日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2012年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧


「未来」立ち上げで、滋賀県庁に抗議殺到 嘉田氏、職員に理解求め異例の庁内放送

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


「未来」立ち上げで、滋賀県庁に抗議殺到 嘉田氏、職員に理解求め異例の庁内放送


滋賀県の嘉田由紀子知事が新党「日本未来の党」を設立し、代表に就任したことを受け、同県庁には嘉田氏が新党立ち上げを表明した27日から3日間で、新党に関する電話が220件以上寄せられていることが29日、分かった。半分以上が抗議や批判の内容という。突然の新党設立に対応に追われる職員にも戸惑いが広がっており、嘉田氏は同日午前、異例の庁内放送で経緯を説明、職員に理解を求めた。


 県広報課によると、新党に対する意見や問い合わせは電話のほか、メール(封書・はがき含む)でも寄せられており、29日午後5時15分までに合わせて550件以上にのぼった。嘉田氏を激励する内容もあったが、「知事を辞めてから代表になるべきだ」「二足のわらじで務まるのか」「県政に影響が出る」など、新党に抗議する意見が半数を超えた。


 


安倍氏が総裁に当選した時は、どこの誰かもよくわからない県連かなんかが、抗議の辞職とか、何そのローカルニュース?みたいな事が繰り返し放送されたのに、民意の抗議550件はTV無視ですか?


 


未来の嘉田氏、地元では四面楚歌 県議会全員協議会で追及厳しく


衆院選に向け、滋賀県の嘉田(かだ)由紀子知事が新党「日本(にっぽん)未来の党」を結成し、代表に就任したことを受け、同県議会は29日、全員協議会を開き、嘉田氏に新党結成の真意について説明を求めた。県議からは知事職と兼任することを不安視する声が相次いだが、嘉田氏は「選挙後は知事としての公務を優先する。県政運営に支障が生じないよう職務を果たしたい」と理解を求めた。


全員協議会には県議46人が出席。県議からは「県民は知事に県政をやってほしいと思って選んだのに裏切りになるのではないか」「新党結成はあまりにも急だ。段階を踏んで県民に説明すべき」などの厳しい声が噴出し、嘉田氏は「県政の最大課題を解決するのが新党結成の目的だ」などと説明に追われた。


 


闇専従1号ハシシタ


闇専従2号松井


闇専従3号嘉田


 


こりゃひどい地方自治サボリトリオ!


地元の人は提訴しろよ!!


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-30 21:25 | 新党&野党

鏡に向かって吠える猿、じゃなくて野田豚&ハシシタ闇専市長橋下「何年後ゼロなんて争点ならない」

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


「未来の党はドイツに倣って卒原発、原発ゼロそんな事を言っていますが、ドイツはフランスと地続き、いざとなればフランスの原発から電力を輸入出来るのです。言葉だけ脱原発が踊ってもだめ、ちゃんとした計画をもって脱原発の道筋を計画する事が重要なんです。」


 


TVニュースの一場面を怪しい記憶で書いた物で、細部の言葉遣いは違いはあれど、ドイツとか電力輸入とかの重要部分はあってると思うが、この言葉誰の物だと思いますか?野田豚ですよ。


 


「自民党は続原発、民主党は脱原発(原発30年代ゼロ)、民主党で前に進むか、自民党で後ろに戻るか、前に進むか、後ろに戻るか。」


 


同じ口で野田豚は感情的な反原発論理で自民党を攻撃する。そして急進的な脱原発の未来には、自民党に近いような手法で攻撃する。(自民は脱原発では無いが)


 


そもそも事故を拡大し、議事録を隠し、事故の原因を隠して原発議論停止を招いているのは野田豚&菅民主党だろ。


 


結局野田豚は全ての情報は承知で、党利党略で口先で理屈を変化させている。それは維新のハシシタも同じだ。


 


当初、孫の再生エネ財団という自然エネ利権にどっぷり浸かる飯田を前面に出して再稼動が無くても夏は乗り切れると主張し、全国的な再稼動議論を停滞させ、その間にも多数の中小企業を潰し、日本の貿易赤字を増やし続けた。


 


それが太陽との合流で一転、原発ゼロ、即時停止は影をひそめ推進なんだか脱原発なんだかよくわからないグレーゾーンに。


 


それがさらに一転、未来の党の結党に際して埋没すると危機感を持ったのか今度はまた脱原発色を強く打ち出した。一体たちあがれ日本のメンバーはお飾りなのか?異を唱えないのか??そもそもハシシタら政治家の口先一つで国民が多大な人が迷惑を被っているという意識は無いのか?前言を翻すのに恥を感じないのか??


 


石原氏&ハシシタ闇専従市長の会見も酷かった。


 


石原「中央官僚を打破、中央集権体制の破壊。」


 


ハシシタ「政治家が細かい数字なんて決めれませんよ、大きな事を決めたら後は官僚に任せますよ。」


 


もう無茶苦茶。ハシシタの理屈で言えば、現在テキパキと仕事をこなせる、政治家の命令を忠実にこなす高性能な官僚制度を徹底破壊して、道州制で各地にどんな性能かいまだ不明な行政制度を作っていく事になるのだが、ハシシタは会見中に矛盾している事に気付いていないのか?


