日本保守ニュースブログexcite(Iza保存庫)


外国人参政権反対 嫌韓国中国朝鮮 急げ再稼動!
by bluegreenEXT
以前の記事
最新の記事
カテゴリ
本体ブログへのいざない
海と緑の日本保守ニュースブログame
本体ブログです。
更新が頻繁ですのでこちらをどうぞ。

クリック協力おねがいします!!

人気ブログランキングへ
最新のトラックバック
記事ランキング
検索
画像一覧
ブログジャンル
お気に入りブログ
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
外部リンク
ファン

<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


シナ領空侵犯で状況が変化した尖閣常駐化

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


安倍氏が村山談話に代わる新しい安倍談話を作る案がある事を語ったインタビューで、尖閣常駐については可能性を示唆しただけだった。明言していないが、名言する必要は無いと思う。


 


自分は以前はずっと尖閣常駐化を訴えて来たので、明言しないのはおかしい!と不満を感じるかと言えば一切思わない。何故なら状況が完全に変化したから。


 


そもそも自分がどうして常駐化を訴えたかと言えば、どさくさ紛れの偽装漁船による上陸と、そのまま既成事実化して侵略されるという恐れがあった為に、それに対抗する為に、数人でも常駐化して、偽装漁船がたとえブロック出来ずに上陸してきても、日本固有の領土だとはっきりさせる為だった。つまり軍事作戦上の効果では全く無い。


 


所がシナによる初の領空侵犯で完全に事態は悪化した。領空侵犯は領海侵犯とは明らかに次元の違う、日本のような専守防衛の縛りが無い国では本来的には撃墜されても仕方の無い挑発行為であって、シナの理性が相当怪しい物である事が明白になってきた。


 


対偽装漁船対策としての「公務員常駐化」も、強行上陸阻止の為の「自衛隊常駐化」もシナが本気で航空機や巡航ミサイルによる先制攻撃を加えれば一瞬で壊滅する。現時点では外交的対抗措置だった常駐化も、軍事的作戦としては全く意味が無い。


 


だから、現時点では日本の領土に対しては誰がいつ常駐しようが問題無いので、尖閣常駐はありえると示唆しつつ、いつどのように等の具体的には明言しないのが極めて妥当な態度と感じる。


 


それと同時に米国上下両院で尖閣が安保適用範囲内だという法案が通過した事と併せて、米軍の無人偵察機導入だとか、海保の尖閣警備部隊創設だとかの、侵入させない、上陸させない体制作りと強化という事が、現行の憲法下、現行の衆参両院の体制下では出来る範囲の対抗措置と言える。


 


例えば無理やり尖閣に常駐化して、その人員が殺傷されたらどうなるだろう?世論は「シナ憎し!」となる部分もあるだろうが、「無意味な作戦で丸腰部隊が被害!戦後初めての戦争・戦闘による被害!」等と騒ぎだし、安倍内閣は参院選前なら大きなダメージを受け、参院選で大敗北すれば、マスコミは連日「ねじれ解消の為の解散」を叫びだすだろう。


 


逆に丸腰の尖閣部隊を守る為に、先制的に漁船・航空機等を撃沈・撃墜等すればシナ国内の日本人が報復で多数殺害されるだろう。本気で戦争するならまずシナから日本人が引き揚げなければならず、それも現実的では無い。


 


結局重要なのは、シナがどこまで本気で、いつどのような作戦を実行するのか?しないのか?という具体的な情報を得る事だろう。よく保守は「真珠湾作戦は米国に誘導されて起こった!」等と言うが、では実際「尖閣作戦」はシナはする気があるのかどうか、当時の米国以上に具体的に情報部が把握しているのか?


