伝え、11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議までの意見集約の先送りを求めた。


 一方、TPP問題を扱う民主党プロジェクトチームは20日の総会で、慎重派の川内博史衆院議員の座長代理への起用など7人を役員に追加する人事を決めた。


 小沢一郎元代表は20日、「自由報道協会」主催の記者会見でTPPを「原則賛成だ」としながらも、「国民生活を守る対策を取らずにやるのは早計だ」と付け加えた。自民党有志議員の「TPP参加の即時撤回を求める会」(会長・森山裕衆院議員)の会合では反対論が噴出した。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-11-03 22:29 | 小沢一郎疑惑

モザイク状態TPP反対、人物・組織では無く政策・考え方につく

産経新聞は外交安保では他のマスコミよりかは幾分かマシ、そういった評価があった訳だが、ことTPPに関する報道についてみれば他の腐れマスゴミと一切変わらない。


 


TPPについては反対であろうが賛成であろうが日本は思想信条の自由がある訳だからどちらの考えがあっても良い訳だが、ここの所の賛成派とされる報道や学者や推進の民主党政府の発言を見る限り、素人が収集した情報からでも簡単に齟齬が目立つ、穴ばかり矛盾ばかりのすり替え、言い訳、捏造の連発で、現時点で考えれば反対派の言い分に一理あるように感じる。


 


しかも今から参加してもルール作りに携われないとする米側の情報だとか、医療保険に関する情報隠匿だとかの報道が出ても、産経以下マスコミが一切後追い報道する事無く、同様の推進記事を書き続けている点で、推進派は一種のプロパガンダ状態であり、まともな議論が出来る体制とは到底思えない。特に2兆7千億を1年の経済効果であるかのように国会でまで吹聴している野田については、犯罪者と呼んでもいいくらいにおかしいが、その点を追求しない多くのマスコミもやはりおかしい。


 


が、ここで問題なのが、安部晋三や小泉Jr等、これまで保守層と言われる人に絶大な人気のあった政治家の一部でTPP推進派では無いか?と疑われている人が居る為、その点について混乱が起こっているようだ。


 


しかし人では無く政策につくという考えで行けば混乱する必要など無い。これまでどんな信用していた人物でも、現時点の判断で考えが違えると思えば、それははっきりと違う意志を示すべき。


(※現時点で安部や小泉Jrが反対なのか賛成なのか、書いてる場所でバラバラなので困る)


 


安倍さんは世間が冷淡な時から一人北朝鮮による拉致犯罪を取り上げつづけ、日本の戦後レジュームからの脱却と憲法改正に道を開けた優れて高潔な政治家であるという評価は今でも変わらない。しかし唯一直すべき部分があるとすれば、やっぱりそれは従米病だ。


 


現時点では間違いが多かったとされるイラク戦争開始における情報収集のミスや杜撰さの点についても、多少支持者からみても、硬直したように米軍の行動は正しかったと連呼し、従軍慰安婦問題についても「そんな物存在しなかった!」とはっきり言うべき部分を、アメリカ議会から少し圧力があると、「広義の従軍慰安婦は存在した。」などと賛成反対、双方からどうでも取れる発言をして、結局村山以来の悪癖を踏襲してしまった。


 


しかし勘違いして欲しく無いのは、本質的にはソ連式左翼の勝谷のように、連日マスコミの異常なバッシングに苦しんだ安部さんの実態を見ずに「日本の保守を潰したのは安部さん。」等と、保守の振りをして、安部潰しを図るのでは無くて、安部さんに期待する一人だからこそ、今回のTPPに関してまでも、従来の対米追従を続けるなら、それは間違いですよと指摘したいのだ。


 


今回のTPP問題、反対派の中には二階や加藤などこれまで反日連合だと呼んでいた連中と図らずも同様の立場となっている事が多い、逆に自分はこれまで支持してきた竹中や小泉Jrなどと意見が異なって来ている。これまでの小泉支持の考えが間違っていたとは思えないが、やはりことTPPに関して言えば、納得できない部分が多い。


 


そして一番重要なのは、野田以下前原や仙谷等、不正な政治資金問題や、過去の不祥事等、自民党政権時代に全マスコミが辞職せよと叫んでいたような灰色状態であり、政権として「国民の信任に無い不当政権」であり、日本の方向性に著しい影響を及ぼすTPPを判断できる権利が一切無いと考える。これはTPPに賛成であるか反対であるかという前に、絶対にはずせない前提条件である。


[PR]

by bluegreenEXT | 2011-11-03 22:01 | アメリカ