 


威勢だけは良いが、国民生活なんて二の次三の次、自分の沽券を保つ為、屁理屈に屁理屈を重ねる嘘つきは絶対に信用出来ない。


 


橋下氏「何年後ゼロなんて争点ならない」 石原氏「公約、小さな政策話しても仕方ない」


2012.11.29 13:46


29日午後、東京都内で会見した日本維新の会の橋下徹代表代行は、方向性を示した「骨太2013-2016」を「薄っぺらく見えるかもしれないが、これだけの中身を一内閣でやれば歴史に残る」と自賛。一方、具体案を示した「政策実例」については「決まったことではなくアイデア。議論の余地がある」と述べ、今後も修正するとした。


 会見では冒頭、代表の石原慎太郎前東京都知事が「小さなこまごました政策を話しても仕方ない。できっこないし」と主張。橋下氏も「政治をよくするにはメディアがしっかりしないと良くならない」とメディア批判を展開し、「政治家の仕事は専門家や官僚が作った総合プランから判断することで、工程表を示すことではない」と強調した。


 エネルギー政策で、橋下氏が当初公約に盛り込むとしていた「2030年代までに原発ゼロ」が明記されなかったことについては、「2030年代に原発ゼロという気持ちは捨ててないが、原発終息のメカニズムを政治家とブレーンだけで作るのは無理」と主張。「何年後にゼロにするなんて絶対争点にならない。誰もプランを作ってないんだから」とし、10年後に原発廃炉するという嘉田(かだ)由紀子滋賀県知事の「日本(にっぽん)未来の党」を引き合いに、「10年後ゼロといえばいいなら、なんぼでもいえる。だが、それでは実行できない政治が続くだけだ」と牽制(けんせい)した。


↓   ↓   ↓


維新、公約で2030年代までに原発全廃


2012.10.24 12:12


「日本維新の会」幹事長の松井一郎大阪府知事は24日、記者団に対し、維新が次期衆院選で掲げる選挙公約に、2030年代までに既存の原発全廃を盛り込む方針を明らかにした。代表の橋下徹大阪市長も「選挙公約を4年間で実現できるものに限るのは間違い。大きな方向性、軸を定めるのが政治だ」と述べ、具体的な原発政策を公約に盛り込むとした。


 松井知事は「日本の国土で原発を完全に安全に動かすことは不可能だが、日本経済を支える上では、今すぐ原発を止めることはできない」と指摘。その上で、「将来的に原発ゼロを目指すのは当然。2030年代までに産業、経済構造を原子力に依存しなくてもやれるよう変えていくのは政治の役割だ」と述べた。


 維新は「維新八策」で、原発政策については「先進国をリードする脱原発依存体制の構築」としていたが、具体的な政策について言及していなかった。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-30 12:45 | 橋下徹知事

「電力自由化&発送電分離で原発が無くなるよ」バカ

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


みんなの渡辺がしきりに「電力自由化で競争原理から電気料金がどんどん下がり、原発以外の電力会社が伸びて、やがて原発ゼロになる。」とか無茶苦茶な事を連呼しているのであきれた。


 


そもそも現在の時点では非常に残念だが自然エネルギーの発電効率は化石燃料による火力発電や原子力発電に遠く及ばない。一体何を根拠に原発ゼロに出来ると言い放つのか?それこそ「武器は無いが、わが軍は無敵だ」とか言い出すのと同じレベルの妄想なのでは?


 


そして現状の自然エネルギーは原子力発電で利益を出した電力会社から供給される補助金によってなんとか利益を出しているのであって、自然エネルギー自体が利益を生み出す訳でも何でも無い。原発が実は高コストと言っても、実体は地域への対策費であって、単純に発電効率から換算した利益率は原発がダントツだと思われる。


 


現状、原発頼みの自然エネルギーで脱原発って、卵が先か鶏が先かとか、パンが無ければお菓子を食べればいいのに的な矛盾をはらむ話でしか無い。


 


ましてや発送電分離については、誰かが絶対に送電線の保守点検をしなければいけない事実があって、現状は各地の電力会社が担当しているから電力の安定供給が保たれているのに、それを度外視した暴論だ。普通に考えて、発送電分離と自由競争化して、送電線の保守作業を行わない、インディーズ的な電力会社が利益的に有利なのは明白で、その際送電線の保守点検整備は誰が行うのか?まさかこれまでの大手電力会社に押し付けるとすればそれは自由化でも何でも無く、ただの偏った利益配分になる。当然送電会社を設立しても、利益率の低い採算性の低い業務で、経営は苦しくなる。すると最後は公的資金投入や国営化という話になる。つまり結局税金投入され、ただ乗り電力会社だけが儲かる。