 


シナに舐められちゃいけない、日本人の意地を見せる等の為に、誰かがいつ死ぬかもわからない危険過ぎる任務に当る事を、強制する覚悟も体制も現行の日本には無い。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-31 21:47 | 竹島・尖閣・北方領土

ネット世論調査では無敵の小沢&未来の党

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


サヨクがどのような事を考えているか知る為にサヨブログも見ているのですが、中でも小沢系のブログの信仰ぶり信者ぶりは凄まく、何が起こっても小沢絶対支持な所は凄まじいです。


 


そうした中でも自分が注目していたのは、ヤフー等のネット世論調査と大手マスコミの世論調査、これらがどのような差があり、結果はどちらが正しいのか?という事でした。


 


というのも小沢信者ブログの多くでは、小沢が断トツに支持されているネットの世論調査などをコピペして、「だからマスゴミはCIAに操作されている。」等としきりに正当性をアピールしていたからです。結果は誰しも知る通り、マスコミの自民党単独で320越えは大げさでしたが、自民党が過半数を得るという結果の方が正しく、ネット世論調査で大勝が示された未来は有利どころかほぼ全滅の結果となりました。


 


しかしこの話、我々ネット保守にとって他人事でしょうか?どちらかと言えばチクリと心にトゲが刺さるような感覚は無いですか??


 


2009年衆院選当時、ネット世論調査では麻生がダントツの一位、マスゴミは間違っている!と叫ばれていた事が忘れられません。結果的には衆院選で自民党は惨敗、政権を民主党に明け渡しました。


 


2009


「ネット世論調査では麻生さん&自民党がダントツ一位!」=惨敗


 ↓ ↓ ↓


2012


「ネット世論調査では小沢&未来の党がダントツ一位!」=惨敗


 


これは偶然では無くて、ネット世論調査の宿命である、投票したい意志を持つ者しか投票しないという特性が現れた物でしょう。ネットというのは全人口が均等に利用している訳では無い為、物事にかけるテンションの差が現実世界の何倍もブーストがかかって現れると予め前提として考えるべきで、小沢を推したい者、麻生を推したい者が集まれば、当然それらが有利な結果になってしまう。ましてや無党派層や政治に無関心な層が多い日本ではなおの事、わざわざネット世論調査に投票する層が絞り込まれてしまう。


 


もちろんネット世論調査がいつも間違いかと言えばそんな事は決して無くて、今回の衆院選挙では自民党有利という調査がネット、マスコミ双方とも出ていて、それは正しかった。


 


しかしそれも、もともとネット保守が自民党を推した部分と、一般的な有権者が民主党は駄目だという意識から自民に流れた部分が、偶然シンクロして似通っただけで、双方が完全に思惑が一致した調査だったとも思えない。


 


重要なのは、ネット保守だけの意見を見るのでは無くて、偏向しているマスコミの調査をも含めて、それに影響された国民全体の世論の動向を探ろうとする姿勢じゃないだろうか。


 


ネット調査では麻生が一番人気!で自民党激減の事実を忘れてはいけない。


 


各社世論調査で衆院選最大の争点は経済対策


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-30 23:26 | 世論調査

全く同じ文章なのに反対の意味になる不思議なコピペ

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


2ch上には作者不詳ながらもなかなかに唸らせるコピペ等が多いが、その中でも有名なのが「全く同じ文章なのに反対の意味になる不思議なAA(コピペ?)」という一連のシリーズだろう。


 


日本人「人の嫌がる事を進んでやります」

朝鮮人「人の嫌がる事を進んでやります」


 


日本人「私は日本人です 」

朝鮮人「私は日本人です 」


 


日本人「犬が大好きです」

朝鮮人「犬が大好きです」


 


つまり全く同じ事を言っても、当人の品格やこれまでの行動、つまり信頼度や信用度で全く受け取り方が変わるという事だろう。


 


じゃあこれはどうなんだろうか?


 


自民党「竹島の式典は今回は見送ります」


民主党「竹島の式典は今回は見送ります」


 


自分は、全く同じ事を話しても安倍氏自民党なら一旦冷静に見守ってみようと思い、民主党ならいきなり批判する。


 


これがダブスタというならば、朝鮮人と日本人で意味が変わるコピペなる物こそがダブスタではないのだろうか。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-29 23:29 | ネットサヨク左翼

未来の党小沢クーデター、今後の望ましい展開

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


小沢が醜くクーデターを繰り広げた。国民の血税8億をまんまと山分けな時点で、小沢を見る目は格段に厳しい物になって行くだろう。結局裁判で焦点になっていた札束体質、ネコババ体質が一向に変わらない事が証明された。


 


各マスコミとも「小沢の生活費が一番」と「海江田民主党」の接近が言われているが、それが一番面白く無いのが野田ら反オナワ一味だろう。これが小沢の生活費と民主党が合併して、その後再び小沢派と野田や反小沢派と完全に分裂して、元祖民主党VS新民主党みたいな展開になって潰しあってくれるのが一番良い。(自民党は野田派と法案通す以上の協力を結んでは決していけない)


 


そして残りカスの嘉田一味については社民党と接近してくれるのが良い。そうする事で結局、民主党=社民党=社会党=左翼=政権担当能力など無かったという意識が、残りの民主党にもイメージが被ってくれるのが良い。


 


その時点で安倍氏自民党は経済対策で堅調を維持さえすれば参院はさして危険無く勝てるだろう。ただしいつの時代も天災やスキャンダル等常に警戒、対策準備を怠ってはいけないだろう。脱原発を焦点にしない為には一秒でも早く再稼動も急ぐべき。


 


ただ、参院を勝つ為だけに拉致問題を利用するとか、そういう事は絶対にしてはいけない。裏ワザでは無く、正道を貫くのが一番の選挙対策なのが、今回の衆院選挙の結果で証明されたのじゃないだろうか?


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-28 23:31 | 新党&野党

原発の再稼動と新規建設で経済の二次加速を

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


株価がまた非常に上がったが、ニュース等はわざわざ経済対策が振るわないとまた揺り戻しが来るなどと当然過ぎる事を言っている。成功すれば評価が上がり、失敗すれば評価が下がる、そんな事を言うのは解説者では無い。


 


しかしそうした解説者が決して言わない事があるが、それが経済の冷え込みに対する、電力安定供給の要素だ。莫大な電力を使用する製造業については、国内で操業する為には、いかなる事態でも電力の安定供給が必要であり、現在の節電状態はすぐさま解消しなければいけない。各地域の原発を数個ずつでも再稼動させれば、急激に事態は好転化する。


 


「自民党の原発ゼロ姿勢は?」「自民党の脱原発姿勢は?」等とインタビュワーがミスリードするが、正しくは「自民党のエネルギー政策は?」「自民党の原発使用比率は?(0%?50%?100%?)」が正しい。


 


サヨクは常に相対的価値観と、絶対的価値観を使い分け、自分達の有利な主張をする時は絶対的価値観「脱原発姿勢は?」「前か後ろか、新しいか古いか」と言い、自分達が不利な場合には相対的価値観「二大政党制!」「政権担当能力のある野党」「試しに交代、駄目なら戻す」などと嘯く。


 


そして古館以下、東電関電から莫大な広告料をもらっていたTV局マスコミは、やれ電飾だのオール電化だのと無駄に電気を使う生活を煽っていた原発推進の尖兵であったのに、311後急に自分達が脱原発の先駆者のように言い出した。


 


今必要なのは、偏見で見るのでは無くて、世界中で稼動する原発を安全に廃炉する技術を構築する為にも、新しい原発との取り組みを作り上げる事だろう。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-28 23:13 | エネルギー問題原発

政府方針踏まえ発言を=政務三役に注意喚起-菅官房長官jiji

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


安倍内閣が発足し、そろそろ閣僚が喋り出す時期だが、早速生活保護問題やTPP問題で、多少公約との差や誤解を生む可能性のある発言をし始める者が出始めたようだ。


 


全体としては安倍内閣支持なので、こうした情報で即座に批判するつもりは毛頭ないのだが、竹島問題や尖閣問題等、外国の情勢や連立政党の意向を汲みながら高度な判断が要求される政策と違い、TPPや生活保護問題などは、純粋に内閣の心意気や意気込みが試される場面であって、こうした課題までもが、これまでどうりの対米追従であったり、明らかな公約違反であっては、本当に竹島や尖閣で将来正しい行動をしてくれるのかという疑念を持たれても仕方が無い部分がある。