 


つまり「自由競争&発送電分離で脱原発」とは、原発によって利益をあげ、送電線の保守点検整備をし電力の安定供給を果たしている現状に、そこからの補助金と送電線ただ乗り目的の自由な電力会社が好き勝手に安い料金で参入。すると消費者が電力会社を選べる仕組みの導入で、新規電力が伸びる。すると大手電力会社も料金を下げざるをえず、送電網の整備や発電所の整備に落ち度が出始める。発送電分離が果たされると、当初は民間の送電会社が作られるが、やがて電力安定供給よりも利益追求に走り手抜きやミスが頻発、新規参入発電会社も、気まぐれで利益しか考えていない為に同様、結果停電が頻発。しかしかつての大手電力会社も国のバックアップが無くなり、競争原理にさらされてガタガタ。やがて電力の安定供給が崩れた日本は工業も経済も破綻。その時バカは言うだろう。「誰が電力自由化なんかにしたんだ!」と。


 


これはタクシーやバス&運送業の自由化などで実際に起きている事で、その時に「小泉改革の自由化が事故を起こすニダ!」とか叫んでる連中が同じ口で「電力自由化競争化で天国ニダ!」とは恐れ入る。


 


そもそも国家には利益を度外視しても必要なインフラという物があるはずだ。それがエネルギー問題で戦争を起こした日本が一番承知のはずで、民主党の自爆テロ的ミスで全ての原発を否定するのはまったくおかしい。


 


例えば北朝鮮に軽水炉支援などしたように、かつての競争原理と関係無いソ連でも原発が作られた事からも、原発とは悪の原子力ムラがあるから作られるのじゃなくて、国家にとってどうしても必要なインフラだから、後から利権が生まれるという構図がどうして理解できないのだろうか?利権に切り込むのは当然だけど、それが原発の高効率に発電を出来る事実を否定する物じゃない。


 


今しきりに自然エネルギーを持ち上げているのは、本当の天然バカなだけか、将来国が潰れても良いから、「原発貯金」を切り崩した補助金の利益を当て込んでる再生エネゴロか、反原発ヒステリー票を当て込んだ売国政治家のどれかである。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-29 13:01 | エネルギー問題原発

未来の党vs維新で見えるバカサヨ的ご都合主義

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


オザワ「あーウリが、おー表に、うー出ると、あーー世間の、うー見る目が、あーー厳しく、うーーなるので、あー裏に、おーー隠れるっちゅうこと。」


 


政策も党是もかなぐり捨てて、日本を壊したい、日本の安定的な電力供給をぶち壊したい反日バカサヨク連合が出来つつあるが、ご丁寧な事にそこに小沢が合流してくれるとかで非常に有り難い。


 


一部のバカサヨとオナワ信者以外、鳩山幹事長時代に浮かび上がった日本国民の反小沢感情は拭いがたく、未来の党の新党イメージは、最初から薄汚れた物になってくれるだろう。


 


さらにはもっと有り難い事に、日本維新の会との潰しあいが心地よい。特に未来の党の党是である卒原発の判りにくさと、維新顧問の飯田哲也が未来に関わってる事がまことに良い。


 


この飯田哲也もたいがい無茶苦茶だ。もともとはグリーンニューディールと言って、原発推進と自然エネルギーを同時並行する考えだったはずで、その証拠に原発による発電割合を50%として、二酸化炭素排出25%削減を達成する、鳩山内閣に参画していた。飯田は元原発推進者でもあるし、出身は原発学者である。


 


それが3・11を境に都合よく「原発ゼロ」に転進、必死に維新で原発ゼロでも夏は乗り切れると主張したが、たまに原発が無ければ乗り切れなかった事もポロッと認めるブレぶり。


 


こいつで忘れられない言葉は「今ソーラーを設置すれば坊主丸儲けですよ(笑)」と言った事だ。確実にTVで観た。アホですこいつは。


 


そんな極端な飯田を抱えて、知事選に立候補までさせた維新が今や太陽との合併で推進なんだが脱原発なんだかわからない状態になり、飯田は未来に肩入れ。


 


そして維新は未来を「口でどれだけ理想を言っても駄目なんです、実行力なんです。」と批判。お前が実行力一番無いバカ政治家だろと、大阪府は赤字増加、咲洲移転で財政悪化、文化事業だけ潰してトンズラ、挙句に市政放り出して政治活動。どこが実行力か?そもそも維新橋下自体が、原発即時停止とかほざいていいただろうが。


 


そんな維新と未来、盛大に潰しあって頂きたい。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-28 12:50 | 新党&野党

公示後の選挙報道はどうなるだろう?