 


この報道のとうり、各閣僚には安倍氏の意向を上意下達で徹底するべきだろう。


 


また生活保護問題など、多少あざとくとも片山さつき氏が追求していたような、在日不正問題などを取り上げて、安倍内閣に不信感を持ち始めている層に配慮する事なども必要じゃないか。


政府方針踏まえ発言を=政務三役に注意喚起-菅官房長官  


菅義偉官房長官は27日夜、副大臣会議や政務官会議の初会合で、記者会見やテレビ出演時の発言について「内閣の基本方針を踏まえ、無用な疑念を抱かれることのないよう十分留意するようお願いする。私見を述べることは厳に慎んでほしい」と指示した。

 菅長官は26日の初閣議でも、同趣旨の内容を要請した。第1次安倍内閣で、閣僚が不用意な発言で辞任に追い込まれ、政権の足を引っ張ったことが念頭にあるとみられる。 (2012/12/27-22:05)
jiji


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-27 22:42 | 自民党

衆院で安倍氏328票を獲得し新首相へ

(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


 


果たして安倍氏は両院で何票ほど獲得するのかと注視していたが、衆院328票、参院では決選投票で107票とまずまずの票を得た。


 


対して日本維新の会の石原慎太郎代表54票とこちらも侮れない票を得ている。ハシシタの安倍氏投票案は一蹴された結果で、石原氏とハシシタの分裂を望みたい。出来れば望むだけでは無くて、分裂工作をして欲しい所だが・・・。


 


注目すべき点は報道が確かならば新党改革の外添氏が安倍氏に投票した事で、彼のような優れた政治家は自民党と連携を強くしてくれる事が非常に望ましい。特に外添氏の掲げる、自衛軍構想は、国防軍という呼称に拒否感を感じる層に対しても非常に受け入れやすい物じゃないだろうか? 


 


さらに国民新党の一部や亀井氏などとも旧怨を乗り越えてでも、協力出来る部分はあるはずだ。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-26 19:40 | 自民党

とても良いニュース「飯島勲氏、官房参与に=新政権」jiji

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


c0294269_1410567.gif


 


誤報で無い事を願いたい。非常に良いニュース。


飯島勲氏、官房参与に=新政権


時事通信12月25日(火)23時56分配信




 安倍新政権で、小泉純一郎元首相の政務秘書官を務めた飯島勲氏が内閣官房参与に起用されることが25日、固まった。




 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-26 00:30 | 自民党

人権擁護法案や外国人地方参政権が提出される民主党の日々

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


c0294269_1410567.gif


 


安倍氏自民党政権が発足するに当って真っ先に表れた成果と言えばなんでしょうか?自分はそれは衆院選の討論から度々自民関係者が明言している「外国人地方参政権」「人権擁護法案」への拒否だと思います。


 


マスコミは必死に自民も民主党も同じだと連呼していますが、この2点だけでも全く違う党是と言えます。確かに公明は度々売国法案を提出していますが、それを粛々と潰しているのも自民党です。


 


さらにそこに性急な女性宮家や女系天皇議論の封印という時点で、日本の将来への禍根を短期間で複数解消した事になります。


 


これで「野田の方が良かった」「民主党の方が保守だった」「自民党は売国政党」と必死にコピペしている連中に騙される人がいるのでしょうか。


 


安倍内閣発足前にも関わらず、尊敬する幾つかの有名ブログ様が竹島批判を開始し、さらにそれを批判する方々との対立も起こっているようです。自分は真面目に保守的な意見を主張しながらも、前者のような竹島批判を展開する国士的な保守を厳しく批判する方々を、勝手に「清談派」と呼んでいるのですが、どうも国士派と清談派、双方が対立するように必死に双方のコメント欄などで対立と嫌悪感を煽っている人達がいるようです。軽々に断定は出来ないし、陰謀論は良くないのですが、単なる愉快犯では無くて、対立政党の悪意ある工作かもしれません。


 


なかなかに蝙蝠的な物言いになりますが、自分は国士派も清談派も主張については非常に理解できます。現時点でどちらが正しいとも言いきれないと感じます。


 


けれど、人権擁護法案や外国人参政権、女性宮家を心配する世から、保守政策の強弱について議論できる世になった事を噛み締めるべきだと思います。


 


もともと中道右派的な安倍氏から、将来森まさこ議員や稲田朋美議員、西田昌司議員(参院ですが…)のような方々が首相になれる日本への橋渡しの時代としての今を考えるべきでは無いでしょうか。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-25 12:04 | ネットサヨク左翼

各社世論調査で衆院選最大の争点は経済対策

←↓(賛同頂ければ、応援クリックお願いします)

c0294269_1410450.gif


c0294269_1410567.gif


 


今回の2012衆院選挙に於いては、政党乱立で争点がぼやける等としきりに社説等で書かれましたが、それらは脱原発や反オスプレイと言ったような、元々争点になっていなかった左翼争点が注目されなくなったあせりであって、実際には選挙民は圧倒的多数で経済対策を求めていました。


 


新報道2001


(11月29日調査・12月2日放送/フジテレビ)






【問5】あなたは次期リーダーにどの分野の政策に最も力を入れてほしいですか。







 


景気・雇用対策
38.2%


年金・医療などの社会保障制度の建て直し
24.8%


消費税などの税制改革
9.4%


領土問題など外交・安全保障政策
8.8%


原発・エネルギー政策
11.2%


憲法改正
2.6%


(その他・わからない)
5.0%




(12月20日調査・12月23日放送/フジテレビ)






【問3】あなたは安倍総裁に、首相就任後どんな政策を最も期待しますか。


景気・雇用対策
41.0%


年金・医療などの社会保障制度の立て直し
28.6%


消費税などの税制改革
9.4%


領土問題など外交・安全保障政策
7.4%


原発・エネルギー政策
6.6%


憲法改正
2.6%


(その他・わからない)
4.4%




 


朝日新聞


2012年12月18日23時15分


世論調査―質問と回答〈12月17、18日実施〉


◆今回の選挙で各政党が掲げた政策のうち、最も関心を持った政策は何ですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)


 景気や雇用35


 消費税や社会保障30


 憲法改正や外交・安全保障12


 原発などエネルギー問題17


 


毎日新聞


衆院選中盤情勢:毎日新聞の特別世論調査 質問と回答


2012年12月11日


◆衆院選で最も重視する争点は何ですか。


           全体  男   女


景気対策      32  37  28


消費増税・財政再建 10  11   9


年金・医療・介護・子育て


          23  17  29


東日本大震災からの復興


           7   6   7


原発・エネルギー政策


           7   7   8


環太平洋パートナーシップ協定(TPP)     


           2   2   1


行政改革・地方分権  3   4   2


憲法改正       2   3   2


外交・安全保障    4   6   3


 


我々保守派が非常に重要視する外交安保ですが、各社世論調査では軒並み低い数値になっています。


 


中国漁船団が接近!という緊急時のみ瞬間的に上がるだけで、おとなしい国民性の日本では今ですらこのような物です。


 


こんな調査信用できない!と思う人もいるかもしれませんが、自民党単独で圧倒的多数という部分はミスリードだったにしろ、自民党が優位だったという選挙の事前調査の正しさと比較しても、この調査が根本的に世論を外れた物とも思えません。


 


また自分の都合の良い時のみマスコミ報道を信用し、都合の悪い時は観て見ぬふりするのも間違いです。


 


重要なのは、国民が期待する経済対策やデフレ対策にも衆院・参院での他党の協力が不可避であり、真っ先に経済対策で得点を挙げなければ、安倍内閣の舵取りは非常に難しくなるという事です。


 


専門用語は知りませんが、政治運動には上流と下流があると思います。政治家に直接訴えかける事が下流だとすれば、上流、つまり国民の世論を改善せずして、一方的に自分の想いのみぶつけても無駄な事もあると思います。


 


[PR]

by bluegreenEXT | 2012-12-24 03:30 | 世論調査