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


自民党の選挙公約が選挙政策集に変更されるようだが、内容が報道されていないので判断出来ず気がかりだが、公示前の変更は別に良いのではないかとおもう。重要なのは内容で、例えば金融政策が後退していたり、国防軍が削除されていたりすると、かなりガッカリだろう。そうでない事を望む。ただ、変更自体は民主党の嘘つきマニフェストなんかより、より真面目で全く気にする必要は無い。要は内容。


 


それよりも選挙公示日が近付くにつれ、マスゴミ連中の焦りを感じる。これまでの定石の偏向手法が効果的に使えていない。


 


マスゴミの選挙時の偏向手法


①推している政党の露出度アップ。逆に落としたい政党のネガキャン。


(例:BGM、映像、演説時の観客、討論時の司会進行)


②公示ギリギリ直前までに、①の手法でわかりやすいキャッチーな政党のイメージ固定化。


(例:新しい〇党、古い×党、×党は世襲、〇党は公募)


③公示ギリギリ直前に、推したい政党が突然、異常に支持率の高い世論調査が発表される。


(例:地方選挙直前の新報道2001)


④マスゴミが設定した、推したい政党に有利な「争点」が繰り返し連呼される。


(例:政権選択が最大の争点の、脱原発が論点の)


⑤公示後、イメージ固定化が定まった時点で、普段政治を扱う全ての番組が「凶悪犯罪、芸能スキャンダル、グルメレポート」をヘビーローテーション開始。


(例:ノリピー、相撲ギャンブル等々)


⑥党首討論、政策比較は、土日早朝の番組など、普段政治に関心の無い層は絶対見ない所に追い込まれる。


 


そのまま公示前のイメージ固定化、支持率調査による誘導のまま、関心を散らして選挙当日まで粘る。


 


こんな感じでずっと世論をミスリードしてきたマスゴミだけど、今回は推したい政党が次々ポシャって行く、また第三局の数が多すぎて偏向し辛いという感じが続いて居るようだ。


 


それに安倍氏がいい感じでマスゴミが叩きやすい話題を振りまいて、マスゴミ側は安倍氏を貶めているつもりで、逆に安倍氏に利用されている感がする。特に国防軍とか金融政策の議論は、完全に終始安倍氏がリード。マスゴミがどれほど偏向しても、経団連がぼやいても、実体経済の金融市場が反応している時点で、普段マスゴミに騙されている層でも偏向に気付くきっかけになるだろう。最近の安倍さんは過去と別人に見える。願うのはペース配分、息切れしないように長い闘いを切り抜けて欲しいと思う。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-28 00:16 | マスコミ批判

石原氏「シナに武器売れ」「国防軍は不要なレッテル」「じゃんけんは私が」

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


石原氏の発言がいよいよ支離滅裂になってきた。


 


維新・石原氏、自公過半数割れなら部分協力も


日本維新の会の石原慎太郎代表は26日、産経新聞などのインタビューに応じ、来月16日投開票の衆院選の目標議席について「自公に過半数を取らしたら(これまでの政治と)同じことだ。強力な『第二極』をつくらないといけない」と述べ、自民、公明両党での過半数獲得阻止を掲げた。その上で「肝心なことを決めるのに過半数がいるんだったら協力する」と述べ、自公両党で衆院の過半数に満たない場合、政策によっては協力する考えを示した。


 また「こちらも首相を出すつもりだ。強力なキャスチングボーターになりたい」とも主張した。自らが首相に就く可能性は「無理だと思うし、考えていない。将来、首相になるべき人は平沼赳夫元経済産業相だ。私がやるのは所詮、鞍馬天(てん)狗(ぐ)だ」と答えた。


 みんなの党との連携が暗礁に乗り上げていることには「折り合いをつけるのはリーダーの決断だと思うし、こっちもずいぶん譲歩してきた。残念だ」と、渡辺喜美代表に不満を示した。


 自民党が政権公約で掲げた自衛隊を「国防軍」に改称する案には「今、自衛隊は国防のためにある国防軍じゃないのか。余計なレッテルだと思う」と否定的な考えを示した。sankei


 


邪魔をしておいて、連携?さらには結局この人も同じ、安倍氏の国防軍に反対?


 


キャスチングボーター目指す=維新・石原慎太郎代表【党首インタビュー】


―衆院選の位置付けは。

 日本を二つに分ける関ケ原の合戦にする。自公に過半数を取らせたら結局同じことだから、強力な第二極をつくらなければいけない。

 ―衆院選後に自民党などと連携する可能性は。

 肝心なことを決めるのに過半数がいるなら、ぜひ協力する。

 ―ご自身が首相を目指す考えは。

 無理だと思うし考えていない。

 ―新政権における維新の役割は。

 もちろん首相を出すつもりでいる。強力な(決定権を握る)キャスチングボーターになりたい。私の役はしょせん鞍馬天狗(指南役)だ。

 ―みんなの党との連携は。

 (みんなの渡辺喜美代表は)永田町症候群で視野狭窄(きょうさく)で自己過信。ずいぶん譲歩したが折り合いが付かない。「(候補者調整は)最後はじゃんけんで決めるしかない」とは、実は私が言った。「それぐらいの覚悟でやらないと折り合いがつかない」と言ったら、橋下徹代表代行も「その通りだ」と。

 ―大同団結を目指してきた。

 (名古屋市長の)河村たかし君はなかなかの人物だ。東京と大阪と中京が一緒になればすごい迫力があったと思うが、(合流には)かなり大阪側に拒否感があった。

 ―橋下氏は原発ゼロを目指している。

 少なくとも10年くらいの精密な経済計画がないと議論にもならない。

 ―日中関係悪化が経済に悪影響を与えている。

 私は中国の覇権主義が嫌いだ。このまま尖閣問題を放置したら、中国がどんどん勝手なことをして南シナ海の覇権も取られる。シナ(中国)の太平洋に向けての覇権主義を防ぐために、同じ被害に遭おうとしているフィリピンやベトナムとアライアンス(同盟)を組むべきだ。

 ―自民党は憲法改正草案に「国防軍」を明記。

 今の自衛隊は国防軍だが、もう少し自主的に国防軍の実力を付けるような措置を取るべきだ。三木武夫元首相の武器輸出三原則はナンセンス。優秀な武器を作ってどんどんシナに売ればいい。技術が全然違うんだから(日本の技術力を示すことが)一番大きな抑止力になる。

 ―尖閣で日本の主権が侵されれば中国との武力衝突も辞さないか。

 そうならないために努力をするのが外交だが、多少犠牲を払っても国を守るという自覚を示さないと、日米安保など発動するわけがない。jiji


 


何故シナに日本製の高性能武器を売るの?シナはロシア型、日本はアメリカ型で兵器体系違うから、売れる訳無いでしょ?むしろシナが世界にクラスター爆弾やら対人地雷やら安武器売ってる訳でしょう?それを止める事が重要じゃないの?何言ってるのこの人。


 


あと自分らから対立候補立てておいて、後から合流持ち合かけて、普通なら礼儀的に譲歩するべき部分を、じゃんけんで?人間としての何かがルーピーレベルで欠落してないですか?


 


石原氏「首相出すつもり」…他党との連立協議で


日本維新の会代表の石原慎太郎前東京都知事は26日、都内で読売新聞などのインタビューに応じ、衆院選で自民、公明両党を過半数割れに追い込む考えを強調した。



 石原氏は「自公に過半数を取らせたら結局、同じことだ。強力な第2極を作らなければいけない」と述べた。その上で「(維新の会から)首相を出すつもりでいる」と語り、他党との連立協議で主導権を握ることにも意欲を示した。



 みんなの党の渡辺代表が、維新の会との合流に慎重姿勢を示していることについては「視野狭窄(きょうさく)と自己過信だ。木を見て森を見ない、永田町の悪い習慣が出てきた」と指摘し、不快感を示した。維新の会の橋下徹代表代行が、合流後の候補者調整を「じゃんけんで決めてもいい」と発言したのは、「私が(橋下氏に)言った」と明かし、「それぐらいの覚悟でやらなかったら折り合いがつかない」と述べた。yomiuri


 


そうやってさっきまで合流しようとしてた人々をいきなりボロクソに批判するのは、大物のする事じゃないと思う。しかもどのように考えても今回の合流話の混乱、期間が短い事で橋下が焦りまくって、他人より自分、ボートに自分が乗る為なら、周囲の人間叩き落とす勢いって感じに見えるんだけど。支持してないけど、みんなの方が言ってる事正しいと思うよ。


 


 


衆院選後の維新と自民協力について、淡い期待を抱いている人が多いようですが、選挙後の協力するくらいなら、対立候補出さない方が良いでしょう。最初から野合目的で選挙している政党に、無根拠な期待するべきでは無いですよ。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-27 12:20 | 新党&野党

世界的な上士下士としての戦後レジューム

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


前のNHK龍馬伝(自分は龍馬ファンでは無い)での初期のクライマックスのシーンとして、下士の龍馬達仲間が上士に泥に蹴落とされ、差別的待遇を噛み締めるという場面があった。解放同盟のみなさんが涙を流して視聴するようなシーンだが、この土佐藩上士下士の身分の差は戦国時代の勝者側が敗者側の長宗我部家の旧臣を抑え込む為に設けた物だが、結局戦後レジュームからの脱却と安倍氏が叫ぶ、戦後レジュームも同様な物ではないかと感じる。


 


龍馬伝の差別的シーンが果たして事実かどうか不明だが、ドラマでは明らかに上士側が下士側に無理難題を押し付けて苛め抜き、下士が反抗しようとすると挙句に「上士様に逆らうのか!」である。道義よりも身分制の方が優先されるという訳で「上士も下士も無い世の中に…。」という台詞に繋がって行く訳だが…。


 


いやしかしこんな場面、今は解同のプロパガンダ映像にしか無い物だろうと思うかもしれないがそうでは無い。最近、民主党政権による日米関係冷却をみてシナが日本固有の領土である尖閣諸島に対する侵略をあからさまに始めたが、それに対するシナの世界への言い訳がふるっている。


 


「アメリカさん、その他戦勝国のみなさん、日本が戦後体制に挑戦しようとしていますよ!」


 


と言い出したのである。まんま大河の上士の「下士が逆らうのか!」である。調べると下士は着る物から決められて、いきなり切り捨てられても文句が言えないそうな・・・。


 


戦後レジュームからの脱却とは、単に「押し付けられた憲法」を改正or破棄する程度のスケールでは無くて、時間がかかっても最終的には世界規模での「上士下士の身分制」を覆すという事ではないか?それは具体的に言えば国連改革、日本の常任理事国入り、そして日本の核武装(もしくは全世界の核廃棄、無理でしょ)の3点セットではないかと思う。


 


そして今安倍氏自民の公約である「国防軍」に維新から民主党からマスゴミが必死に反発し叩きまくっているがまさにお笑いだ。正真正銘の立派な軍隊である自衛隊を軍と呼ばず、隊と言って居れば「平和」になるのか?それよりも世界中の「上士」様に目を付けられ、批判されるという奴隷根性がそうさせているのじゃないか?


 


いや何も世界中の軍隊が自衛隊と呼ばれているなら自衛隊で構わないが、世界基準では軍隊なのに、日本だけ自衛隊でないといけないとする発想が、もはや上士下士で袴の色まで指定されてるのと同じじゃないか。


 


この問題に維新までもが反対しているのが爆笑である。維新は保守票を釣り上げる為に憲法改正に類似した、「憲法九条改正の是非の国民投票」を呼び掛けているが、結局全ての間違いの元である憲法九条改正?を口にしながら、同根である国防軍に嫌悪感を示している時点で橋下の限界が見えている。彼も典型的な戦後左翼的文化人の一員である。


 


靖国参拝についても全く同じだ。昔から文化や文明が征服されたり侵略されたりした時に真っ先に行うのが祀るカミの挿げ替えだ。日本の神道を中心とした自然観を具体的に顕現させたのが天皇を中心とした国体国家観とすれば、その緩やかな宗教観を奪って破壊して、社会主義だの共産主義だの、唯物史観や社会革命思想という、ださい、むさい、かっこ悪い「カミ」を押し付けるのが戦後レジューム(戦後体制側)の思惑である。


 


結局橋下維新は同じ様に「中央集権破壊」「中央官僚支配打破」「霞が関解体」という判りやすい革命思想を叫び、国防軍に反対し、アメリカの大企業だけが喜ぶTPPを推進する。こんな維新の支持者が「維新は日本の真の独立を目指している!」とか言い出すのだから本当に笑える。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-26 12:16 | コラム(長)

何がしたいのか判らない橋下擁護にウンザリ

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


いつも巡回している超有名ブログ様が、橋下擁護か同情論かよく判らないエントリを書かれているのですが、その中で「反橋下派は感情的な情報弱者が多い」というような事を主張されていますので、なるべく感情的にならない様に、反論してみたいです。ま、こんな無名ブログの片隅で書いても意味無いのですが・・・。


 


主張1「橋下の国政進出には反対、けれど大阪府市改革には賛成です!」


 


一見筋が通っているようでいて、支離滅裂です。現在橋下氏は、市政の多くの業務時間を国政政党の維新の会の活動に使用しています。もし国政進出に反対、市政活動には賛成なのでしたら、同情論など出る前に「市の仕事に戻れ!専念せよ!」と怒りに震えるはずで、決して「橋下氏は誤解されていて可哀想…」とはならないはずです。


 ましてや専ら、国政政党維新の会に対して批判している勢力に対して「大阪の改革は支持している!」とは言えないはずです。国政政党維新の会を批判されている人々には、大阪の改革などどうでも良い事なのです。大阪の事を前面にだして、あたかも国政政党維新の会批判への足止め行為ともなるような記事を書かれる事は不可解です。


 


反橋下派「〇×な理由で国政政党日本維新の会は駄目なんです!」



有名ブログ様「橋下の大阪改革は素晴らしい!誤解しないで!!」


 


 


もう最初から会話が通じていないですよね。国政政党としての日本維新の会批判に、大阪の事を持ち出す時点で言語道断です。国政進出には賛成しない!と言うならば、現況国政に完全に軸足を移している橋下氏を総体として批判するべきだと思うのですが、そこは分離して「大阪改革だけは賛成です!」とはマクベスの血を出さずに肉で借金返済と同じでしょう。橋下は一人の人間です。大阪改革は立派だから、国政進出の要素だけで、彼を否定しないで!とは無茶苦茶な屁理屈でしょう。


 


主張2「韓国民団マダンは誤解!他の政党の関係者や議員も参加していた!これはブーメランになる。」


 


ブーメランになどなりません。何故ならば、橋下氏は党首ですが、自民党の議員は今党首ですか?違いますよね。関係者や単なる議員が参加した事と、現在の党首が参加した事では全く意味合いが異なります。例えば安倍氏が韓国料理を食べまくろうが、夫人が韓流ファンであろうが、自分は割と気にしないです。けれど安倍氏が韓国民団マダン祭に参加していたとすれば、少し考えは変わるかもしれません。ましてやバックにでかでかと「外国人参政権推進」の文字があればなおさらです。そして現在党首である安倍氏は完全に反対と表明しています。けれど橋下氏は場面により微妙に変化し、さらには特別永住者に地域の政治参加への道筋については表明しています。特別永住者に何故配慮するのか?そういった政治参加が将来完全な外国人参政権に繋がらないか?むしろ警戒して当然です。


 さらに付け加えれば、現在の民主党党首である野田も在日韓国人のイベントに参加しているという記憶もあり、保守層が警戒して当たり前だと思います。将来一体どのようなブーメランが発生するのでしょうか?安倍氏に対して「いち議員がマダンに参加したので、自民党全体が反日だ!」とでもマスコミが言い出すのでしょうか?「ブーメランとなる。」という想定自体が不可解です。


 なにやらやたら「フェアフェア」という言葉を連呼されていますが、この方自体が、多くの反維新の方々がアンチの根拠として列挙している事に反論せず、すべて「大阪改革」で誤魔化している時点で、フェアじゃないですよね。例えば竹島共同管理、たとえば維新議員が捏造リストで批判した時の対処、その他数えればキリがない批判に対して、真摯に取り合わず、何故か必死に橋下擁護に強引に結びつけていますよね。


 


主張3「維新が反日なんて大間違い!維新にはたちあがれ日本の議員や石原氏が合流した!」


 


一体この方は民主党の「偽装保守議員」の人々を見ていないのでしょうか?一番最近の例では松原仁氏です。彼は拉致問題に古くから取り組んでいる議員として保守とされていました。しかし実際にはどのように好意的に考えても拉致担当相を閑職として目まぐるしく挿げ替える民主党に在籍し続け、なんと最後は日朝協議の最中にも関わらず内閣改造で事実上、更迭されました。さらには人権擁護法案の閣議に際して、都合良く外遊し、事実上黙認しました。ここまで来て、今回の解散で他党に移籍するのか・・・と思えばTVで民主党を擁護していました。現在も民主党員です。こんな「保守議員」が何かの役に立つのでしょうか?しかも維新の道州制だのTPP推進だのと言った事に関して、事実上たち日側は平伏して容認してしまっています。結局現在の維新はミニ民主党の様相で、そこに保守議員が混じっているからと言って、それを擁護する事が理解に苦しみます。こうした保守議員合流で票をかせぐのが橋下氏の戦略だと思いませんか。


 また先に「大阪改革には賛成しています。国政進出には反対しています。」という主張と明確に矛盾しています。国政進出に反対であれば、いくらたち日議員が合流しても「反対」であるはずですが、どうしてそこは容認なのでしょうか。しかも維新橋下氏、さらに石原氏は鋭く自民党政治を批判しています。どうして保守間での票割れ、自民党政治を批判している政党を、合流議員ひとつで擁護できるのでしょうか?木を見て森を見ずとはこの管理者では無いでしょうか。


 


主張4「橋下氏は外国人参政権には感心が無いに違いない。」


 


「橋下氏の擁護をすると、~のYUOTUBEを観ろ」と言った書き込みが殺到し・・・。それではその書き込みの該当の映像を観て、具体的に反論するべきでは無いのでしょうか。それをせずに「橋下支持者の方は感情的な人が多い。」などと書く方が、余計にネガキャンではないかと思うのですが・・・。そもそも「外国人参政権には感心が無いと思うのです。」という言葉や法律名が間違っていたから程度の推論でそこまで決め付ける方が、よほど感情的な橋下擁護に感じます。


 むしろ、あらゆる橋下批判情報をシャットアウトして、自分に都合の良いごく少数の資料だけを集めてそれで無理やり結論付けているように感じるのです。


 例えば橋下氏は関空に沖縄米軍基地を誘致する等と主張していました。所が現在は辺野古移転しか無いと言い始めています。大阪改革と国政維新の会の行動は一体です。国政日本維新の会の矛盾は市長橋下氏の矛盾なのです。両者は表裏一体なのです。 


 有名保守ブログの数々で10や20を超える反橋下の理由が列挙されています。それらに反論せずに、直接国政選挙に関係ない大阪改革の事をわざわざ持ち出して、「国政選挙としての維新」を批判している勢力を制し「感情的な人々」「私はフェア」というような内容な記事を書く事が意味不明だと思います。


 


むしろそのような行為は大阪府政市政だけでなく、衆院選挙としての日本維新にも助力している事になり、安倍氏支持と言いながら、立派な利敵行為です。そもそも大阪府の赤字増大問題はこの方の頭に無いのでしょうか。


 


黒字どころか財政再建団体一歩手前

(無断リンク)


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-25 02:38 | 橋下徹知事

野田豚はスパイダーマンに出てきた悪役みたいなもん

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


映画のスパイダーマンでこんな場面がある。ヒロインと子供満載のスクールバスが悪役にとっ捕まって、橋げたから川に向かって両方とも吊り下げられる。悪役はスパイダーマンにどちらを助けるか迫った上で、


「正義のヒーローは大変だなあ、敵を倒すにもいちいちルールや人命を守ったりしなきゃならんからウエーハッハッハッ」と笑う。


うろ覚えで悪いのだが、この悪役とスパイダーマンの姿は野田豚と安倍氏の姿に重なる。


 


野田豚はあろうことか、国会党首討論で安倍氏を「論破」したので、もう一度それを再現する為に、公開討論を申し込んだらしい・・・(呆


 


どうやらマスゴミ、バカサヨ、野田豚の脳内では本当に安倍氏を狼狽させ、論破させた事になっているらしい。


 


野田豚は実際には首相就任直後と増税法案可決直後、この二つの次期に解散するべき責務を負っていた。民主党は自民党の首相交代を激しく批判し、首相交代=解散総選挙と言い続けた。消費増税可決についても、谷垣氏と解散を約束したのは当然だが、マニフェストに無い消費税増税は国民に信を問うのが当然だ。つまり野田豚は二回も連続で民主党のマニフェストや過去の発言を破った。本来ならばこの時点で野田豚の嘘つき、道義的な背徳が確定している。


 


で、その後の安倍氏との国会討論は、バラエティー番組で言えば、「泣きのもう一回」とも言うべきお情けによる再戦、身勝手な延長戦である。もう前提からハンデに次ぐハンデ、安倍氏は本来なら登壇の時点で勝っている。


 


そして「16日解散発言」だが、これも無茶苦茶である。バカサヨマスゴミは男らしいとか本当に意味不明な評価をしているが、本来の解散条件である、谷垣氏の増税法案協力という物をクリアーしているのに、そこにさらに「0増5減+議員数削減」という民主党の勝手な都合を「上乗せ」した。これは人質テロ犯が、一億用意しろと言うから、用意したら、次はジェット機と美人アテンダントを用意しろと、要求を上積みしたもので、凶悪な人質犯罪者が、人質の命を盾に悪乗りしているのに等しい。


 


その悪役(野田豚)とスパイダーマン(安倍氏)の関係がずっと悪役有利の状況が続くのは、言うまでも無くマスゴミの「野田豚イージーモード」のお蔭である。


 


もし仮に安倍氏が「他党の了解も無く、議論も無くそんな重要な事ここで決めていいんですか?」と真面目に道理を貫いて、党内持ち帰りとしたらどうなったろう??


 


マスゴミは「安倍氏が逃げた!」「野田豚が論破した!」と滅茶苦茶な宣伝を始めただろう。しかし実際には安倍氏は即断で解散の確約こそが勝利の第一条件という原則論を思い出して、「悪の日本ジャック犯」の要求を飲んだ。安倍氏の判断は正しかった。その証拠に民主党内から多数のネズミが逃走し始めた。本来ならばマスゴミは「民主党崩壊」と連呼するべき場面だ。


 


所がマスゴミは「野田が勝った!」「安倍氏はたじろいだ!」「(犯人の要求を飲んだだけの)自民と民主党は一緒!」と叫び続ける。無茶苦茶である。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-23 12:30 | マスコミ批判

円安になって困るのは朝鮮人だけ「東京株、9300円台回復=円安好感、6カ月半ぶり

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1210713.gif


c0294269_1210856.gif


 


ここ数日の安倍氏への狂ったような円安バッシングは何なんだろう?


 


「注視する」「大胆な介入」安住は意味の無い口先介入を続けたが何の影響も無く、どんどん円高は進行していった。逆に安倍氏が公約発表前にスピーチしただけでこれである。実際に市場が民主党が本気で円高対策をするつもりが無いと判断していた訳で、民主党は安倍氏を中傷する前に自己反省してはどうか?


 


そもそも民主党は韓国や中国の家電が世界的に伸びている状況で、何故か必死に日本の家電が苦しむ円高を放置どころか後押しし続け、さらにはスワップ拡充などで韓国の経済を支えるという、盗賊や海賊に軍資金を与え、国内の備えを破壊していくという、全く寄生虫かスパイのような政策をずっと続けていた。


 


今シナや韓国の家電などが伸びているのは、日本が開拓したアジア人(=日本製)による高性能製品という分野に、後から安い模倣品として割り込んでいるだけで、技術的に何か特に優れた物がある訳では全くない。


 


また日本の企業はシナや韓国に比べて独創性や機動性が悪いと評価する者も多いが、後押しするべき国家や政府が必死に国内企業を妨害し続ければ、どんな独創性やアイディアも育たない。


 


よく昔のマスゴミは「経済一流、政治三流」などとしたり顔で言ったが、実際には政治が滞ると、経済も滞る事が証明された。


 


また円安はソフトバンクのような外国企業を買おうとしている企業にも危機感を与えるだろう。


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-11-22 13:42 | 自民党